中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

不良少年の夢 (知恵の森文庫) 文庫 – 2005/10/6

5つ星のうち 2.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「おまえらは、俺の夢だ!」
教育への信頼と希望を取り戻せる1冊。新原稿追加

全国から集まった高校中退者や不登校生と共に戦う、元不良だった教師の熱き挑戦! 家庭崩壊、高校追放、児童相談所から『里親』へ……札付きの不良少年に手を差し伸べてくれたのは、故郷から遠く離れた北海道の小さな私立高校だった。教師として母校に戻り、最初の担任クラスを卒業させるまでの奮闘と、熱き思いのその後。

内容(「BOOK」データベースより)

全国から集まった高校中退者や不登校生と共に戦う、元不良だった教師の熱き挑戦!家庭崩壊、高校追放、児童相談所から『里親』へ…札付きの不良少年に手を差し伸べてくれたのは、故郷から遠く離れた北海道の小さな私立高校だった。教師として母校に戻り、最初の担任クラスを卒業させるまでの奮闘と、熱き思いのその後。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 277ページ
  • 出版社: 光文社 (2005/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334783910
  • ISBN-13: 978-4334783914
  • 発売日: 2005/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 746,218位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
友人からの紹介で購読
10年前の書籍で、
取り寄せました。
友人は書籍に登場するような不良少年で
当時、共感し感動したそうです。

私は不良少年ではなく、
恵まれた環境で育ちましたが、
職務上
管理者、指導者の観点から入りました
年のせいか何度も目頭が熱くなります。

挫折、苦労をされたことがない方が読まれても、意味が理解できないかも知れません。

文節の端々にある表現は
努力した人、
強いストレスを消化した人しか分からない
閾値に至っているため、
背景が鮮明に浮き出てきます。

普段、洋書ばかり読む私に
この本をススメてくれた友人に感謝。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/3
形式: 文庫
長野の高校を退学(?)になった経緯が嘘くさい。
担任の頭に火をつけて燃やした?立派な傷害事件ですよね。
それなのに学校の下した処分は「進路変更処分」・・・え?
その理由が長野県は教育県なので県立高校で強制退学は前例がないから。ふーむ。でも、著者の行った高校は私立のはず。
なんかおかしい。
ヤンキー時代のエピソードの数々も、自分で足の爪をはいだとか
ヤクザにボコボコにされても黙って耐えたとかで、相手から一目おかれた
という繰り返し。
グレた理由が両親が離婚して義理の母だということ自体、いい年して甘ったれてるとしか思えないですね。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この人のやってる事ヤンキーというよりキチガイですよね?いくらヤンキーでもこれはちょっと嘘くさいですよ。真実はわかりませんがテレビで昔の友達でていましたがみんか公務員とかだったのもちょっと変。勝手な推測ですが仲間内でいばる自称ヤンキーだと推理します。しかし北星余市の活動は素直に感動したし義家さんもがんばっていると思いました。ヤンキーを売りにすんのは少し無理があるのでやめたほうがよいと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
別の方のレビューですでに書かれていますが、この本の内容はひたすら胡散臭いです。
不良少年時代を悔いるどころか、その過去を通して自分を飾り”悲劇のヒーロー”、
あるいは”正義の不良”に仕立てて酔っているようにしか見えませんでした。
かっこいい武勇伝と、情け無い責任転嫁と、自分の美化の繰り返しです。
ほんとに後悔してるならこんな飾った風に書けるはずがないと思える箇所がいくらもあります。
正直、自分の感情をわざわざカタカナで表現してあった場面は美しすぎて噴飯ものでしたw

これは余計かもしれませんが、元不良といった経歴を持つ人を評価する風潮自体どうかと思います。
不良から更正した人は立派ですが、黙々と真面目に歩いてきた人のほうが、ずっと立派で評価されるべきでしょう。
2 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告