通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫 文庫 – 2006/7/6

5つ星のうち 2.6 1,040件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
  • +
  • いま、会いにゆきます (小学館文庫)
  • +
  • そのときは彼によろしく (小学館文庫)
総額: ¥1,862
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本中を涙させた大ベストセラー文庫化!

高校2年生の朔太郎と、恋人のアキ。アキの死から、物語は始まる。ふたりの出会い、無人島への旅、そしてアキの発病、入院……。最愛の人を失うとは、どういうことなのか。日本中を涙させたラブストーリー。文庫化。

出版社からのコメント

「好きな人を亡くすことは、なぜ辛いのだろうか」――十数年前、高校時代に体験した恋人の死を巡って展開されるどこまでもピュアな物語世界。『ジャンプ』佐藤正午氏推薦の清新な書き下ろし恋愛小説! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 240ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409408097X
  • ISBN-13: 978-4094080971
  • 発売日: 2006/7/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 1,040件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,038位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/22
形式: 単行本
確かに面白いです。読めば誰でも「あぁ、普通に面白かったな」って感じると思います。しかし、内容が薄っぺらすぎるので、登場人物に感情移入は出来ないし、読んだ後に人と感想を話し合うこともありません。感激して涙を流す事もありません。色々この本を叩いてる人がいますが、この本がここまで話題にならなかったらその人達もこの本を叩く事もなかっただろうと思います。決して面白くないわけではないですから。ただここまで大騒ぎする程の作品でないと彼らは言いたいだけなんです。うまく表現できずに口汚く罵ってますけど。
私もこの本はここまで大騒ぎして、映画にしてドラマにまでするほど優れた作品だとは思っていません。
何故ここまで売れたのか長い間考えました。すると、この間2回目を読んだ時にようやくわかりました。この本、文章が主人公の語り口調で書かれているので大変読みやすいんです。その上、感情の表現の仕方が上手なんです。この本は高校生が書いた上手な作文なんです。だから今の本を全く読まないどもでも読めてしまうから売れてしまったんです。決して純愛だからとか内容が濃いいとかではありません。
ですから、この本の対象は、本を読んだ事がない人達です。この本が薄っぺらいとか面白くないという人は、もう対象ではないんです。この本が売れるということは、現代人がいかに本を読んでいないかということの象徴となっていると思います。もっと本を読みましょう
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sugar 投稿日 2004/5/23
形式: 単行本
知人(40歳男性)が泣ける本だといったので読んでみましたが。 泣けるのはたぶん中学生か高校生まででしょう。 まーコカコーラ1本飲んだほうがさわやかな気分になると思います。 
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
しかし、読みにくい。いやある意味2時間で読めるので読みやすいんですが、途中、背景や人物に肉付けするために書いてるのかなあ、とか、この登場人物に作者が言わんとしていること、まとめて言わせてるんかなあ、などなど、のめりこんだら普通考えないようなことを読んでる途中で考えてしまう本でした。好きな人がいるところや、好きな人が心にある状態が世界の中心、そこでさけぶのか?!っと読む前にタイトルを見て思っていたのですが、あまり内容と関係ない気がしました・・・泣ける、とか、いや泣けない、とか言われすぎて先入観が入った状態で読んでしまった気がします。純愛が流行ってるから、と取り上げられるのは、作者の方もつらいかもしれませんね。テーマは純愛ってわけではないと思います、多分。私はものすごい涙腺ゆるいんですが、泣きながらは残念ながら読めませんでした。これから読まれる方は、先入観をまずとっぱらって、純愛とか考えずにどうぞ!借りてください!(ダメ?)
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とくにどうということもない話でした。この作家さんは、作品タイトルのつけ方が上手いこと、タイトルに装丁がマッチしていたことから、人の興味をひいて印象でなんとなく買わせてしまう、ジャケ買いが最初に多くあって、話題になった所もあるのではないかと。
この方の他の作品も読んでみましたが、文章の書き方がまどろっこしくて自分にはあいませんでした。人によってはただイライラするだけで終わると思います。「蛇にピアス」の書評の言葉を借りて言えば、何かを持っている持っていないで言えば、この作家さんは持っていない人、でしょう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今夏の調査によると、中高生の「読書人口」が増加しているそうです。
その中でも、最も読まれたのが、本作品。
中高生(および今まで読書の経験をあまり持たなかった人たち)に読書の楽しさを知るきっかけを与えた、という点では評価できます。
彼らが2冊目に手を伸ばすことを願います。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず、タイトルがおかしい。

「世界の中心で、愛をさけぶ」という内容ではない。

本来のタイトルが編集者により変わったことからもわかるように、メディア主導で流行を作り上げ、売れに売れてしまった。

内容的にも凡庸だ。

感情表現の未熟さと、展開の強引さ、読中の高揚感の欠如など、小説としての限界を挙げるとキリがない。

幼なじみの恋人が白血病という設定は小説としてはありきたりだが、もっと魅力のある小説ができると思う。

泣ける要素があるのは、この設定そのものの悲しさであり、小説によるものではない。

また、主人公の「朔太郎」や、恋人の「アキ」という名前が、この内容の小説としては陳腐に感じてしまうのは私だけだろうか。

平凡な作品だと思う。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー