Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,497

¥ 641の割引 (30%)

ポイント : 150pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クリスチャン・ステーディル, リーネ・タンゴー]の世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方
Kindle App Ad

世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方 Kindle版

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,497

商品の説明

内容紹介

資源が無くても、クリエイティブで勝負できる!
イノベーション・デザインの先駆的発信地、
デンマークに学ぶ、発想力の鍛え方

アート、建築、デザイン、イノベーションの先駆的発信地デンマーク。
いまや、国民所得は日本をはるかに凌駕し、各種の社会経済の競争力や国際競争力ランキングでは常に上位をキープ、出生率などにおいても優等生です。
この日本と同じ資源に乏しい小国で、圧倒的な経済力を牽引してきたキーワードとは「ニッチ産業におけるイノベーション」です。イノベーションを生み出ために必須の「創造力」はいかに培われてきたのでしょうか。

一人あたり国民所得は日本よりも30%以上高く、消費税は25%でありながらも、国連が発表している国民の幸福指数では世界一です。
また、日本と同じ資源に乏しい小国でありながら、GDPのなんと60%を稼ぎだしているのはなんと工業、医療、エネルギー、農業・食品、ICTなどの特色ある「輸出産業」です(「輸出立国」の「日本」のGDPに占める輸出の割合はおよそ15%)。

本書では、""レゴ""や""ヒュンメル""、世界一の人気レストラン""noma""、ウェブでカスタム・タトゥーデザインの販売を手掛ける""tattoodo.com""など、注目企業のオーナー、世界的に活躍している気鋭の建築家、芸術家、ドラマ制作者への取材から、その秘密に迫ります。

海賊ヴァイキングの時代から世界を牛耳る海運産業を牽引し、コンテンツ、建築や工業製品のニッチ分野で圧倒的な強さを、生み出す知識・イノベーションを生み出してきた「創造力」とは。本書で紹介する人物たちは、各界を代表するイノベーターであり続けます。

解説 『「イチからアルファ」を生む国』 田村 大(リ・パブリック共同代表/東京大学i.school共同創設者エグゼグティブ・フェロー)

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、北欧の小国から世界一のレストランnomaは誕生したのか。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6573 KB
  • 紙の本の長さ: 205 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2014/11/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GJ2DKPY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,932位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
これは時間をかけてじっくり向き合うべき本です。順を追って読み進むことで、デンマークのさまざまな分野への取材が持つそれぞれの意味合いと、重層的に展開される論旨を理解することができます。それによって自らの思考の在りように気付かされ、「発想力の鍛え方」を学ぶことができました。
ひとつの企業に長年勤務しながら少しでも創造的であろうとしてきた身として、多くの事例(特にレゴ、LETT法律事務所、王立劇場、noma)には大変説得力があります。これらは「一見」のコンサルタントにできる仕事ではなく、ひとりの天才的な経営者が(ヒトを入れ替えて)短期的成果を上げようとするものとは大きく異なります。組織の歴史や文化を熟知し、顧客や組織構成員の意識を洞察しながら、それらが持つ枠組みぎりぎりのところで創造性を発揮することがいかに有益であるかは従来あまり論じられなかった視点です。事例からは結局はそれがブランドというものの本質ではないかとすら思えてます。
逆説的に、米国式イノベーション手法なり、「革新的」経営手法なりを単純に導入しても日本の多くの企業では失敗したり、一時的部分的な成功で終わってしまう理由がそこにあるように思います。米国式の表面的(故に分かり易い)手法に毒されていたことを省察する良い機会になりました。(発想法として、米国式のブレインストーミングではなく、ドイツ生まれのブレインライティングをさりげなく紹介している点が大変印象的でした。)
米国式イノベーション論に懐疑的な方にはお薦めです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
解説にもあるように、いまのイノベーション論の本流、というか人気の的は、ゼロからイチを生み出すことだろうと思う。しかしながら、経験や知識や積み上げ、誤解を恐れずにいうと「教養」のない人がいくらイノベーションと叫んでも所詮限界があるだろう。日本とデンマークはとても似ていて、人と社会に関していえば、アメリカなどと比べると、十分に肥えた土壌からスタートできる。この本に取り上げられている人たちはまさにその土壌を利用しつつ、発想力に磨きをかけている人たちである。日本人もムリにアメリカ風に明るく振る舞ってみせるより、デンマーク形のイノベーションをめざすほうがいいかもしれない。この本でさんざん取り上げられている世界イチのレストランに行ってみたい!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
【概要】
(分野)ビジネス
(頁数)335頁
(出版日)2014/11/27

 デンマークと言えば「世界一幸せな国」、「レゴの発祥地」、「世界一のレストラン“noma”」が思いつくかもしれません。本書は、こうしたデンマークで非常に意識されている「クリエイティブとは何か?」について、様々な分野(主として起業、芸術や音楽)の著名人が語っています。
 その「クリエイティビティ」については、本書の後半にも詳細に書かれているのですが、その内容を大きくまとめると、

1. クリエイティブは限界ギリギリのところで発揮される。
2. クリエイティブでいるためには、休息が必要。
3. クリエイティブである勇気が必要。
4. 成長や制限がクリエイティビティを生み出す。
5. リーダーシップによってチームのクリエイティビティを引き出せる。
6. 従業員(や周囲の人)を巻き込まないとクリエイティビティは発揮されない。

 ということを述べています。そして、更に一般化したものとして、「クリエイティビティ」には、

・「原動力となる情熱(エネルギー)」
・「最先端に達しても更に追い求める謙虚さ」

 の二つの要
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover