通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆帯付き。◆カバーに少しスレ。◆中は比較的使用感の少ないキレイな状態です。◆■お急ぎ便、コンビニ・ATM・ネットバンキング・代金引換・電子マネー払いやローソンまたはファミリーマートを利用したコンビニ受取も可能です。 ■【安心の返金保証】:Amazonマーケットプレイスのポリシーに基づき商品に不備があった場合は迅速に返金致します。 ■Amazon配送センターよりご注文後、24時間以内に迅速、丁寧に梱包し直接発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと 単行本 – 2014/9/21

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/9/21
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 491

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと
  • +
  • 日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの
  • +
  • これからのビジネスリーダーに贈る45の視点 世界で通用する日本人であるために (DO BOOKS)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 152pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

グローバル化が他人事だったのは、昔の話。
誰もがグローバル化に巻き込まれる可能性がある昨今、“非グローバルエリート"にとって、大切にすべきことは何でしょうか?
本書では、ミステリ仕立ての小説と、39の解説で、これからの“一億総グローバル化時代"を生き抜く方法をわかりやすくお伝えします。

内容(「BOOK」データベースより)

エリートコースを外され、古巣を飛び出したエリート銀行マン、元看護師の年収300万円OL、怖がりの切れ者研究者…。ウィザード(魔法使い)と呼ばれる伝説のコンサルタントに導かれ、新しい世界に飛び出す3人を待ち受けるのは…?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2014/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4820719106
  • ISBN-13: 978-4820719106
  • 発売日: 2014/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 122,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

グローバル社会で生きていくために英語力より大切なことがあるという趣旨の書籍やビジネス記事・論文は、近年増えている。しかし、この書籍は異色である。ミステリータッチのストーリーと論述が、5章に分かれて、交互に展開されているのだ。著者の一人の後藤均氏が推理作家でもあるから可能になったことだろう。
書籍タイトルの「39のこと」を手っ取り早く知りたいと期待して目次をみると、必ずしも、ノウハウ的な39の言葉が並んでいない。そのため、目次だけで全容イメージがわかりにくく、買うのに躊躇した。しかし、読んでみると、それが通常のノウハウ本にはない価値を生み出しているようだ。
ストーリー部分については、最後にどうような結末になるかというわくわく感を抱きながら、とても楽しく読めた。ストーリー部分だけを一気に読み、その後、論述部分をじっくり読むという読み方もあるだろう。
そして、論述部分は、著者の豊富な経験に基づき、外資系企業及び転職にまつわる実態やアドバイスが非常に具体的に書かれている。ここまでの具体的経験情報や具体的アドバイスは、通常、一般書籍の形にはならないものだ。また、著者自身の生きざまも滲み出ていて、いわゆるノウハウ本と一線を画している。ストーリー部分に興味のない人も、論述部分を是非読むべきだと思う。
決して安い本ではないが、高い料金を払うセミナーでないと聞けないような話が随所に散りばめられていることを考えると、かなりお得な本だといえるだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ビジネスコンサルタントであり推理小説作家である筆者が、その経験を十分に活かしながら、これからの国際化ビジネスシーンでどのような信条を持ってCarreer Choiceをしてゆくべきかを、本格推理小説のスパイスを利かせたStoryに乗せて指南する、大変ユニークなビジネス書である。全編に渡り人生選択のヒントが散りばめられている上に、最後には日本人としての誇りを論理的に裏付けてくれる、大きな勇気ももらえる名著であると思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「外資系企業の英語面接では弱点は weak points ではなく development needs とすると前向きに響く」(146頁)といった具体的なノウハウの話のみならず、
「日頃から日本人的な感性を磨くこと。自然を愛し、その恵みに感謝しながらできれば一句ひねること。これが世界のどこに行ってもやっていける、心の支柱になる気がします。・・・善意や価値観の一方的押し付けでは相手の人たちの心の奥までは動かすことはできません。」(222頁)といった、読者が日本人であることを念頭に、日本人の競争力の源泉となるものに気づかせる指摘が豊富になされています。 これら両方をカバーしていることによって幅と深みのある本に仕上がっています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大変面白く読ませていただきました。
導入部分のStoryは、掴みとして出色の出来で読者を本書に引き込みます。その後の流れからアッと思わせた結末まで本書の骨組みであるStoryは流石、推理小説家でもある著者だからこそのものであり、これだけでも十分に楽しめる本となっています。
もちろん、「39のこと」はノルマ証券の先兵として内外で活躍するも、大病をきっかけに価値観が大きく変わった著者の実体験に裏打ちされており、内容的に目新しいことばかりではないですが、極めて示唆に富んでおります。
また、本書は今後転職を通じてステップアップを目指す30〜40代の方だけでなく、定年が迫ってきているにも関わらずその後をどう生きるか迷っている50代の人間に対しての示唆もあり、対象層についてはちょっと欲張りすぎの感もありますが、幅広い年齢層におすすめできる本になっています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック