Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 620

¥ 50の割引 (7%)

ポイント : 17pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[川村元気]の世界から猫が消えたなら
Kindle App Ad

世界から猫が消えたなら Kindle版

5つ星のうち 3.0 360件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 620
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 1

紙の本の長さ: 221ページ 世界から猫が消えたならと類似の本

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

僕は生きるために、

消すことを決めた。



今日もし突然、

チョコレートが消えたなら

電話が消えたなら

映画が消えたなら

時計が消えたなら

猫が消えたら

そして

僕が消えたなら



世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか

30歳郵便配達員。余命あとわずか。

陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。

僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――



消してみることで、価値が生まれる。

失うことで、大切さが分かる。

感動的、人生哲学エンタテインメント。


プリント版にはない、特別付録「SPECIAL PHOTOBOOK」付き。

内容(「BOOK」データベースより)

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 20613 KB
  • 紙の本の長さ: 221 ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2012/8/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BWF6YQQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 360件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,446位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
各種メディアで絶賛、本屋大賞候補、たくさんの作家さんが推薦… カバーのデザインも素敵、と中身以外は完璧です。あと、すごく読みやすい。最近あまり本を読む気になれなかったんですが、とりあえず数ページと思って読み始めたら、40分もかからずに読み終えてしまいました。あとがきには「これまでの古典の大作と同様、長くたくさんのひとに読まれる本となるだろう」 …え??

読んだ後で、各作家さんの絶賛コメントを読んでみたら、もしかしたら褒め殺しの類なのかもしれないな、と思いました(笑)

一般向けの小説ではないと思います。ケータイ小説、ライトノベルに近いものです。一般の小説、それも素晴らしい内容、と思って読むと最初の数ページで失望させられます。ある意味作者さんはかわいそう。中身に対するハードルをあげられすぎです。

内容に関しては、私にとって何も引っかかるものはありませんでした(母親や家族、命に関するくだりは、ありふれている内容すぎてなんら斬新さを覚えません。もう少し工夫がほしいです)が、あまり本を読まない人たちや、命について考えたくなる時期(それこそ両親が亡くなったり、病に伏したりしている人)に読めば、響くものがあるのかもしれません。奇想天外な設定やめちゃくちゃな前後関係は気にしないことだと思います。内容が破綻しているわけではないし、読め
...続きを読む ›
コメント 235人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
装丁の良さ、タイトルのセンス、本屋大賞その他の評判から読んでみましたが、本当にガッカリでした。

とにかく内容が薄っぺらく、文章に関しても表現力の乏しさ、登場人物その他の設定、全てにおいて稚拙。一昔前の携帯小説ってのを多少まともな文章にした程度の物です。

著者は映画プロデューサー?で本職の作家じゃないらしいので仕方ないかもしれませんが、映画やアニメのシナリオとして、それをプロがちゃんと焼き直してくれるなら良いのかも知れませんが、これをそのまま、はい小説ですと出されても困ります。

これが本屋大賞を取ってしまうあたり、各所の書評で高評価を得られてしまうあたり、日本人の白痴化が相当に進んでいるんじゃないかと心配してしまいます。

少なくとも、それなりに本を読み込んできた僕にとっては、中学生が書いた持ち込みの、小説をそのまま読まされたような不快感しか有りませんでした。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 表紙とタイトルに惹かれて読んだが面白くなかったのが正直な感想です。
序盤のアロハの悪魔が登場した時点で、かなり嫌な予感がした。嫌に世俗的で軽いノリのキャラに
"夢をかなえるゾウ"を思い出してしまった。著者は面白いと思っているだろう主人公と悪魔のやり取りが、
とにかく面白くもなく、無駄に長い。
 内容は末期の脳腫瘍になった主人公が、悪魔が指定したものをこの世界から消すことによって1日の延命を得られるが、
その消されたものを通して、今までの人生を考えるという物語。
 設定は中々面白いが、上記の悪魔のキャラ設定ともうひとつ致命的にこの小説を駄目にしているのが、文章の稚拙さが原因の
説得力の無さだと思う。この2つのせいで全く感情移入できなかった。比喩や形容の仕方が村上春樹を意識しているような表現が
多々あるが、村上春樹のような重厚感や説得力はなく、取ってつけたみたいな表現になってしまって余計に文章力の無さを感じた。
 唯一の救いは字数が少ないので、すぐに読めて時間の無駄が抑えられたことぐらいだろうか。
2 コメント 382人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 名無し 投稿日 2016/8/7
形式: 文庫
有名な作品だが読んだことがないので本屋で何となく購入。本自体の薄さもだが、内容も薄いように感じる。
純文学というには内容が稚拙で、ライトノベルというには中途半端。設定自体は面白いが、「世界から物を消す」という重大なことをしているのに、そこに関してなくなった世界がどう回っていくのかを書かないのはどうなのだろうか。たとえば序盤にケータイ電話を消すがそれがなくなったことによってケータイに関する仕事をしていた人はどうなったのか、などについて一切書かれることもなく、主人公が気にする様子もない。
淡々と話が進んでいくが、結局は中途半端。なぜここまで有名なのかが最後までわからない作品だった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover