通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少々のキズがありますが、その他は概ね良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

不死鳥の国・ニッポン 単行本 – 2013/11

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 693

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 不死鳥の国・ニッポン
  • +
  • 素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)
  • +
  • まだGHQの洗脳に縛られている日本人
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 88pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ギルバート,ケント
1984年~現在、株式会社青山エージェンシー代表取締役。2001年~現在、株式会社NR2代表取締役。2002年~現在、メラルーカ・オブ・ジャパン・インクエクゼクティブ・ディレクター。2010年~現在、ヴィ・ネットワーク・システムズ(株)代表取締役。2011年Stickam JAPAN!チーフストラジスト。2004~2006年帝京大学客員教授。1983年~現在、テレビ俳優。2005~2010年米国公益法人予防医学代替医療振興協会理事長

植田/剛彦
ジャーナリスト。1945年、甲府市生まれ。報知新聞社、国際ニュース『ニューストラック・ジャパン』編集長などに就任後、執筆活動に入る。海外に多くのパイプを持ち、海外取材や外国要人のインタビューを数多く手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 日新報道 (2013/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4817407646
  • ISBN-13: 978-4817407641
  • 発売日: 2013/11
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 336,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
本書は2013年10月25日発売とあって、時期的には中途半端に古い本です。ですから今まで敬遠
してきましたが、今回、意を決して読んでみました。・・・大変面白かったです。もっと早く買えば良かったと
死ぬほど後悔してしまいましたよ。 (^Д^)

さて、本書は二部構成になっており、第一部では、本書が出た当時は非常にタイムリーだった東日本
大震災を扱っています。本書の編集に携わったジャーナリストの植田剛彦(うえだたかひこ)氏の質問に
ギルバートさんが答えてゆくという形式になっています。

さすがに第一部は、話の中心が震災ですから、どこかで聞いた話がたくさん出てきます。それでもあの日、
ギルバートさんは何をしていたのか、その後、どのような活動をしていったのかなどは興味深く読めました。

本書の真骨頂はやはり第二部でしょう。ギルバートさんの生い立ちに絡めながら、我が国の歴史、特に幕末・
明治維新から大東亜戦争を経て戦後の大復興に力点を置いています。この第二部は、ギルバートさんの中に
流れている親日家とアメリカ人の血が喧々囂々と意見を戦わせた挙句に二律背反している箇所が何ヶ所かあって、
これがまたムチャクチャ面白かったです。

たとえば
...続きを読む ›
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ケントさんは日本滞在歴34年、
途中で帰国している事情も含めると37年だそうだ。

ケントさん曰く、
日本人は忘れやすい民族。
トルコの例を2つ挙げていたが、
100年以上も前のことだろうけれど、
トルコの船が沈没した時に日本人が助けたという。
トルコ人は100年以上も昔のことに対して、
未だに恩を忘れないでいるという。

これを読んで「そういえば、そんなことあったかもな」なんて、
僕は呑気に思ってしまった。
これは日本人がというより僕が忘れやすい性格なだけかも知れないが。

だから東日本大震災の時、
日本は台湾や米国・・・その他の国から支援を受けたことを、
深く深く認識して後世に伝える義務があると痛感した。

とくに台湾から頂いた支援金や物資について忘れてはならない。

ただ残念な点もあった。
日米が戦争したのは日本が真珠湾攻撃したからと書いてあったことだ。
ヘンリー・スコット・ストークスの本からケントさんが気にいった部分を引用しているが、
ヘンリー・スコット・ストークスは日米が戦争したのは米国が真珠湾攻撃するよう仕向けた、
というも
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ケメコ11 投稿日 2014/12/11
Amazonで購入
長年日本に住んでおられる外国人の中でも、ケント・ギルバートさんは真の親日家だと思います。彼のような人が世界に増えてくれれば色々な誤解もとけていくでしょう。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私たち以上に、日本の文化を愛し深い理解がある著者の、日本を応援してくれてる本だと思いました。大震災にあって、へこみそうだった時期も今も、ケントさんが本当に暖かい目で、日本を励まそうとする気持ちが、伝わってきます。日本人が案外気がつかないでいる、日本の長所、利点を、活き活きとした独自の視線でとらえた良書です。これを読んで元気をもらいました。おすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック