Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,000

¥ 160の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョン マコーミック]の世界でもっとも強力な9のアルゴリズム
Kindle App Ad

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム Kindle版

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,000
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 994

商品の説明

内容紹介

コンピュータを使い物にするアルゴリズムにはどういうものがあるか、今日的な視点から選んだ実際に役立っている9のアルゴリズムのアイデアを、章ごとに掲げてわかりやすく説明した読み物です。

図を多用し、その仕組みをたとえを使いながら見せることに重点を置いています。

著者が選んだ基準は、(1)インターネットでメールやブラウザを利用する一般ユーザーの日常のコンピュータで使われていること、(2)特定の状況や高度のソフトウェアだけに使えるものは除くこと、(3)基本的にコンピュータ・サイエンスの理論に基づくこと、です。

扱っている9のアルゴリズムのテーマは、検索エンジンのインデクシング、ページランク、公開鍵暗号、誤り訂正符号、パターン認識、データ圧縮、データベース、デジタル署名、計算不能性。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マコーミック,ジョン
英ディッキンソン大学のコンピュータ・サイエンス教授。オックスフォード大学の博士(コンピュータ・ビジョン)取得。ヒューレット・パッカードとマイクロソフトの研究所に勤務の後、現職

長尾/高弘
1960年千葉県生まれ。東京大学教育学部卒、(株)ロングテール社長。25年ほどで90冊ほどを翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8646 KB
  • 紙の本の長さ: 332 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2012/7/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FR78X64
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 16,518位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
アルゴリズムの話しながら、ほとんど難しい数式は出てこない。
解説がわかりやすいので、アルゴリズムの概要をさらっと理解するにはいいと思う
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/5/21
形式: 単行本 Amazonで購入
「プログラミング言語の知識はコンピュータ科学者にとって必要不可欠である。しかし、それは単なる前提条件に過ぎない。研究者の主要な課題は、アルゴリズムを発明、修正、理解することである」。

たとえば、われわれが検索エンジンを利用するとき、その検索エンジンはどうやって対象の情報を集めて分類しているのだろうか?あるいは、ネットで買い物をするとき、クレジットカードの番号はどのように伝えられているのだろうか?手書き文字認識はどういうしくみになっているのだろうか?お金を振り込む操作をしている途中に接続が切れてしまったときに銀行のシステムにある残高はどう保証されているのだろうか?

アルゴリズムの本。扱われているのは、検索エンジンのインデクシング、検索エンジンのページランク、公開鍵暗号法、誤り訂正符号、パターン認識、データ圧縮、データベース、デジタル署名の9つ。普段それらをどこまで意識して使っているかはともかく、インターネットの時代に欠かせない技術ばかりである。

きちんと説明すると手ごわいものが多いが、比喩を用いて敷居を下げた上で、原理を丁寧に解説しているのが特徴である。アルゴリズムの本なので、順を追ってきちんと理解しないと途中で分からなくなるから薄さの割には読むのに時間がかかるが、内容は大変面白く、読みがいがある。終盤では決定不可能性について述べている。いい本だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コンピュータや情報系の書籍は少し苦手でしたが、先輩の薦めで購入して読んでみました。

タイトルだけを見ると、難解で複雑なアルゴリズムが登場する専門書のような印象を受けますが、
実際には、我々がパソコンやインターネットを使う際に知らないうちに利用している身近な
アルゴリズムをやさしく紹介した一般向けの入門書という感じです。

この本の説明はとにかく丁寧で、分かりやすいと思います。アルゴリズムを説明するための具体例も
これ以上ないくらいに単純な例を使っているので、途中で挫折することなく読み進められると思います。

欠点を挙げるとすれば、これらの分野に少しでも知識がある方にとっては説明が丁寧すぎて冗長に
感じてしまう部分があるかもしれないということです。

入門書としては最適だと思いますので、この本を読んで「物足りない」とか「もっと詳しく知りたい」
と思った方はより詳しい専門書に進んでいけば良いと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コンピュータ知識がない一般の人に、現在の情報社会を支える基本技術を易しく説明する本。

アルゴリズムという言葉から、難しい内容を予想していましたが、思ったよりも易しい内容の本でした。
あえて深い内容にはふれず読みやすい反面、ある程度知識がある人には物足りない、回りくどいと感じる。

個人的には、
検索エンジン・ページランク・パターン認識の章は、元々知識が無かったため楽しく読めた。
その他の章は、コンピュータ技術者なら誰でも知ってる程度の内容だと思う。

コンピュータ技術全般を、気楽に学んでみたい一般の方におすすめ。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、実務または、勉強用のアルゴリズム・テキストではない。しかし、今、世界中で使用されているHOTなアルゴリズムについて、詳しく書かれており、面白いエッセイとなっている。アルゴリズム学習のやる気をUPさせてくれる一冊だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原題は「Nine Algorithms that changed the Future - The Ingenious Ideas that Drive Today's Computers」、未来を変えた9つのアルゴリズム−今日(こんにち)のコンピューターを駆動する巧妙なアイデア、であり、まさに本書の中身を著している。

一般に、アルゴリズムと聞くと、二分探索法などの探索法や、クイックソートなどのソート(並べ替え)法などを思い浮かべてしまうが、本書は、そういった所謂、基本アルゴリズムではなく、実際に実社会で応用されているアルゴリズム群に焦点を当てて説明している(レイヤーが違う)。

具体的にどのようなアルゴリズムを取り扱っているといえば、文書内位置情報付きのインデクス・文書属性(タイトル、本文、メタ情報など)指定検索がインデックスの説明として、ページランクアルゴリズム(論文で発表された最初期のもの)、共有鍵と公開鍵による暗号法、最近傍法・決定木・ニューラルネットワークによる分類がパターン認識の説明として、可逆圧縮アルゴリズム(LZ77)、非可逆圧縮アルゴリズム(量子化)、ログ先行書き込み(WAL)・2フェーズコミット・RDBがデータベースの説明として、RSAデジタル署名、などが取り扱われている(チューリングの決定不能性の証明もあるが、ちょっと
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover