中古品:
¥ 4,480
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店の商品をご覧いただきありがとうございます。【国内正規品】帯なし・ディスク6枚組・BOXケース・トールケース6枚・ブックレット付き☆ケースに多少のスレはありますが、ディスクは目立ったキズもなく状態良好です☆代引きやコンビニ払い、お急ぎ便、ギフトメッセージなどの発送オプションがご利用可能です。商品保護のために袋に入れてアマゾン配送センターより発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 163件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 山田孝之, 綾瀬はるか, 緒形直人, 桜井幸子, 松下由樹
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2005/01/01
  • 時間: 523 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 163件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002KU98Q
  • JAN: 4571130846654
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,848位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2004年7月2日~9月10日に放送された、1987年に精一杯恋をした少年少女と、ふたりを支える人々が繰り広げる“純愛ドラマ”。未公開シーンを含む貴重な映像を多数収録した、BOXだけの特典ディスク付き。
【特典ディスク内容】
●特別編 - 17年目の卒業 -
●メイキングドキュメンタリー 制作発表~クランクアップ
●メモリアルVTR ~史上初!(秘) 番組打ち上げ用映像
●風景フォトギャラリー~メインテーマVer.
●オーストラリア空撮映像
●プロデューサー蔵出し!NG集
●宣伝SPOT集
●ノンクレジットタイトルバック
●予告編」集
《演出》 堤 幸彦 石井康晴 平川雄一朗
《プロデュース》 石丸彰彦
《原作》 片山恭一「世界の中心で、愛をさけぶ」(小学館刊)
《脚本》 森下佳子
《主題歌》 「かたちあるもの」柴咲コウ (ユニバーサル・ミュージック)
《音楽》 河野 伸
《出演》 山田孝之 綾瀬はるか 緒形直人 桜井幸子 松下由樹 仲代達矢 (特別出演)

Amazonレビュー

   小説は大ベストセラー、映画も大ヒットを記録した同名作品のTVドラマ版。一組の高校生カップルによって育まれた一途な純愛模様と、恋人の死をプレイ、リバースと悔恨することだけに費やしたその後の17年間を経てもなお、閉ざされ続けたままの主人公の思いとが交錯する形でこのラブストーリーは物語られていく。冒頭、荒涼とした赤土の絶壁に制服姿のサク(山田孝之)がたたずむ場面から圧巻。2004年、大学の病理研究室で働く朔太郎(緒形直人)は、高校時代の恩師である谷田部(松下由樹)から母校が取り壊されるとの手紙をもらう。思い起こされるサクと亜紀(綾瀬はるか)が眩しいほどに惹かれあった1987年の日々。
   泣けるドラマが必ずしも優秀とは限らないが、この秀逸な泣けるドラマにおける演出の手厚さはやはり尋常ではないし、せつない思いを噛み締めるかのように歩みを進める脚本も実に丁重だ。サクと亜紀の両親やその友達、そして担任教師といったその周辺の人々にもスポットを当てることで、サクと亜紀の心情を微に入り細をうがってすくい上げており、よりじっくりとした味わいを加えているあたりはテレビドラマならではのよさである。(麻生結一)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
映画を見てから10数年・・・つい週間前にケーブルテレビでこのテレビ版の第1話をみてしまい・・・レンタルで全話借りて一気にみました。
繰り返すこと5回。何回見ても涙が止まりらず、何回見てももう1回もう1回ときりがありません。
ということで、購入してしまいました。
昨日届いたばかりですが、すでに2回目に突入です。
作品が丁寧に描かれており、私的には映画版の数段上の評価です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
正直ここの皆さんのレビューを読んだだけで泣きそうです(笑)名前は知ってましたが、ブームの時には全くのスルーでした。きっかけはたまたま観たスカパーの一挙放送で、今更ですが四年越しでセカチュウブーム到来です。今更ですが綾瀬はるかサン最高です(笑)元々、感動しやすい泣きやすい自分には、いちいち響いて号泣と鳴咽です。ティッシュどころかバスタオル片手に部屋の中心で、泣きました。後半は弱ってゆく亜紀を見るのが辛い程で、死ぬのも悲しいですが、重くなってしまわないのがよかったです。絵本のおかげで不思議な爽やかが残ります。ま、ここでも号泣ですが(笑)そして観終わった後もう一度観ると感じ方が変わり、普通にスルーしてた傘のシーンも2回目は、切なくて、美しくて、泣いてしまいました。小説も映画もみた事は無いですが、こあえてみようとは思いません。自分の中の朔と亜紀はドラマ版の二人だけにしておきたいので。観て本当によかったと心から本気でそう思えるドラマです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
凄いドラマです。衝撃を受けました。
ショックが大きすぎて、しばらく放心状態だったと思います。
最初は泣かせようとしているドラマだから・・・と思って見なかった
のですが再放送でたまたま見てしまい、気がつくと山田君の演技の
うまさにはまっていました。

涙が止まりません。

台詞がとても素晴らしい。
こんなに綺麗な台詞がたくさんあるドラマは無いんじゃないかと
思うほどです。桜井幸子の台詞がとても好きです。

脚本、キャスティング、作品のレベルの高さ、
描写が繊細で全てが素晴らしい。

私は浸りすぎてしまいBOX特典の山田君を見てこれはお芝居なんだと
吹っ切る事ができました。
この特典がなければ引きずって、どうしていいかわからなくなっていたかもしれません。
こんな思いにさせられるドラマは2度とないと思います。

あれから何十回と見ましたが全く飽きることがありません。
それだけこの作品が優れているということだと思います。

好きな人のためならどんな事でもしてあげたいと思う気持ち
は誰の心の中にも必ずあると思います。
このドラマはそんな純粋な人間の心が表現されています。
たくさんの人に見て欲しい素晴らしいドラマです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
2004年の7月〜9月に放送されたドラマになります。キャスト・演技・BGM・主題歌、どれを取っても最高の評価です。
広瀬亜紀演じる綾瀬さんやサク演じる山田君の演技には魅了されました。このドラマを見ていると元気であることがどれだけ良い事かを改めて感じましたね。現代のサクを演じる緒方さんやそれを支える女性役の桜井さんも演技としても悪くなかったです。後半は、見ている方も悲しい気持ちになりますが、最期の亜紀の死を受け入れ、それでも前を向いて歩いていったサクに感動しました!!
同じ作品で「白夜行」もお勧めなので一度ご視聴してみて下さい。
総合評価は☆5です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/6
形式: DVD Amazonで購入
まだ、セカチューが流行り出す少し前に原作を手に取りました。
余り恋愛ものが好きじゃない私はドラマや映画、小説でさえどんなに悲恋な内容でも今まで本当に一度も「感動して涙した」という事がありませんでした。けれど、今回は帯に「兎に角泣ける」と書いていたので『じゃぁ、もしかしたら私でも感情移入できるかもしれない』と思い買って読んでみたのですが、結局涙一つ零れませんでした。
なので、映画版にも全く興味が無く。
ドラマ版の方は山田孝之くんが出るという事で「少しだけ」のつもりで見始めたのですが…こんなにドップリはまってしまうとは思いませんでした。
そして、こんなに毎回毎回涙した恋愛ものは初めてです。
私は家族ものに弱いので、アキの父や母の事を自分の両親と重ねてしまい涙していたのですが、段々弱っていくアキやアキの死を受け止められずとも日々「死」という現実が近付いていくアキを見守り続けていくサクを見るにつれ、まるで自分の事のように心が痛く、ボロボロと涙していました。
そして透明なカーテン越しに泣きながら「キスでもしませんか?」と謂ったアキの言葉でもう完璧にセカチューの世界に引き込まれてしまいました。
私のような「恋愛」という感情に疎い人でもこのドラマ版セカチューを見ると本当の「恋愛」というのはこういうことなのかもしれない。こんなに
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー