通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
不愉快なことには理由がある がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff3052
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

不愉快なことには理由がある 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/26

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572 ¥ 222
単行本(ソフトカバー), 2012/11/26
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 88

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 不愉快なことには理由がある
  • +
  • バカが多いのには理由がある
  • +
  • 言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
総額: ¥3,866
ポイントの合計: 172pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界の秘密はすべて解けてしまった――。
脳科学や遺伝学、行動経済学、ゲーム理論などの学問と融合し、急速に発展した現代の「進化論」の知見をベースに、政治・経済・社会・人生を論じたスリリングな批評集。

日本に強いリーダーがいない理由
領土問題が終わらない理由
貧富の差が広がる理由
いじめがなくならない理由
男と女がわかりあえない理由……etc.

表紙イラスト&帯コメントは、なんと『笑ゥせぇるすまん』(藤子不二雄A先生)の喪黒福造氏!

内容(「BOOK」データベースより)

週プレ発信ニッポンの真実を読む。最新の“進化論”の知見をベースにしたスリリングな社会批評集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/11/26)
  • ISBN-10: 4087806634
  • ISBN-13: 978-4087806632
  • 発売日: 2012/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 237,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
正月休みを利用して、一気読みしました。
週刊プレイボーイの連載をまとめたということで、その時期の政治状況を
思い出すような話が多く、当時から一向に日本社会がいい方向に行っていないな、
という感慨も起こさせます。
今回橘氏が色んな社会事象をさばくための包丁に使ったものは「進化心理学」。
なるほど、いつもどおり、すばらしい切れ味です。
私達は、脳がお猿さんなんだから、しょうがないよね、と思いながら、
それを自覚して、その知見を利用して、よりよい社会を作りたいと思わされますが、
最終的な正解は示されません(それぞれ自分で考えなさいってことですね)。
個人的に面白かった話は、
「音楽家になれるかどうかは親をみればわかる」(親の教育より遺伝がどれだけ子供に影響力を与えるか)
「あなたは”ゴミ”になれますか」(ホリエモンの偽メールをつかまされた議員のその後を私は知らなかったので、
けっこう衝撃的だった)
「『独裁者』はまた現れる」(阿久根市長の話の根が明快に語られる)
「アイリス・チャンが死んだ日」(南京大虐殺についての”不都合な国際常識”について。
私達は、もっと海外に自己についての正確な情報を発信すべきだと思った)
「いじめ自殺はな
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 馬に乗った水夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/3/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書第10章「いじめの進化論」に関して
 先日の大津市のいじめ自殺に関して加害者生徒への学校の対応を見ると,著者の言う「すべての中学を民営化して生徒の獲得を競わせると同時に,退学処分の権限を与えればいいのです。」という考えは,一読なるほどと思わされます。。
 しかし,義務教育期間である以上,「問題生徒」も教育を受けなければならないのです。(問題生徒が集まって学校が出来たら,その中で序列が出来,「いじめ」が起きるでしょう)この考えは「私立の場合,問題を起こすような生徒は退学させてしまうから,いじめは起こらない」という著者の考えから来るものなのでしょうが,しかしながら,退学になった生徒はどこへ行くのだと考えると,この考えは現実的とは言えないのではないでしょうか。
 「極論」は,「なるほど!」と思わせ,「そうだそうだ」と思うのですが,冷静になってじっくり考えると決して建設的ではないと分かります。
 ならば橘氏の議論は意味がないと言おうとしているかというとまったくそうではありません。建設的ではないかもしれず,実現するのは難しいかもしれないが,本質的な問い掛けが橘氏の議論にはあると思います。
 問題は,その本質的な考えや問い掛けに対して,現実的に対応する人間がなかなかいないということだと思うのです。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2013/1/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
万人受けするとは言い難く、
読んでいると救いがない本にも思えてくるものの、
でもいろいろな社会問題について、
物の見方の幅を広げるという意味ではおもしろい本なので、
興味のある方は読んでみてください。

政治、経済、社会、人生など、
マスコミなどでよく取り上げられている、
私たちに身近な話題やニュースについて、
おもしろい視点、切り口で解説されている。

ゲーム会社のコンプガチャが批判され、処罰されることになったのに、
コンプガチャより射幸心を煽る宝くじ法が改正され、
宝くじの最高賞金の上限が額面の250万倍にまで引き上げられたとか、
そういう指摘はわりにおもしろい。

救いがなくなってきて途中でイヤになってしまったら、
最後のエピローグを読むといい。
ほんのちょっとだけど不愉快な問題を解決する糸口が書かれている。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
橘氏の著作は久しぶりです。
「大震災の後で人生について語るということ」以来です。
(『日本人』は未読)

さて、プロローグを読んでいるときは、「出たよ、衒学ものだよ」と
思いました。進化論や心理学など、著者お得意の、経済学をコアとした
博覧強記の披露かと思いました。これが、一冊、あちこち話が飛んで
難し話が続くのかと・・。

でも、本編は、違いました。
新聞やメディアで出る、政治経済、社会、人々の暮らしなどを話題に、
氏独特の、合理的な視線と知識で、読み解いていきます。

と思っていたら、これは、週刊プレイボーイに連載?していた
エッセイを単行本にしたものでした。

本書に限らず、その博識と論理を武器に、世の中の現象分析しようとしている
姿勢の先にあるものは、何なんだろう、と思ってしまいます。
今回も、さまざまな話題をネタに批評をしましたが、その先には?

今回も謎でした。でも、氏の著作の中では、読みやすい評論だと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー