中古品
¥ 1
+ ¥ 256 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 並下。帯付き。背に若干の退色有。目立つ傷み、汚れ、書き込み等ありません。再クリーニング後、防水梱包にて発送いたします。15時までのご注文は即日発送いたします。ISBNの無い書籍はAmazonコンディションガイドに沿って古書として評価しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界が日本を認める日―もうアメリカの「属国」でいる必要はない 単行本 – 2005/1

5つ星のうち 3.4 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

高度経済成長達成から目標を見失ってしまった日本人。大国アメリカが壊れていくなか、日本は世界秩序の安定に貢献する存在となれるのか。

世界第二位の援助国といわれ、イラクへも積極的に自衛隊を派遣した日本という国家。これほどの「国際貢献」が、どうして理解されないのか。欧米各国さらにはアジア各国に情報網を持つ著者はこう断言する。超大国アメリカの暴走により、未知なる危機に直面し、その方向性を各大国が模索するなかで、小泉首相、さらには日本の当局は、その世界の大きな異変がまったくわかっていないと。「イラク」という世界秩序崩壊の象徴的存在が、ますます泥沼化するなかでアメリカはブッシュ続投という大きな間違いを選択した。その、なりそこないの帝国の「属国」でいれば日本は大丈夫だという旧態依然の思考から、いまだに脱却できないと。その理由はどこにあるのか。そして脱「属国」を果たすなら、いかなる選択が日本に有益なのか。本書は、この難題にあえてチャレンジする。中国、ロシア、EUなどとの外交問題にもふれる、目標なき国家「日本」への緊急メッセ―ジ。

内容(「BOOK」データベースより)

世界第二位の援助国、イラクへの自衛隊派遣…。これほどの「国際貢献」が、なぜ理解されないのか。超大国アメリカの暴走により、未知なる危機に直面した国際社会のなかで、日本という国家が果たすべき役割を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569638155
  • ISBN-13: 978-4569638157
  • 発売日: 2005/01
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,481,215位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2005年3月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2005年3月7日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年3月3日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告