中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

世界がぼくを笑っても 単行本 – 2009/5/26

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540 ¥ 118
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

こんどの担任は……とんでもないダメ教師! 北村ハルトは中学2年。彼の新しい担任は、転任してきた小津ケイイチロウ先生。この先生がとんでもないダメ教師……。ハルトの中学生ライフはいったいどうなる?

内容(「BOOK」データベースより)

北村ハルトは中学二年生。始業式の日、彼の前に現れた一人の先生。軟弱そうでやぼったい。そう、彼こそがハルトのクラスの新担任―小津ケイイチロウ先生、だった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 178ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062154935
  • ISBN-13: 978-4062154932
  • 発売日: 2009/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,147,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アカンサス トップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/12
形式: 単行本
この「書き下ろし100」シリーズは素晴らしい執筆陣をそろえながらも、どれも
小粒なんじゃないかと私はにらんでいる。

この「世界が僕を笑っても」もその例にもれないのだけど、笹生陽子の作品の
世界が上手くまとまって入っていて、楽しめるものだった。

「得体のしれない悪役」みたいな人物が出てこないのも、本来の読者である
小中学生には入りやすいし、リアルなのかもしれないと思った。

主人公をはじめ全キャラクターがいつもながらいいんだけど、オズ先生に関して
はちょっと弱い気がした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
児童小説家・笹生陽子の書き下ろし単行本作品。

破天荒な父親と二人暮らしをしている中学生の北村ハルト。彼の通う学校は乱暴者の山辺らによって学級崩壊の危機に瀕していた。そんななか、学校はクラス替えを行い、新しい先生を迎える。ところがその先生がまったくダメな先生で……。

前半と後半で物語の主題が変わってくるところにちょっと疑問を感じました。
前半は新しい担任、小津ケイイチロウ先生をめぐる物語。
それが後半になると山辺グループとどうやりあうかという話になっていきます。
これはもう少し長くするか、別のお話にするかしたほうがよかったのではないでしょうか。

どっちもいいだけにやや消化不良なのがもったいなく感じました。
個人的には後半の山辺君が出てきてからが好きです。ここら辺は好みということで。

あれこれ書きましたが、あくまでも「サンネンイチゴ」や「楽園のつくりかた」と比べるとということです。これ単体として読むならばとても面白い作品ですので、ご安心ください。

※ほか、ちょっと。
・先生の名前が自分に似すぎててドキッとしました。面識のある作家の方なのでドキッ感は余計に倍増です。ほんと、驚きました。
・装丁がちょっと。ライトノベルスの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新品同様で想像していたよりもずっときれいなものが届きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告