中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

不撓不屈 単行本 – 2002/6/20

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国税局に闘いを挑み、勝利した男
──その執念の軌跡を描く実録社会小説。

税理士飯塚毅は事あるごとに税務当局と理論闘争を続け、昭和37年10月には当局を相手に訴訟を起こす。メンツをつぶされた当局は税務調査で飯塚に嫌がらせを始め、“飯塚事件”を刑事問題にすべく、関与先法人に脅迫的な調査を続け、飯塚との顧問契約解消を迫る。ついに、四人の事務職員が逮捕された。飯塚と国家権力との抗争は泥沼化の様相を呈するが、飯塚は国会にまで戦線を広げ、国会審議において国税側は完敗。そして昭和45年、職員四名は無罪判決を受ける。たったひとり、国家権力に抗した男は不屈の精神力で勝利を勝ち取った──。

内容(「BOOK」データベースより)

税理士・飯塚毅は、国税当局の誤った法解釈に抗して訴訟を起こす。しかし、メンツを潰された当局は、顧客に嫌がらせの税務調査を開始し、顧問契約解消を迫ることで飯塚を“兵糧攻め”にする一方、マスコミへの情報操作で揺さぶりをかける。そして遂に脱税事件をでっち上げて事務所員を逮捕、当局の卑劣な攻撃はピークに達した―。国家権力に抗し勝利した男・飯塚毅(TKC会長)の生きざまを経済小説の旗手が描いた巨編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 432ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104547018
  • ISBN-13: 978-4104547012
  • 発売日: 2002/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
税収が不足している。だから、政府は、税収をあげるために、消費税率の引き上げを検討している。
だが、まってくれ。
税の徴収が、正しく行われているのか?
脱税をしてはいないか?
税の取り過ぎはないか?
納税者も、徴収者も、つねに正しくあらねばならぬ。
それなのに・・・。
TKC設立者の物語である。貧乏を絵に描いたような生活。苦学して、彼は税理士、経理士になる。主人公は、しかし、生き生きとしている。
老師に出会う。宗教との出会いである。彼のバックボーンは宗教なのではないか? 倫理観が培われていく。我々は宗教を失ったからなのか。うまく生きれないのは・・・。
鍛え上げた倫理観で、税務当局のいきすぎと戦う。
官僚支配を打破するとか、官僚の天下りを規制するとか、声高に叫ばれている。
しかし、税務職員の規制の話はきかない。天下り先を確保するための、税務調査の飴と鞭の実態。
税収が少ないいまだからこそ、正しく徴収しなければならない。なのに、恣意的に指導している税務職員。自分たちの天下り先の確保のために、日本の税収が減っているのだ。
税務職員が定年すると、税理士の資格が付与される。そのことが税収が不足している原因だとする・・・。
最後に、渡辺美智雄。離党勧告をちら
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AKIO 投稿日 2006/2/18
形式: 単行本
本については、前半のいかにも実際の現場を見てきたかのような描写に高杉良の真価を見た気がしますが、後半は裁判記録の引用等が多く少し読みづらい。

なお、本に関係ないが、飯塚毅氏が長男の真玄氏にTKCの社長を継がせたことは愚行だったのだろうか?

ちょっと調べてみたが、TKCの東証上場は社長が真玄氏に交代以後のようだし、真玄氏の社長就任後TKCは増収増益を続けています。

さらに、最近発売された文庫本に書き足されたエピローグを読んでみると、現社長、副社長は、自己保有する300万株のTKC株式を顧客に無償贈与するとのこと。

ご子息にも、飯塚毅氏の遺伝子は確実に引き継がれているように思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/12/22
形式: 単行本 Amazonで購入
TKCの飯塚会長の物語である。
国家権力と真実を争う飯塚会長の姿は、現代に住む我々から見れば神々しくさえ映る。
飯塚氏は会計事務所を経営しており、法に沿った形で顧客の節税、制度等を助言を行う役割である。ある時、飯塚氏が考案した「別段賞与」という制度に対して法解釈の上で国家権力側、国税庁と論を異にした。原因を紐解いてゆけば、飯塚氏の税務署等に対する税法解釈の稚拙さ等を記した論文が国家権力を刺激したものだった。国家権力は、飯塚会計事務所の顧客への立ち入り調査等で圧力をかける。
飯塚事務所を日干しにしてゆき、飯塚氏本人に対しては自己批判を強要する。
国民を守る為でなく、面子を守る為だけに権力が”市民”を追い込んでゆく一部始終が書かれている。
丁度今も国は国民の利益を無視して、権力者の利益を得る為に国民を窮地に落としこんでいる。そういうタイミングで書かれたこの本は、的を得た題材であったように思う。
ただし、著者は、実名で書かれる場合があるが、仮に実名で書いたとしても高杉良の作風を損なうものではなかった。
この小説に関しては、いささかこれまでと違和感を感じてしまった。
引用文が長すぎて、物語のスピードを損ねてしまっている。正確を期すための処置だったのかもしれないが、作風を損ねてしまったように思える。
高杉ファンとしてはかなり残念!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書で描かれる官憲(国税局)による個人弾圧は凡百のホラー小説
より遥かに怖い。田中真紀子氏もこうして官憲(外務省)に葬り去
られたのではと(田中氏嫌いの私が)思ったほど。その恐怖を味わ
うだけでも本書を読む価値がある。
ただ、他の方もすでに指摘されているように、引用の多さが物語の
勢いを殺いでおり、小説としての完成度は今一歩。また、主人公の
飯塚氏があまりに完全主義者で他人の過ちに容赦がなさ過ぎるのも、
弱い人間である私には引っかかるものがあった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
巨星墜つ、飯塚毅氏が11月23日に鬼籍に入られた。
この本を是非今の若い者に読んで貰いたい。
 
 現代の若い人の起こす犯罪をみると、何事につけ我慢する
ということ、歯を食いしばって努力するということが欠如し
しているように思える。
 この本は、税理士飯塚毅氏1個人が断固として法の正義を掲
げ、常識では考えられない過剰なそして執拗な嫌がらせを物と
もせず、強大な国家権力に1人果敢に立ち向かい、勝利するま
での不撓不屈な生き方の記録である。
 
 本の冒頭にもあるが、「この男ただ者ではない」男の生き様
をしっかり読んで貰いたい
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告