Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 864
(税込)
ポイント : 180pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大川慎太郎]の不屈の棋士 (講談社現代新書)
Kindle App Ad

不屈の棋士 (講談社現代新書) Kindle版

5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 864
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907 ¥ 372

紙の本の長さ: 320ページ 不屈の棋士 (講談社現代新書)と類似の本

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

羽生善治は将棋ソフトより強いのか。渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは? 気鋭の観戦記者が、「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する棋士たちの「実像」に迫った。

内容(「BOOK」データベースより)

人工知能の「強手」を受けた棋士が繰り出す、局面打開の「勝負手」とは?約1000年もの間、日本人に親しまれてきた将棋。400年の歴史を有するプロ制度。由緒ある誇り高き天才集団は、はたしてこのまま将棋ソフトという新参者に屈してしまうのだろうか。劣勢に立たされ、窮地に追い込まれた彼らはいま、何を考え、どう対処し、どんな未来を描いているのか。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する11人の棋士たちの言葉は、人工知能の発達によってコンピュータに仕事を奪われかねない私たちに、新たな視点をもたらしてくれるはずだ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12203 KB
  • 紙の本の長さ: 192 ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/7/20)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IGPBZCW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,412位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この数年間は、人工知能によって進化したコンピュータ将棋ソフトが勝ち負けという点で人間を抜き去りつつある、歴史上一度きりの「瞬間」です。この「瞬間」にたまたま人間の頂点に立つ者として対峙することになった棋士たちが、どんな景色を見て、どんな決意でこの状況に立ち向かおうとしているかを、正面から描きだそうとした、とても潔い印象のあるインタビュー集です。
筆者も「棋士とソフトのどちらが強いのか」「棋士がソフトに勝てなくなった後、棋士の存在価値とは何か」という、下手に問いかければ禍根を残しそうな質問を、腹を括って正面から投げかけており、11人11様の答えを鮮やかに聴き取ることに成功しています。
勝ち負けという点では、チェスではすでにコンピュータに人間はまったく歯が立たない状態であり、将棋より状態空間が広い碁でも人工知能がトップ棋士を破りました。将棋も、数年以内に人間が人工知能にまったく勝てなくなるのは不可避でしょう。
11人の棋士は、立場や信条の違いは多様ですが、みな、勝ち負けの点で人間がいずれ人工知能に勝てなくなるという事実を正面から受け入れているように感じました。インタビューに応じた11人全員が、現実から目を反らすことのない潔く理知的な態度をとっていることに、改めて深い敬意を覚えました。
人工知能と棋士が対局すると、人工知能が勝つ、という勝ち負けの逆
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
人工知能(AI)技術を活用した<将棋ソフト>に関して11名のプロ棋士にインタビューした結果を纏めたもの。電王戦・叡王戦の最近の状況と良い、<アルファ碁>の出現と良い、タイムリーな企画だと思った。

将棋ファンなら誰しも聞きたいと願うのが、羽生・渡辺の見解だと思うが、著者も心得ていて、冒頭章でこの二人の見解を披露する。羽生は相変わらずの「我関せず」の達観した態度で、渡辺も相変わらずの「超現実主義」。言葉使い・姿勢は多少異なるが、両者共に、<将棋ソフト>の研究に時間を費やすのは無駄と考えている(プロ棋士同士の対局とは別物と割り切っている)上に、「詰みのあるなし」を調べる以外には、<将棋ソフト>の研究は自力で考える能力を殺ぐのでマイナスになると考えている点で一致していて面白い。本書中でも言及される、羽生が最新のAI技術を追ったNHKのドキュメンタリー番組を観ても、羽生は<将棋ソフト>そのものではなく、その背後にあるAI技術の方に関心を持っている様だ。

この他、<将棋ソフト>に詳しい棋士として、勝又、西尾、千田が登場するが、この中では千田の過激(!)な発想が目を惹く。また、<将棋ソフト>に負けた棋士として、山崎、村山(好対照)が登場するが
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
電王戦は将棋ソフトの強さをまざまざと見せつけている。
第二回、第三回とプロ棋士は負け越し、ファイナルではかろうじて勝ち越すが、事前貸し出しによるソフトの弱点さがしの賜物という面は否めなかった。
そして叡王とソフトの戦いも人間の二連敗であった。
この状況において、プロ棋士はソフトをどのように見ているのだろうか。
本書では、羽生・渡辺の二頭から、ソフトに好意的な棋士、批判的な棋士、またソフトと戦って敗れたことのある棋士などの多数のインタビューを収めている。

立場は異なっていても、それぞれの見方は一貫している。
各自の違いを生むのは、フェアネスに対する考え方、勝利の位置づけ、ある種の美学と現実との間のバランス感覚などと見えた。
ソフトとの共存の在り方、ソフト貸出しの妥当性、一般対局で評価値が出ることなどについては、棋士の間でも意見が分かれていた。
逆に立場は違えど棋士において共通している見方も多い。
ソフトと人間の対局は完全に異種格闘技であること、ソフト対策自体は対人戦にはあまり役に立たないこと、自分の頭で読むことの重要性などは共通認識に見えた。
A級棋士の三浦が破れたときに衝撃を覚えたという棋士が多いこと、対ソフト研究によってではなく完全な実力で勝ったのは電王戦中永瀬だけだと
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/7/20
形式: 新書
将棋記者の大川慎太郎氏がコンピュータ将棋をテーマに
11人の棋士に話を聴いたインタビュー集。
本の冒頭でまず将棋の歴史とコンピュータ将棋の歴史を20ページほどで振り返った後
各20ページ前後の11インタビューが続くが、

この本の特徴は、コンピュータ将棋へのスタンス別に棋士を章分けしていることで、
「最強棋士(羽生と渡辺明)」「コンピュータ将棋先駆者棋士」
「コンピュータに負けた棋士」「対戦を恐れていない棋士」
「コンピュータ将棋には背を向ける棋士」
と分けているのがたいへん珍しい。名前は内容紹介にあります。
立場上はっきり言えない人、コンピュータ将棋自体にかなり怒っているらしい人など、
その棋士によってまったく考えが違うので興味深い。

この本の良い所は、まず棋士の一回の答えが長いので読みやすいこと。
話すたびにそのつど名前が入るため、あまり頻繁すぎると多すぎて見にくいので。
またこの本は注が下ではなく横側にあるが、詳しいので参考になる。

珍しい立場別インタビュー集で必読の一冊。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す