中古品
¥ 171
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 鉄人SHOP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: この商品は中古になります 中古商品につき、若干の使用感がある場合もございます。帯、外付け特典は基本発送的にありません。は郵便メール便にて発送致します。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2010/2/6

5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 171

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

これを読まずに岡田ジャパンは語れない!
〜目からウロコの日本代表試合分析〜

イタリア人監督5人が日本代表の7試合を分析し、岡田ジャパンの戦術ミスを徹底的に
指摘する。図解入りの具体的な指摘を読み進めるうちに、サッカーの見方が劇的に変わり、サッカーが100倍楽しくなること間違いなし!
オランダ戦、ガーナ戦をはじめとする岡田ジャパンの失点がすべて「必然である」ことがよくわかる、戦術書の決定版。
これを読めば、ワールドカップでの日本の戦いが「読める」。

第1章:岡田ジャパンのサッカーは世界と比べて何が違っているのか?
第2章:問題の本質が凝縮されたホームでのウズベキスタン戦
第3章:ワールドカップアジア地区最終予選で同じミスを繰り返す岡田ジャパン
第4章:キリンカップのベルギー戦でなぜ日本のサッカーは機能したのか?
第5章:ワールドカップで対戦するオランダとのテストマッチを分析する
巻末付録:サッカーにおける戦術とは何か?

内容(「BOOK」データベースより)

サッカーの見方が劇的に変わる「具体的」戦術論。緊急提言。オランダ戦でなぜ、日本の守備は崩壊したのか?ここを変えれば、岡田ジャパンは勝てる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: コスミック出版 (2010/2/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774790400
  • ISBN-13: 978-4774790404
  • 発売日: 2010/2/6
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,481位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私はC級指導者ですが、日本サッカー協会の指導教本には11人全員のチーム戦術のことはあまり書かれていません。
2対2のときの局地的なグループ戦術としてチャレンジとカバーのことがあるくらいです。
ですから、日本ではジュニア世代にヨーロッパのような戦術を教えるような下地はまだまだないと思っています。
この本にあるイタリア人指導者が指摘することは、大いに納得できますし、本当のことだと感じています。
指導者である私も改めて勉強させられたおすすめの本です。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
2010年ワールドカップ以前の岡田ジャパンの致命的弱点がわかる本。

 本書は、2010年に発行されたものでして、ワールドカップ以前の岡田ジャパンの弱点を、イタリア人監督(いずれもイタリアでは一線級ではない人)らが丸裸にした本です。この本を読めば、サッカーにおける守備の基礎、攻撃の基礎がわかるようになることでしょう。岡田監督は、この本を読んで超守備的なサッカーに変更したのではないか。日本サッカー協会もこの本を読んで、次の監督をザッケローニにしたのではないか、と思うぐらいの内容です。

 もっとも、2014年9月現在の日本代表では、すでにこの本で指摘されているような、戦術的な問題はクリアできつつあります。ザッケローニが、守備のやり方、攻撃のやり方を教え込んだからです。たしかに、2014年のワールドカップでは、残念なことにザックジャパンは結果が出ませんでした。が、如何に4年間で成長したのかということも、この本の日本代表と現在の日本代表を比べれば、一目瞭然です。

 そのようなわけで、今日では当たり前となってしまった戦術についての本であり、4年分陳腐化した内容となっております。しかし、サッカーの戦術の基礎を興味本位で勉強してみたい、と考えていらっしゃる方がいれば、まず、この本を読んでみてはいかがでしょうか。きっと、サッカー観戦が
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 2006ドイツワールドカップで先制点を取って逆転負けを食らっている国は、ほぼないに等しい中、2試合も日本は逆転負けをしていることは、記憶に新しい。一発勝負に近い、ワールドカップを戦う上で、失点を食らうことは致命的である。いかにして守るか・・・ 本書は、守備の国イタリア(1−0で勝つことが最も美しいと国民は思っている)のクラブチーム監督が最近行われた日本代表の試合を分析しイタリアの育成段階で基本である、ディアゴナーレ(斜め後ろのポジションを取る)・スカラトゥーラ(ポジションを移動させる)をベースに日本代表の守備面での戦術的ミスを指摘し、なぜ失点やピンチを招いたのかが分かりやすく図解入りで説明されている。また、日本代表のプレッシングと、イタリア監督が指摘するプレッシングの違いが今の日本代表の得点力不足につながっているとまで指摘されている。
 最近出ているサッカーに関する書のなかでも、より専門的であるが論理的で分かり易く面白い。また、本書のような書が出て欲しい。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Yosim 投稿日 2010/4/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は地域リーグの社会人チームの監督をしていますが連動したプレスや斜め後のポジショニングなどの守備戦術は日頃から指導しているところです。
こんなアマチュア監督でさえ知っている守備の基本戦術を日本代表監督及び選手たちが知らないわけがないと思います。
では知っているはずなのになぜ岡田ジャパンはセオリーを破るのか?ミスを繰り返すのか?
ポジティブに考えればもしかしたら岡田監督自身が考案する新しい守備戦術を構築しようとしているのかも知れません。
ネガティブに考えれば「リスクを犯した攻撃」なるキーワードに選手たちが翻弄されて本来あるべき基本戦術がおろそかになっているのかも知れませんし単におバカな監督が理想をはき違えているのかも知れません。
いずれなのかはわかりませんがこの本は守備の基本戦術を岡田ジャパンのミスを例に挙げて分かりやすく説明してくれています。
守備の基本戦術の教科書としてもおもしろい本だと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「すごく面白い!!」
と、書店で本書を見つけて即買いしてしまった。
本書を読んでいくうちに、サッカーというのは将棋やチェスのようにとても戦略性の高いゲームなのだと今更ながらに気がつく。

私たちはつい数日前に、東アジア選手権にて日本代表の不甲斐ない試合を見せられたばかりだ。
そしてマスメディアを中心に、日本のサッカー解説者たちは一斉に日本代表を批判する。
しかし彼らは何が問題なのか、そしてどうすればその問題を解決できるのかを具体的に説明することはない。
それは単純に、彼らが具体的で明確な答えがわからないからなのではないか。
まったく可能性のないプレスを無駄にかけ続ける日本のFW陣に対して「気合い入ってますね。いいですよ!!」などと言っているのが日本の解説者たちなのだ。

一方、本書ではそういう無駄なプレス(というよりもはや無謀である)は一切評価されていない。

本書によると‥現代サッカーの基本であるゾーンディフェンス(岡田ジャパンもこれを採用している‥つもりだ)は1980年代後半にイタリアの名将アリゴ・サッキが考案し、それ以降の世界のサッカーを変えてしまう程の革新的戦術であるのだ。
この戦術を行うには各プレーヤーが守るべき”動き方の規則”があり、それによ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック