残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
不眠の森を駆け抜けて (ラピュタBOOKシリーズ) がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

不眠の森を駆け抜けて (ラピュタBOOKシリーズ) 新書 – 2013/5/11

5つ星のうち3.8 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1,320
¥1,320 ¥500
無料配送: 10月29日 - 30日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
13 秒 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1950年代後半、若干23歳の脚本家の存在が日本映画界に衝撃を与えた。日本の映画人口が11億人のピークを迎えていた頃、突如現れた若き脚本家・白坂依志夫。少年のような風貌の脚本家が生み出す白熱する台詞に人々は圧倒され、そして困惑した―。新しい映画を求めた脚本界の寵児が、映画、父、夜遊び、結婚を当時の言葉で軽快に綴ったエッセイ集。

著者について

1932年、東京生まれ。中学時代からシナリオ・ライターである父・八住利雄の仕事を手伝い始める。成城学園高校に在学中より演劇活動に熱中。早稲田大学文学部を中退後、23歳という若さで大映多摩川撮影所と脚本家として契約。1957年、増村保造監督との『青空娘』『暖流』を発表し、それまでの日本映画のスタイルを一新するモダンで斬新な作風で、一躍、脚本界の寵児となる。以後、増村保造と数々の作品を発表。その他にも、自身が役者としても出演した須川栄三監督『野獣死すべし』(59)、岡本喜八監督『結婚のすべて』(58)等、幅広いジャンルの秀作が数多くある。

登録情報

  • 発売日 : 2013/5/11
  • 新書 : 516ページ
  • ISBN-10 : 4893938282
  • ISBN-13 : 978-4893938282
  • 出版社 : ふゅーじょんぷろだくと (2013/5/11)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
2 件のグローバル評価
星5つ
42%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
58%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年7月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年7月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告