Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,458
ポイント : 146pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[久賀谷 亮]の世界のエリートがやっている 最高の休息法
Kindle App Ad

世界のエリートがやっている 最高の休息法 Kindle版

5つ星のうち 4.0 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,458

商品の説明

メディア掲載レビューほか

瞑想で脳を休ませる

しばらく前から「マインドフルネス」という言葉をよく目にする。アメリカのセレブたちがハマっているなんて噂も聞く。久賀谷亮『世界のエリートがやっている最高の休息法』は、タイトルにこそ謳われていないがマインドフルネスの入門書である。著者はアメリカ在住の精神科医。 脳科学の進歩により、脳の各部分がどのような働きをするのか、細かく分かってきた。その結果、ぼんやりしているときでも脳の一部は活発に働いていることが判明した。デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳回路だ。DMNは脳の消費エネルギーの60~80%を占めているというからすごい。休んだはずなのにすっきりしない、丸一日ぼーっとしていたのに疲れがとれないという理由はこれらしい。 DMNなどというと大げさだが、ようするに気になって頭からはなれないことや心配事。ご飯を食べていても布団に入っていても、どこか心にひっかかっている。このDMNを休ませるのに効果的なのがマインドフルネス、アメリカ式瞑想法なのだという。 本書は2部構成になっていて、第1部は瞑想のやりかた編。ページ数にすると全体の1割にも満たない。瞑想のやりかたは簡単だ。禅の瞑想や内観療法、自律訓練法などと近い。本書の大部分を占める第2部は瞑想と脳科学を題材にした物語で、いわば第1部の応用編だ。 書店ではどこもこの本が積まれ、売り上げ1位になっている店もある。しつこい疲労感に悩んでいる人が多いということなのか。でも、子育てとか老後とか、世の中の不安を減らすのが先決では?

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

ビジネスマンにリーチして16万部の“マインドフルネス"本

脳は〈何もしていない〉状態でも疲れる。慢性的な疲労感が抜けない原因は、そこにある。日米の医師免許を持ち、25年以上に及ぶ臨床キャリアを誇る著者が、科学的な根拠に基づいた「脳の休め方」=「マインドフルネス」を語った本がヒット中だ。

マインドフルネスへの注目は近年高まっており、書店には類書も多い。その中で本書が特徴的なのは、内容が小説仕立てである点だ。

「ストーリー形式を選んだのは、マインドフルネスを実践することで、どのような変化がビジネスや生活に起こるのか、読者にわかりやすく、具体的に伝えたかったからなんです」(担当編集者の藤田悠さん)

マインドフルネスのメソッド自体はとてもシンプルだ。呼吸や食事、簡単な運動など、目の前の物事に集中することで、脳疲労の原因となる脳の過剰な活動を抑える。日常生活に取り入れやすい方法であることが、物語のおかげで説得力をもって伝わってくる。

瞑想がベースになっているため、ヨガやスピリチュアル系の本と並べて置かれることも多々あるマインドフルネス本。しかし本書は内容はもちろん、タイトルや装丁もビジネス書に寄せた。結果、刊行直後から30代、40代の男性層にリーチ。著者のテレビ出演をきっかけに、女性層や若年層にも読者が広がった。今春にはCDを付属した「実践編」の刊行も予定されている。

評者:前田 久

(週刊文春 2017.2.16号掲載)

内容紹介

【「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える】
「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった!
 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7304 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2016/7/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01J2ZLLN8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 318位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
睡眠時間はたっぷり取っても、なぜか疲労感は軽くならない。
慢性的に疲れていて、ワクワクしたりすることが無い。
何もせずにボーッとする時間を持っても大して回復感は感じられない。

ちょうど私もこのような状況になっていた時に本書と出会いました。

そして気づいたことは、脳がとても疲れていること、
そして疲れやすい状況になっているということでした。

本書を読みながら、自分がいる「いまここ」に感覚を集中させ、
内面の感情を感じ取りながら呼吸に意識を集中することで、
短時間でも今までと違う、変化を感じました。

継続的にこの取り組みを実施し、習慣化することが、
ストレスの多い現代社会を生きていくには必要だと感じた。

【追記】
ただし、正直本書の方法だけでは、満足のいくレベルの改善というのは
得られないことを実感。
合わせて有効な方法としては、背中のストレッチング。
特に肩甲骨付近を柔らかくすることで、本書の取り組みが相乗的に効果を表します。
体(特に背中)の柔軟性と精神状態は確実な相関関係にあるようだ。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この陳腐で手垢にまみれたタイトルは編集者が考えたのだろうか? こんなタイトルじゃなければもっと買いやすいし人にも勧めやすいのだが…
英文のタイトル(直訳すれば『マインドフルネスのニューロサイエンス ― 瞑想が文字通り脳を変える』)の方が100倍よい.

小説仕立ての構成は賛否が別れると思う.不要といえば不要だが,私は楽しく読めた.『もしドラ』あたりを参考にしたのかな? 『ザ・ゴール』などは,小説仕立てでうまく行った例だと思うが,この本は,トピックごとのまとまりという点では『ザ・ゴール』より良いくらいだ.

内容に関して,エビデンスとなる権威ある査読論文への参照がきちんと書かれているのは素晴らしい.本の信頼性に大きく寄与している.ただ,「世界のエリートがやっている」とか「最高の」というタイトルは根拠レスなので,せっかくの素晴らしい内容の信頼性を大きく損ねている.編集者は猛省してほしい.
コメント 275人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tomomo 投稿日 2016/8/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
マインドフルネス瞑想のやり方だけを本の最初にまとめ、その後瞑想の適した場面などをストーリーと合わせて説明していくという構成でした。
非常にわかりやすく、またストーリーもありきたりではあるが嫌悪感を覚えるようなものではなく瞑想について詳しく知れるものだと思いました。
GoogleのSIYなどの本に書いてある瞑想のやり方とほとんど同じであるためその本を読んで満足しているのなら読む必要はないかもしれないが、ストーリーと合わせて瞑想を学ぶというのは初めて学ぶ人などにはとてもわかりやすいのではないかと感じた。
コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
瞑想・マインドフルネス系の本の流行が気になって購入。

「疲労」は肉体的・身体的なものを連想して居たが、
ゆっくりしても体がだるい時もあり実態がイマイチつかめていなかったので
これを機会に「休息」について深く学びたいというのも動機としては大きかったです。

はじめに
「脳疲労」と「身体疲労」は根本的に異なるという前提の整理から入り、

・脳が疲労状態に陥るメカニズム
・自分自身との向き合い方
・溜まった疲労への対処方法

など 幅広い視点で、参考になる知識や
脳を活性化させるアドバイスが書かれておりとても参考になりました。

以下参考になったポイントです、
用語と合わせて覚えておくと、
とても役に立つものばかりです。

①マインドフルネス
 評価や判断を加えずに、”今ここの自分”の状況・経験に対して能動的に注意を向ける。
 姿勢と呼吸を意識することで取り戻す行動習慣が必要。
 (背は伸ばし・お腹はゆったり・呼吸に意識を向ける)

②デフォルトモードネットワーク
 心がさまよっている時に働く回路。
 この雑念が脳疲労の
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover