通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
不幸にする親―人生を奪われる子ども がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

不幸にする親―人生を奪われる子ども 単行本(ソフトカバー) – 2008/1/29

5つ星のうち 4.5 79件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 261
単行本(ソフトカバー), 2008/1/29
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 33

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 不幸にする親―人生を奪われる子ども
  • +
  • 毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)
  • +
  • 愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)
総額: ¥3,283
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人生を阻むトラウマ、それは「親の支配」!
不幸の連鎖を、あなたの世代で断ち切るために……。
全米で話題となった名著の邦訳、ついに登場!!
ロングセラー『毒になる親』(講談社+α文庫)の解決実践編!

「いつも損な役回りをしてしまう」「物事がなかなか決められない」「他人がうらやましくて仕方がない」……その正体は、子ども時代の心の傷。心を癒し、希望のある人生を切り開く方法を具体的にアドバイス!

<有害な親の8タイプ>
その1 かまいすぎて子どもを窒息させる親
その2 子どもの幸せを取り上げる親
その3 完全主義者の親
その4 カルトのような親
その5 支離滅裂な親
その6 常に自分の都合が優先する親
その7 身体的な虐待をする親
その8 責任を果たせない親

内容(「BOOK」データベースより)

「いつも損な役回りをしてしまう」「物事がなかなか決められない」「他人がうらやましくて仕方がない」…その正体は、子ども時代の心の傷。心を癒し、希望のある人生を切り開く方法を具体的にアドバイス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 278ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062144484
  • ISBN-13: 978-4062144483
  • 発売日: 2008/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,474位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「毒になる親」を読んで一年後にこの本を手にしました。
こう言った書物が必要なのはもやもやとした不確かなものが見つかるからです。もうこれからは探さなくていいからです。
「毒になる親」では”親を許さなくてもいい”という肯定が、深く絡みついた糸をほどくように心に効きました。
親が好きでいつも喜ばせたいとがんばってきたけど、ありのまんまの自分を受け入れてもらえない虚しさがありました。
大人になるほど敵か味方かで人を判断し、心をゆるした相手には高圧的に自分を尊重させるような不器用な人間になりました。

生きにくかった原因がわかるとパズルのピースを見つけたような安堵からか身近な兄弟に話して共感したくなりますが
たとえ兄弟でもやめたほうがいいようです。下手をすると彼らにとっても親なので反感を買ってしまいがちです。
同じ親に育てられながら兄弟たちは「人生のつまずき一切を親のせいにしてどうする」とまるで論点が合いませんでした。

この「不幸にする親」では子ども(自分自身)が産まれた時に両親に赤ん坊を手渡す医者がいうセリフに涙がこぼれました。
「あなた方は今後、この子の成長にとって唯一最大の影響を与えることになります。この子はあなた方とはちがう人間です。
あなた方が理解できないことを
...続きを読む ›
1 コメント 623人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 『毒になる親』よりも、整理的に書かれています。読みやすいのは、訳者の玉置さんの力もあると思います。
 自分の心の問題・家族の問題を分析し、解決のための方向性を探る人にとっては、これ以上ないテキストとなる本だと思います。
 自分は、この本を読んで、今まで自分の問題だと考えていたことが、実は自分の問題ではなく、家族の問題であったことがわかりました。
 また、以前から疑念を感じていた母親の言動の大本にあるものがわかり、母親との距離のとり方や、対処方法、の一助を得ることができました。
 自分はこの10年くらい、うつを抱えていたのですが、この本をよんでから、母親というストレスへの対処方法が分かったことと、心の底で渦巻いていた母親への疑念に、言葉が与えられたことにより、うつが再発しなくなりました。
 自分と同じような悩みを抱えられている人には、アダルトチルドレンの本と並んで、お勧めの本です。
コメント 442人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
昨年の初秋、仕事につまずいて軽く引き籠った時、この本を読んだ。
自分が「アダルト・チルドレン」であることを知り、関連書籍を読み漁るようになってから、
それに伴い、私は自分のことについてよく考えるようになった。
そうした流れで本書に出会った。

子供に対する親の虐待はよく聞くが、それは往々にして身体的・性的虐待である。
しかし、実体としては、精神的な虐待も多く、それは認知されにくい。
本書はそこに的を絞って書いた本である。

無自覚に精神的虐待をしてしまう親の思考回路と、
そうした親のもとで育てられた子供の症状が詳しく書かれている。

私は一読して、いや、読み始めから釘づけになったのであるが、かなりの衝撃を受けた。
本書はまるで私と亡き母の説明書のような内容だったからだ。
これによって、私は子供時代から悩まされてきた母の思考回路を理解するようになり、
元を辿るとそれはまた母の親から連綿と受け継がれてきたものであったことも分かり、覚醒した。
何だか生まれ変わったような清々しさを覚えたのであった。

本書の良い所は、機能不全家族の親子の説明に終わっていない所である。
そしたら、どうすればよいか。そこま
...続きを読む ›
コメント 316人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
主婦です。
私はもうかなり前から母親との関係が自分にとってネックでした。
母は兄優先でいつも兄を可愛がり、私は無償の愛を感じたことはあまり
なかったと思います。

娘が不登校になったことをきっかけに自分の母親との関係性に
ついても考えるようになり、こちらの本にたどりつきました。

読むのがしんどく、またすごくエネルギーがいる本でした。
何度も休んで読んで、を繰り返しました。

自分のしんどい部分にフォーカスしないといけない部分が
多々あり、この本に出会わなければ違う意味で楽だった
部分もあります。
でも読んで良かった、と心から思えます。
私を解放してくれたのですから。

この本を読んで思ったことは私の考えていたことが間違っていなかった
こと、親を心の中で捨ててもいいんだ、ということです。

毒親、という言葉がここ2、3年でよく聞かれるようになりましたが、
これは良い傾向だと思います。

以前なら親を敬って当たり前、親に感謝しないと罰があたる、
みたいな風潮がありましたから。

親っていうだけで偉そうにしたり、子供に言うことを聞
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー