Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

このタイトルは現在ご購入いただけません。初めてKindle本をご購入される場合は、「コンテンツと端末の管理」の設定から1-Click設定をおこなってください。
[ルイス・キャロル, 福島 正実]の不思議の国のアリス (角川文庫)
Kindle App Ad

不思議の国のアリス (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

商品の説明

内容紹介

ある昼さがり、アリスが土手で遊んでいると、チョッキを着た兎が時計を取り出しながら急ぎ足に通り過ぎ、生け垣の下の穴にぴょんと飛び込みました。アリスも続いて飛び込むと……。この有名な出だしで始まる夢と幻想の世界のお話は、チェシャ猫、気ちがい帽子屋、三月兎、ハートの女王等、一癖あるものばかりが登場して、特に会話はイギリス人好みのユーモアにあふれている。6歳から60歳までの広範囲にわたる読者層を持つ世界児童文学の傑作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 665 KB
  • 紙の本の長さ: 186 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2000/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009TPQQNC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 105,703位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 SOHSA 投稿日 2015/2/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
奇想天外とはまさにこういうこと。当時の常識や良識を打ち破った画期的作品。それを受け入れた世間もすごい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ・・・ 投稿日 2009/6/25
形式: 文庫
この本はオリジナルにあった、冒頭の詩が入ってません。

それから挿絵ですが、40あったオリジナルと比べて10ちょっとしか
入っていません。特に、作中でグリフォンの姿を知りたければ
挿絵を見なさいとキャロルが指示するところが有りますよね?

文章ではそう訳されているにもかかわらず、そういう
挿絵は描かれずに飛ばされています。

何と言うか、雑な作りだなあと思います。
絵の雰囲気はヘタウマな感じで、結構アリなんですけどね・・。

訳については、訳者によれば、読みやすさを重視した、とのことです。

それもあり、他の本ならビッチリ解説するような
難解な言葉遊びのシーンとかが、読者の想像で補って次に進める、
みたいな作りだということは確かです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小恵 投稿日 2013/1/25
形式: Kindle版 Amazonで購入
さすが。なんせ福島さんですから。

ところで、何故に新潮のアリスと角川のアリスのレビューが同じ場所で語られているのでしょうね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学校低学年で覚える漢字以外はすべてルビを振っている版。 第一章「兎の穴に落ちる」 姉さんのそばにすわっていたアリス。 白兎が「やれ、やれ、おそくなっちゃうぞ!」 そして「下へ 下へ 下へ。いったい、どこまで落ちたら止まるのか」 不思議の世界に入っていく。訳福島正光、絵和田誠。訳者あとがきにも、ルビが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover