中古品
¥ 398
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon委託商品】安心保証、迅速発送のAmazon倉庫管理商品です。【商品状態】表紙除菌クリーニング済/□表紙カバー に多少のスレ、キズあり/□表紙カバー上下にヨレ等の多少のイタミあり【梱包】ビニールパッキング済。(保管、配送時 の劣化対策)【テンキ商店では、他にも商品を多数出品しております。気になった方は店舗名をクリック!】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界から集客! JR九州・唐池恒二のお客さまをわくわくさせる発想術 単行本(ソフトカバー) – 2011/2/23

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 89
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

3月3日の新博多駅ビル「JR博多シティ」開業、3月12日の九州新幹線全線開通を起爆剤に、さらなる成長をめざすJR九州。
“サービス革命”で日本一をめざすJR九州の中にあって、外国航路の開拓やレストラン事業の成長拡大に貢献。
全国からお客さまを呼ぶための観光列車・デザイン列車の企画にいち早く着手、鉄道ビジネスの新たな成長分野を、常にお客さま目線で発想、実現し続けてきたのが、JR九州・現社長の唐池恒二だ。

本書は、ユニークな発想とともに、スピード、行動力の人でもある唐池社長が目指すJR九州の未来戦略、成長戦略についてまとめた一冊。
・ 蒸気機関車「あそBOY」の復活
・ 全国に知れ渡った優雅な観光列車「ゆふいんの森」の発案
・ 高速船「ビートル」が走る、博多—釜山の国際航路の開拓
・ 東京・赤坂で超繁盛中の居酒屋新業態「うまや」ブランドの開発
・ 実現間近の夢の「九州一周豪華列車」構想

——などなど、お客さまを喜ばせ続けるアイデアを次から次へと打ち出す唐池流発想法のなかには、全国からお客さまを集客し続けて、”九州全体が元気になるためのヒント”が隠されている。

内容(「BOOK」データベースより)

“サービス革命”で日本一をめざす唐池流・お客さまの喜ばせ方をすべて公開!蒸気機関車「あそBOY」の復活、全国に知れ渡った優雅な観光列車「ゆふいんの森」の発案、高速船「ビートル」が走る、博多‐釜山の国際航路の開拓、東京・赤坂で超繁盛中の居酒屋新業態「うまや」ブランドの開発、実現間近の夢の「九州一周豪華列車」構想―などなど、お客様を喜ばせ続けるアイデアを次から次へと打ち出す唐池流発想法のなかには、全国からお客さまを集客し続けて、“九州全体が元気になるためのヒント”が隠されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: ぱる出版 (2011/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4827206147
  • ISBN-13: 978-4827206142
  • 発売日: 2011/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 1.4 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 128,992位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
NHKで拝見した唐池さんが素晴らしかったので思わず購入いたしました。しかし本人直筆ではなくライターさんが聞き取って書いているのでなんだか他人事のようで本人の生の声という感じが伝わってきませんでした。重要な内容もNHKで放送された内容を脱せず、自慢話に終始している印象です。経営者としては素晴らしい方ですが、よい本を書くことはまた別問題ということでしょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んでいてワクワクさせられるものがあります。鉄道に興味のない人でも十二分に楽しめる内容です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読んでから大分(だいぶん)時間は経っているが、その時に思っていたことを。

確かにJR九州の経営手法は素晴らしいと思う。このレビューを書いた2か月前にはあの「ななつ星」を営業開始させたし、なにかと話題を振りまいてきたし。

そんな仕掛け人の一人である唐池社長の本ということで読んでみた。

言いたいことは分かるけど、なんか文章は面白くないなと個人的には感じた。経営哲学や手法についても述べていた。それらは鉄道以外の業種でも活かせるとは思うが、 『 文章はイマイチ 』 な感じだった記憶がある。

こんなこと言うと、ネガティブキャンペーンの様な感じがするからこの本へのレビューは控えようと思っていたが、読んだ当時の率直な感想を述べたくレビューした。

ただ、全く価値がない本なのかというと、そうでもないと思う。著者は相当な経営手腕を持つビジネスパーソン。何らかの参考になるものはあるはず。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告