通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに軽度のキズ、薄い汚れあり。天地小口に薄い汚れあり。予めご了承くださいませ。ページ内概ね良好です。◆付録やディスクなどの付属は原則記載がない場合はございません◇版違い等により商品画像と装丁が異なる場合がございます。◆ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さいませ。万が一品切れの場合はキャンセル手続きをさせていただきます。◆通常2営業日以内の発送となります。到着は発送日より2日から5日程度となります。◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける 〜カギは運動機能のOS(オぺレーティングシステム)をバージョンアップさせること〜 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/10

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,320
¥1,320 ¥520
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 世界のトップアスリートの身体能力を子どものときに身につける 〜カギは運動機能のOS(オぺレーティングシステム)をバージョンアップさせること〜
  • +
  • インナーマッスルを使った動きづくり革命 【part2】
  • +
  • インナーマッスルを使った動きづくり革命 【part1】
総額: ¥4,017
ポイントの合計: 40pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

本書で解説されている考え方、方法は、著者の森川靖氏のオリジナルのものです。
そのオリジナリティーの最大の特徴といえるのは、インナーマッスルを、「動きの司令塔的な役割」としてとらえていることです。
パソコンでいえば、OS的な役割を、インナーマッスルが果たしていると、森川氏はいいます。
この「OS的な役割」について、本書で説明したところを、以下に抜粋して紹介します。
ーーーーー
さまざまな動きをしようとするとき、脳の働き(指令)によってさまざまな筋肉を協調して働かせ、カラダを動かします。
このとき、私が着目してきたのは、大きく分けて次の2つのタイプのカラダの動かし方です。

A:脳の指令によって、カラダの各部位の筋肉(主にアウターマッスル)を協調して働かせ、カラダを動かす。
B:脳の指令とともに、インナーマッスルが「動きの司令塔的な役割」を果たしながら、カラダの各部位の筋肉(主にアウターマッスル)を協調して働かせ、カラダを動かす。

Aは、日常生活でのカラダの動かし方、そしてほとんどのスポーツ選手のカラダの動かし方です。Bは、世界のトップアスリートが、高い身体能力を発揮するときに行っているカラダの動かし方です。
Aにおいても実はインナーマッスルは働いているのですが、うまく機能していないために、本来その選手が持っている身体能力をうまく発揮できないばかりか、スポーツパフォーマンスが伸びない制限因子になってしまっていることもよくあります。
Bの場合、カラダの中枢のインナーマッスルがいわば「司令塔」として積極的に働くので、スピードもパワーも、素早い動きも、Aの選手に比べて格段に高い能力を発揮します。
Bタイプのインナーマッスルの働き方をパソコンソフトの仕組みに当てはめると、それはいわば、「バージョンアップされた最新のOS」のようなものだと、私は考えています。
それに対してAタイプのインナーマッスルの働き方は、いわば、「動きの遅い古いOS」です。日常生活の動作にはほとんど困らないのですが、高いレベルでスピードやパワー、素早い動きが求められるスポーツシーンにおいては、スピード不足、パワー不足などの支障をきたしてしまう状況がたびたび生じます。
A、Bのインナーマッスルの働き方の違いについて追求してきた私の目からすると、両者のパフォーマンスの違いは、古いOSと、最新バージョンのOSの性能の差(それによって生まれる処理スピードの違い)ほど大きいというのが、私の経験的な実感です。

私が本書で伝えたいのは、この古いOSを、最新バージョンのOSにバージョンアップすることです。
ちなみに、このバージョンアップの作業は、高校生以上になってからよりも、小・中学生くらいのときのほうが、断然効率よく進みます。
ーーーーー

著者について

■ 森川 靖(もりかわ・やすし) プロフィール 1963年生まれ。東京都出身。筑波大学卒業。同大学大学院修士課程体育研究科でスポーツトレーニング理論を修めたのち、ストレングスコーチとしてアスリートの指導を始める。94年には(有)ファーストステップを設立。当初は、ウェイトトレーニングを中心に指導をしていたが、それだけではスポーツパフォーマンスの改善に限界を感じ、大きく方針を転換。インナーマッスルのコンディショニングで動きを基礎から改善する「動きづくり」を中心に、小学生から社会人まで、幅広くトレーニング指導を行っている。 http://www.fir-st.jp/

登録情報

  • 発売日 : 2015/10/10
  • 単行本(ソフトカバー) : 128ページ
  • ISBN-10 : 4990401255
  • ISBN-13 : 978-4990401252
  • 商品の寸法 : 1 x 15 x 21 cm
  • 出版社 : あほうせん (2015/10/10)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価