通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界のコンパクトシティ: 都市を賢く縮退するしく... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
コメント: 【美品】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ等なく、非常に良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

世界のコンパクトシティ: 都市を賢く縮退するしくみと効果 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/12/21

5つ星のうち3.8 11個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/12/21
¥2,970
¥2,970 ¥2,137
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 1月21日 - 22日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
11 時間 以内に注文した場合.
詳細を見る

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 世界のコンパクトシティ:  都市を賢く縮退するしくみと効果
  • +
  • デンマークのスマートシティ: データを活用した人間中心の都市づくり
  • +
  • Smart City 5.0 地方創生を加速する都市 OS
総額: ¥7,920
ポイントの合計: 151pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

海外7都市のコンパクトシティから
日本の課題を解決するヒントを探る!

世界で最も住みやすい都市に選ばれ続けるアムステルダム、コペンハーゲン、ベルリン、ストラスブール、ポートランド、トロント、メルボルン。7都市が実践する広域連携、公共交通整備、用途混合、拠点集約等、都市をコンパクトにするしくみと、エリア価値を高め経済発展を促す効果を解説。日本へのヒント、現地資料も充実。

【主要目次】
はじめに

1章 日本におけるコンパクトシティの課題と解決策(谷口 守)
2章 オランダ・アムステルダム-持続可能な経済成長を支える都市政策(片山健介)
3章 デンマーク・コペンハーゲン-駅周辺に都市機能を集約する住宅・交通政策(斉田英子)
4章 ドイツ・ベルリン-サービスやインフラへのアクセスを確保する拠点づくり(髙見淳史)
5章 フランス・ストラスブール-都市交通政策を軸とした住みやすいまちづくり(松中亮治)
6章 アメリカ・ポートランド-住民参加によるメリハリある土地利用と交通政策(氏原岳人)
7章 カナダ・トロント-多様性とイノベーションを生むスマートシティ開発(藤井さやか)
8章 オーストラリア・メルボルン-急激な人口増加に対応する都市機能の集約(堤 純)

おわりに

著者について

【編著者】
谷口 守
筑波大学システム情報系社会工学域教授。1961年生まれ。京都大学工学部卒業。京都大学大学院工学研究科博士後期課程単位取得退学。カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員、ノルウェー王立都市地域研究所文部省在外研究員、岡山大学環境理工学部教授などを経て、2009 年より現職。 工学博士。専門は都市地域計画、交通計画、環境計画。著書に『入門 都市計画-都市の機能とまちづくりの考え方』(森北出版)など。

【著者】
片山 健介
長崎大学総合生産科学域(環境科学系)准教授。1976年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学大学院工学系研究科助手・助教・特任講師を経て、2014年より現職。博士(工学)。専門は国土・地域計画。 著書に『広域計画と地域の持続可能性』(共著、学芸出版社)、『都市・地域・環境概論』(共著、朝倉書店)、『都市・地域の持続可能性アセスメント』(共著、学芸出版社)など。

斉田 英子
中央大学法学部兼任講師。株式会社ヒンメル・コンサルティング顧問。1974年生まれ。奈良女子大学大学院博士課程修了。コペンハーゲン大学政治学研究科客員研究員、熊本県立大学環境共生学部准教授を経て、2019年より現職。学術博士。専門は都市居住政策。日本プロコーチ認定評議会アソシエートコーチ。国家資格キャリアコンサルタント。著書に『福祉国家デンマークのまちづくり-共同市民の生活空間』(共著、かもがわ出版)など。

髙見 淳史
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授。1972年生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了、博士課程中退。東京都立大学大学院工学研究科助手、東京大学大学院工学系研究科助教などを経て、2015 年より現職。博士(工学)。専門は都市交通計画、特に交通と土地利用の統合的計画。著書に『都市計画学-変化に対応するプランニング』(共著、学芸出版社)など。

松中 亮治
京都大学大学院工学研究科准教授。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。京都大学大学院工学研究科助手、岡山大学環境理工学部助教授などを経て、2008 年より現職。博士(工学)。専門は都市・地域計画、交通計画。著書に『都市アメニティの経済学』(共著、学芸出版社)、『図説 都市地域計画』(共著、丸善)、『TRANSPORT POLICY AND FUNDING』(共著、ELSEVIER)など。

氏原 岳人
岡山大学大学院環境生命科学研究科准教授。1981年生まれ。岡山大学大学院環境学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員(DC1)、ポートランド州立大学客員研究員などを経て、2016 年より現職。博士(環境学)。専門は都市・地域計画学。人口減少下の持続可能な都市構造やマネジメント手法について土地利用解析や交通行動分析を用いて研究している。

藤井 さやか
筑波大学システム情報系社会工学域准教授。1974年生まれ。筑波大学第三学群社会工学類卒業。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員(PD)、筑波大学大学院システム情報工学研究科講師、トロント大学スカボロ人文地理学科客員教員を経て、2012年より現職。博士(工学)。専門は都市計画、まちづくり、住環境整備。著書に『コミュニティ辞典』(共著、春風社)など。

堤 純
筑波大学生命環境系地球環境科学専攻教授。1969年生まれ。筑波大学大学院博士課程地球科学研究科中退。メルボルン大学およびモナシュ大学客員研究員、北海道大学助手、愛媛大学准教授、筑波大学准教授を経て、2019 年より現職。博士(理学)。専門は地理学。著書に『変貌する現代オーストラリアの都市社会』(筑波大学出版会)、『Urban Geography of Post-Growth Society』(東北大学出版会)など。

出版社より

住みやすい都市に選ばれ続ける7都市の実践を解説!

世界のコンパクトポップ

世界で最も住みやすい都市に選ばれ続けるアムステルダム、コペンハーゲン、ベルリン、ストラスブール、ポートランド、トロント、メルボルン。7都市が実践する広域連携、公共交通整備、用途混合、拠点集約等、都市をコンパクトにするしくみと、エリア価値を高め経済発展を促す効果を解説。日本へのヒント、現地資料も充実。

紙面見本<1>

世界のコンパクト 紙面1

紙面見本<2>

世界のコンパクト 紙面2
5563 5519 5509 5518 5555
『デンマークのスマートシティ -データを活用した人間中心の都市づくり』 『ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか -近距離移動が地方都市を活性化する』 『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』 『ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方』 『ドイツのスポーツ都市 -健康に暮らせるまちのつくり方』
海外の都市づくりを読む part1 【好評2刷】 交通、エネルギー、医療、福祉、教育、金融等のビッグデータの活用で社会はどう変わるのか?世界一幸福な国デンマークに学ぶ! 【好評4刷!】 ドイツの街は、なぜコンパクトで活気があるのか。移動距離の短いまちづくりで交通を便利にし地域経済を活性化するドイツのしくみ。 【好評7刷!】 この10年全米で一番住みたい都市に選ばれ続けているポートランド。コンパクトでクリエイティブ、才能が集まる街のつくり方を解説。 【好評続編】 クリエイション、スポーツ、オーガニックフード、クラフト、コーヒー、起業支援の実践者による街をクリエイティブにする方法論。 【最新刊】 ドイツではスポーツが生活に密着し、マラソン、サイクリング等が盛ん。スポーツ人口を増やし市民を健康に変えた10万人都市の実践。
5510 2303 2290 5580 2278
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか -質を高めるメカニズム』 『アメリカの空き家対策とエリア再生 -人口減少都市の公民連携』 『世界の空き家対策 -公民連携による不動産活用とエリア再生』 『オーバーツーリズム -観光に消費されないまちのつくり方』 『CREATIVE LOCAL -エリアリノベーション海外編』
海外の都市づくりを読む part2 【好評4刷!】 10万人の地方都市でありながら、全国平均の2倍のGDPを誇る経済力、ドイツ1位と評される創造力を持つエアランゲンのつくり方。 【最新刊】 アメリカは空き家対策の先進国。空き家を負債にせず大胆に活用し、衰退地区を再生するアメリカの戦略を、日本への示唆を含めて解説。 【好評3刷!】 アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、韓国の空き家を放置しない政策、中古不動産の流通、公民連携のリノベーション事業に学ぶ。 【最新刊】 集中する観光客のもたらす混雑や騒音、地価高騰等の地域へのダメージ=オーバーツーリズムの解決策を国内外の先進事例から解説。 【好評2刷】 日本より先に人口減少・縮退したイタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ等の衰退した地方都市を劇的に変えたクリエイティブな実践。

登録情報

  • 出版社 : 学芸出版社 (2019/12/21)
  • 発売日 : 2019/12/21
  • 言語: : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 252ページ
  • ISBN-10 : 4761527250
  • ISBN-13 : 978-4761527259
  • 寸法 : 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
11 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年8月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月4日に日本でレビュー済み
2020年7月25日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告