Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,600

¥ 128の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[榊巻 亮]の世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書)
Kindle App Ad

世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書) Kindle版

5つ星のうち 4.8 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1,400

紙の本の長さ: 304ページ

商品の説明

内容紹介

3万時間。企業に勤めるあなたが一生涯で会議に費やす時間です。
これほどの膨大な時間を費やしているにもかかわらず、効率的でまともな会議はなかなかないのが実情です。

本書の主人公、鈴川葵は入社2年目のごく普通の女の子。
自分の部署でおこなわれる「グダグダ会議」にふと疑問を抱きます。
「なぜ、会議はこんなにつまらないのだろう・・・」 そのことをきっかけに、彼女は会議で小さな改革を始めます。

最初は、「たった一言」を口にするだけの小さな改革。
しかし、そこから確実に会議は変わり始めます。 小さなチャレンジを実直に積み重ねていくことによって、彼女は部署全員を巻き込み会議改革を成功させ、そして大きな成果を生み出していきます。

何をすれば会議が変わるのか、実際にどう変わっていくのか?
物語を通して、分かりやすく会議改革のやり方を解説していきます。

少しずつ脱皮するように会議が変わっていくプロセスを、主人公とともに追体験してください。

内容(「BOOK」データベースより)

職場の会議のグダグダぶりに悩む、入社2年目女子、鈴川葵。「生涯会議時間」が3万時間にも上ることを知って一念発起し、コンサルタントの父の指南を受けて会議のカイゼンに挑戦する。そこで知ったのが、会議を変える「魔法の一言」だった―。結論がでる、みんな納得、内職ゼロ、時間短縮。会議をうまく進める方法が物語でカンタンにわかる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 18154 KB
  • 紙の本の長さ: 210 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2015/12/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019O8NDNY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,653位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私は一般的な会社で働いている者ではなく、介護職員である。介護職でも会議は多く、効率の悪い、なおかつ効果の少ない形式的な会議をしている施設が多いのではないか?この現状を少しでも変えたいと思い、この本を手にとった。結論から言うと介護職でもスッと入ってくる分かりやすさがあり、すぐに実践することができた。物語になっているためイメージがしやすい。少しでも会社の会議を良くしたいと思っている方はぜひ一読しておくといい。私自身、何度も読み直している。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Qt 投稿日 2017/4/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説仕立てになっているせいか、実際の場面を想像しやすい。しかも小さく始めるというのも現場に適していると思う。この本を読んでMECEなどのフレームワークは慣れるまではprepで使うのがいいかなーと思った。うまく使いこなせない状態では会議中にやるのは難しい。それよりもスクライブで可視化していくほうが自然な議論になるのではないかと思う。素晴らしい内容でした
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
社内にある会議の問題がストーリー仕立てで書かれており、共感するところばかりでした。
理論に裏打ちされた手法に触れることで、会議を別な視点で見ることができるようになりました。
隠れファシリテーターを目指してみたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読みやすいですね。
実際の場面でこうはいかないと思うが、イメージしやすかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
前半は

当たり前の事を・・

と思っていましたが、後半は納得できる部分が多く、確かに意識して行えば大きな変化がもたらされると感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
入門書としてわかりやすいと思います
主人公が周りの人の力を借りて、周りを巻き込みながら
会議を有意義なものに変えていくストーリーは読んでいて爽快感もある
実際の自分の会社で通用するかはなかなか難しいですが。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
上司から「ファシリテーションが下手」とご指摘を受け、Amazonでファシリテーション関連書籍を検索し、
本著を購入した。各種ファシリテーションスキルの中で、
特にスクライブスキル(ホワイトボード等に書くスキル)が大変参考になった。

■本文引用
会議中にスクライブする(書く)事と書き方
(1)意見・・・・ホワイトボードにそのまま書く
(2)論点・・・・質問や議題。ホワイトボードに「問」と書く
(3)決定事項・・・・決まった事。ホワイトボードに「結」と書く
■学び
これまで私はホワイトボードにメモを書く際、特にルール・基準を設けず記載していた。
しかし、本パートを読み、意見、論点、決定事項を分けて書くと、議論が整理し易くなる事が
良く分かった。早速次回の会議から練習し、自然に使いこなせる状態を目指したい。

■本文引用
(1)スクライブのメリットは、議論の履歴が分かり、論点が明確化される事。
スクライブし難い議論は、ファシリテーターのスクライブスキルが低いのではなく、
単に議論がごちゃごちゃしているだけ。
(2)スクライブをせずに議論する事は、目隠しして将棋をしているのと同じ。
スクライブがあると
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「世界で一番やさしい」という看板に偽りはない。ストーリー仕立てで大変わかりやすく
効果的な会議の進め方が理解できる。入社2年目の主人公鈴川葵がコンサルタント
である父と先輩社員の協力を得て、少しずつ会議変革に挑んでいく。
最初は隠れファシリテーターとしての指南を父から受けて、それを社内で実践し、少し
ずつ成果が見えてくる。すると周囲の見る目が少しずつ変化してくる。支援者も増えて
ファシリテーターとしての自信がついてくる。とまあ、なかなか普通の会社では見受け
ない状況であるが、この主人公は地道な活動で、困難な問題解決のファシリテーショ
ンをやり遂げ、人生そのものを変えていく。
効果性の高い会議を誰もが求めながら、なかなかそうならない実情に対して、入門で
はあるが、参考になる点が多いと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
すべてのビジネスパーソンにお勧めですがとくに、① 多国籍の出席者で会議をされる方、② MBA修了された方 に響くはず!!その心は…
① ファシリテーション・スキルは、万国共通なんですね。著者は「日本的会議を変革したい」そうです。たしかに、日本や韓国のような年功序列組織では、上司の進め方に逆らえずに、黙って話を聞くのみのグダグダ会議があります。一方で、多国籍会議では、アイディア発散型の参加者がほうぼう話を飛ばしてまとまらないことがあります。海外の皆さんは自分に有益かどうかはっきり示すので、事前に会議の終了案件を決めないと、話すことを話して満足して、時間より早く終わるのに実がない、なんてことも。「ここまでミーティングで詰めたいのに、道半ばで終わってしまった…」という無力感を英語力のせいにしていたけど、実は事前準備や共通認識が不足していたのかも!?この気づきは大きかったです。
② 本書にはMBAで学ぶ「フレームワーク」と、フレームワークを振りかざす、MBA帰りが煙たがられる要因がさらりと書いてあります。大切なファシリテーション・スキルは出席者に受け容れられること。帰社後、いろんな方の考えを尊重しながら、学んだことを少しずつ利用して変革していく…そんな理想の「MBA帰り」をイメージすることができました。早くこのファシリテーションを仕事で使いたい!うずうずしています。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover