この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

世界で一番パパが好き! [DVD]

5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,980より 中古品の出品:5¥ 752より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベン・アフレック, リヴ・タイラー, ジョージ・カーリン, ラクエル・カストロ, マット・デイモン
  • 監督: ケヴィン・スミス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ショウゲート
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BH4C3S
  • EAN: 4527427631625
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,862位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ケヴィン・スミス監督が贈る心温まる感動のコメディ作品。突然、愛する妻を失い悲嘆に暮れる男が、残された一人娘の世話をする中で、再び自身の人生を取り戻していく。出演はベン・アフレック、リヴ・タイラーほか。

レビュー

監督・脚本: ケヴィン・スミス 出演: ベン・アフレック/リヴ・タイラー/ラクエル・カストロ/ジェニファー・ロペス/マット・デイモン/ジェイソン・ビッグス/ウィル・スミス
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この映画を見る前にミュージカルのスウィーニートッドを見て欲しいです。
重要な意味合いを持っていると思います。
七歳の女の子が始めて見たミュージカルが「人肉パイの為に舞台上で殺人」なんですから。
それだけでこの映画のブラックユーモアが分かっていただけるのではないでしょうか。
宮本亜門さん演出のスウィーニートッドを見ましたが大竹しのぶさんのミス・ラヴェット役がこんなカワイイ女の子に・・・
ラストのミュージカルシーンはビックリです。リヴ・タイラーも秀悦。
ベン・アフレックも味のあるトッドを演じていましたし、あのおじさん二人!上手すぎです。
それとタイトルロールに流れるブルース・スプリングスティーンが歌う「JERSEY GIRL」!
トム・ウェイツの歌をこれ以上無いくらいステキに歌っています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
親子、家族愛をロマンチックに描いています。ベビーベッドの横で、ベン・アフレックが涙を流しながら

妻を亡くしてつらいと切々と独り言をいうシーンに、ジーンときました。他にもジーンとくるシーンは

たくさんあります。ラストシーンもすごく好きです。バーで娘と踊っているとだんだんと暗くなっていくのです。

愛する娘のために、やりたい仕事を捨てて肉体労働をしていく姿にはいろいろと考えさせられました。

家庭と仕事の両立は世界共通の悩みのテーマですね。コメディの部分もところどころあって笑います。

この映画でベン・アフレックのファンになりました。おじょうさん役のラクエル・カストロちゃんも

まるでお人形のようにかわいいのです。でもあまりぱっとしないお洋服を着せられていたのは、男でひとつで

苦労して育てているというのを出したかったのだなぁって何度も観てわかりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ショート・ケーキみたいな映画です。これは良くも悪くも。

豪華キャストや片親と言う王道の設定から観る前はかなりシリアスなドラマかなと思っていたのですが、フタを開けてみれば数あるそういう子ども映画とは異なり、邦題のイメージを崩さない範囲のショート・ケーキなメロドラマ・ファンタジーでした。

ラクエル・カストロ演ずるガーティちゃんは、まだ7歳ということもあって、パパにおんぶにだっこの状態。この時点で主役はガーティちゃんではなくパパです。後半シナリオが雑になってきますが、まあファンタジーなので。ラクエルちゃん、かわいいねっ。よかったねっ。とふわふわ観るのが正しいスタイルなのでしょう。

ただ監督の趣味なのか随所にHネタやトイレネタが入ってるので、まずいないとは思いますがお子様と一緒に観るのはオススメしません(個人的には少々しつこくてキモイと感じました)。

個人的な感想としては、このテの子どもが主役の映画は過去20年、『スタンド・バイミー』やら『グーニーズ』やら『ポネット』やら『マイガール』やら傑作が多く、それらを傑作たらしめてるのはこども特有の常識に縛られない感性や洞察、純粋さがクローズアップされていたからで、それを期待してた自分は少々裏切られました。

けど、こういうのもたまにはいいで
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DJ TOSHi 投稿日 2010/10/10
邦題から察する様な微笑ましい親子関係が垣間見れます。
ベン・アフレックの雰囲気のあるパパ役はとてもいい味出してますし、
イマドキのマセた娘役のラクエル・カストロがとても愛らしかったです。
ちなみにジェニロペも序盤にのみ登場。

リブ・タイラーの現実味の無い誘惑が釈然としなかったり、
ウィル・スミスの件を始めリアルな映画ネタがあったりと狙った感もあるのかな。
一番大切なモノを再確認する主人公・・・なかなかいい映画でした。

主演陣がのきなみラジー賞にノミネートされたそうですが、
そんな酷評される演技&作品ではないですよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『ジーリ(GIGLi)』に続いて、私生活でラブラブだった頃のベン・アフレックとジェニファー・ロペスが夫婦役で出ています。『ジーリ』は不評だったのですが、この映画はまずまずで、心温まるコメディとなっています。

映画の内容は、ケイト・ハドソン主演の『Raising Helen』の男と女を逆にしたような映画。どちらも仕事と子育ての両立に苦労する映画です。どちらかというと『Raising Helen』の方が良かったのですが、悪くはありません(といっても、『Raising Helen』自体が日本未公開なのでわからないかもしれませんが)。

子役のラクエル・カストロは中々かわいい演技で、こんな娘がいたらきっと誰でもデレデレのパパになってしまうでしょう。

私が映画をみた目的のリブ・タイラーは、学生でレンタルビデオ屋でバイトしている役で出ています。実際にこんなきれいで変な人がビデオ屋にいたら驚きですが。驚きといえば、最後にはベン・アフレックが会社を首になった事件の引き金になったウィル・スミスも出てきてびっくりでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック