¥3,960
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界で一番美しいイカとタコの図鑑 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界で一番美しいイカとタコの図鑑 (日本語) 単行本 – 2014/7/1

5つ星のうち4.8 13個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,960
¥3,960 ¥3,110
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 世界で一番美しいイカとタコの図鑑
  • +
  • Jewels in the night sea 神秘のプランクトン
  • +
  • 世界で一番美しい海のいきもの図鑑
総額: ¥10,890
ポイントの合計: 166pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

ダイオウホウズキイカ(サメハダホウズキイカ科)
ダイオウホウズキイカ(サメハダホウズキイカ科)

ダイオウホウズキイカはダイオウイカと異なり、胴部は太く、腕が短く、胴体の約半分を占めるほどの巨大なひれがあるのが特徴。発見されたのは1925年のことで、頭部と腕が南極海で捕獲されたマッコウクジラの胃の中から出てきたのが最初ですが、謎の多い巨大イカです。南極海に分布し、水深1,000~2,000mほどの深海に生息しています。写真は2007年2月に南極海で捕獲された個体で、ほぼ完全な状態でニュージーランドの国立博物館テパパに持ち込まれました。全長は約8mと、長さこそダイオウイカにおよばないものの、その体重は約500kgと計測され、世界で最も重いイカであることは間違いありません。最大で600~700kgになると考えられています。

左頁:ケンサキイカの幼体、右頁:ソデイカの幼体
左頁:ケンサキイカの幼体、右頁:ソデイカの幼体

左頁:生まれたばかりの体長2mmほどのケンサキイカの幼体には、すでに宝石のような色とりどりの色素胞(しきそほう)が備わっています。色素胞は体が成長してもその大きさはほとんど変わらないことから、この幼体がどれくらいの大きさなのかがわかります。

右頁:ソデイカの幼体は茶色い色素胞(しきそほう)でおおわれた帽子のような外套膜(がいとうまく:胴体)をもち、この独特の姿から、ほかのイカの幼体とは容易に区別できます。ソデイカは卵を巨大なソーセージ状の浮遊卵として産むことが知られています。浮遊卵は直径30cmほど、長さ1.5mにもおよぶ全体的に赤紫色を帯びた円筒形で、中には数万個もの卵が帯状に並んでいます。浮遊卵はしばらくの間、潮の流れとともに表層を漂うことから、しばしばダイバーや漁師に目撃されます。

オーストラリアコウイカ(コウイカ科)
オーストラリアコウイカ(コウイカ科)

オーストラリアの南半分、西はシャーク湾以南、東はブリスベンからタスマニア沿岸にかけて、およびニューカレドニアの南部沿岸に分布。水深100mほどの岩礁域、砂地や砂泥底(さでいてい)の藻場(もば)などに生息。外套長(がいとうちょう:胴体の長さ)50cm、体重は10.5kgにおよび、コウイカ類の中では世界最大級。体は通常、緑色または黄色を帯びた茶褐色。眼の上に、2列になった葉のような形の突起が3つあります。主に魚や甲殻類(こうかくるい:エビやカニの仲間)を食べるほか、死んだ魚まで食べる大食漢として知られます。

左:アカイカ科の一種、右:カリフォルニアヤリイカ
左:アカイカ科の一種、右:カリフォルニアヤリイカ

左:空を飛ぶイカがいます。これはアカイカ科のイカに見られ、代表的なものではトビイカやアカイカの若体などです。イカは水中で頭部と外套膜(がいとうまく:胴体)の隙間から吸い込んだ水を、漏斗(ろうと:水管)から強く噴出することで水面に飛び出し、空中でも体内に残った水を噴き出しながら推進力を得ます。そして、ひれと腕を翼のように広げて揚力(ようりょく)を得ながら滑空するのです。

右:アラスカ南東部からカリフォルニア半島南端までに分布。ワシントン州からカリフォルニア州に多く、沿岸から水深200mほどに生息。外套長(がいとうちょう:胴体の長さ)16cmほどまで。ツツイカの仲間の多くは生涯、集団で行動します。捕食者から捕食される確率を低くし、繁殖する時や捕食の際に、効率を高めるためだと考えられています。

マダコ科の一種の幼体(マダコ科)
マダコ科の一種の幼体(マダコ科)

全長4cmほどの透明な体に、赤や黄色の大小の色素胞(しきそほう)が並んでいるマダコ科の幼体。腕には赤褐色のしま模様がほぼ等間隔に並んでおり、眼の上部にわずかな突起が見られます。写真はフィリピンで撮影されたもので、種類としてはWunderpus 属かAbdopus属だと考えられます。タコの幼体は中層を漂いながら分散し、餌となる小さな甲殻類(こうかくるい:エビやカニの仲間)の幼生などを捕えたり、魚などの捕食者が寝ている夜の時間には、暗闇に紛れながら自分の棲みやすい場所を探し、よい場所にたどりつくと、そこに着底して底生生活へと移ります。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

窪寺/恒己
国立科学博物館標本資料センター・コレクションディレクター、分子生物多様性研究資料センター長兼任。1951年東京生まれ。北海道大学、大学院を経て1982年水産学博士。1984年より国立科学博物館に勤務し、2011年より現職。専門は頭足類の分類・生態学、高次捕食者の食性研究など。2004年、ダイオウイカの生きている姿を世界で初めて撮影

峯水/亮
1970年大阪府生まれ。20歳からダイビングを始める。峯水写真事務所代表、海洋生物を専門的に撮影する水中写真家。現在は、プランクトンなどの浮遊生物の写真や映像を専門的に撮影(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
評価の数 13
星5つ
88%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
12%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2014年8月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年6月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年1月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入