通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
不透明な時代を見抜く「統計思考力」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

不透明な時代を見抜く「統計思考力」 単行本(ソフトカバー) – 2009/4/15

5つ星のうち 3.9 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 129
単行本(ソフトカバー), 2009/4/15
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 不透明な時代を見抜く「統計思考力」
  • +
  • 統計学が最強の学問である
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

その報道は真実か?
その解説は適切か?
その通説は正しいか?

多くの報道、通説、専門家による解説の多くが、正確なデータに基づいて書かれているものではありません。
ほとんどの人が元データに当たることなく、あるいは、データを正しく扱うことなく、言説だけが一人歩きしているのです。
けれども、的確な判断、対策のためには、現状を正しくとらえることが必要であり、そのためには、今起こっている事実をとらえなければなりません。
その事実の多くは、データすなわち、統計という形で、今や多くが公開されています。
すなわち、データを正しくとらえることができれば、誰でも評論家やジャーナリストに勝るとも劣らない「眼」をもつことができます。
そして、それは、この不透明な時代を生きるわたしたちの必須のスキルです。

本書では、数式を用いることなく、ウェブ上にある実際のデータを通して社会問題を考えていきます。
それぞれのトピックスの考察だけでも十分に価値あるものですが、さらに、その過程で、統計学の重要な部分が自然に理解できるように工夫されています。

第一章では、まず、元データに当たることの大切さを、出版、格差問題、環境問題など、
一般に関心の高いトピックスを検証しながら、解説します。一般的に言われていることが、
データを見てみると、必ずしも正しくないことに驚かされます。

第二章では、データを使った分析方法のうち、なじみの深い、正規分布や偏差値、相関等について、株価や成績など、
これも一般に関心の高いトピックスを用いて、理解していきます。

最後の第三章では、第一章と第二章で知った知識をもとに、さまざまなデータから、どんな未来が予測できるか、自分で考える方法を、人口問題をトピックスに考えます。

データという過去現在の数字を用いて、未来を予測するのは、
これからの時代を生き抜くビジネスパーソンに必須のスキルであり、
これからの社会をになうわたしたち一人ひとりに求められるものです。

*ディスカヴァー・トゥエンティワンのサイト内にて発売記念キャンペーンを実施中!

内容(「BOOK」データベースより)

その報道は真実か?その解説は適切か?その通説は正しいか?データを読めれば、「今」がわかる。明日に打つ手が見えてくる。『学力低下は錯覚である』の著者がおくるあなたの知らなかった世界の見え方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887596995
  • ISBN-13: 978-4887596993
  • 発売日: 2009/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 213,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ピカール 殿堂入りレビュアー 投稿日 2009/8/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
統計学を学んでいる人には普通の内容だと思われるが、自分で数字に強くないと思っている人にはおすすめできる。

印象深かったのは、「グラフを見て考えてから本文(記事)を読んでみる」ということ。
メディア報道や企業の報告では、本文を先に読んでグラフや数値データを見がちであるが、
それによって、先入観を持たされているかもしれない。
テレビの場合はいかんともし難いが、自分の考えと記事の論旨を比較するのは
統計思考を育てるうえで有効だと思う。

本書は、生活に身近なさまざまなデータを取り上げて、誤りに陥りやすい考え方を知り、
正しい見方を知るヒントがつかめる。データそのものの信頼性、予測可能性(不可能性)
についても一定の知識を得られるので、「分かりやすい統計」の本としては有益と感じた。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まず本書の主題は基本的な統計思考力を身につける。そのためには時事問題を事例に
とって非常に理解しやすい内容を提示しているということです。
基本は平均値や中央値(モード)、標準偏差から始まって、ブラックショールズの方程式、
カオス・フランクタル理論なども初歩的に解説しています。

一般的な統計学書は解かり易い解説をあまり書かずに、統計的な方程式を羅列して、
読む気すら奪うとんでもない本が数多く出版されていました。
それに比べて本書はあくまで統計学の初心者からどうやって統計に向かっていくかを
うまく示唆しています。
例えば巻末にある総務省統計局のホームページを紹介して、どうやってそれらのデータを
読み解いていくかを説明しています。

統計学の公式をどう解くかではなくてどうやって統計を読み解くかが本書のカギに
なっています。
それだけ現在の社会にとって統計的手法が重視されています。
巻末の参考文献も私自身何冊か読んでいてとても参考になるべきものがあります。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「データは議論のための共通言語」と考える著者による、データ分析の本。
著者は語ります、「データ分析が自力で考える際に協力な武器になる」と。

著者の伝授するコツは3つ。
データを先に見る。
誰かが解釈する前のデータを見る。
自分の仮説に反するデータも集める。

そして、データを分析する際の心構えを教えてくれます。
相関というのはあくまで対応関係を示したものであって、因果関係ではない。
それまで一度も起きたことがないということは、どんな分析手法を使っても予測できない。
一部だけを見て判断を下してはいけない。

自力で考えることの最大の敵は、自分はわかっているという過信。データ
分析をして、冷静に自分で考える大事さを教えてくれる本です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
われわれはいかに思いこみの世界に生きていることか。

統計(といっても難しいことではなく要はデータ)を正しく読んで思考することにより
そういった思いこみの呪縛から自らを解放させるすべが書いてあります。
実像を「見抜く」眼を養うための本です。

実は私はこの手のビジネス書・啓発本は好んで読んでいるのですが、
たいがいにおいて「がんばるゾ!」といったやる気、勇気はもらえるのですが、
じゃあ半年後、1年後、何が変わりましたかと言われれば、
たいした成長も見られないというのが正直なところでした……(自分のせいですが)。

この本は実際に役立ちそうです。
世界を見る眼を変え、ワンステージ高い位置に自分を引き上げてくれる本です。

ITスキル、金融知識、語学力、人によって大切な力はまちまちでしょうが、
本書で言う「統計思考力」という“第三の眼”は、
現代をよりよく生きるための必須の要件となるのではなかろうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「数式は使わない!」と、本書を執筆するにあたって誓った言葉の通り、ほとんど難しい数式は出てきません。なんとなくEXCELで統計したことがある、程度の自分にとって、とても分かりやすく感じられました。また、マスコミの「数字」を鵜呑みにするな、という著者の視点が、自分の価値観とマッチしていて、その点も良かったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー