¥3,888
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
不動産取引における 心理的瑕疵・環境瑕疵 対応のポ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

不動産取引における 心理的瑕疵・環境瑕疵 対応のポイント 単行本(ソフトカバー) – 2019/5/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/5/29
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 7,776

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本商品を2019/06/20(木) 23:59までにご購入いただくと、「会社四季報シリーズ ポイント還元クーポン」の特典が受けられます。商品注文時に、クーポンコードをメールにてお知らせします。クーポンコードをお届けするためにメールが送信されますので、ご了承の上ご購入ください。クーポンの使用期限は2019/07/06(土)23:59となります。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 不動産取引における 心理的瑕疵・環境瑕疵 対応のポイント
  • +
  • 不動産取引における 傾斜地・がけ地・擁壁の法律と実務
総額: ¥8,856
ポイントの合計: 89pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

事故物件の取引上の留意点が分かる!

不動産取引における心理的欠陥(事故物件)・環境的欠陥に関する裁判所の判断を、Q&Aと事例の形にとりまとめて解説した書籍です。
Q&Aで要点を解説し、事例でケースを紹介しながら、説明を加えました。

不動産が抱える心理的欠陥(事故物件)・環境的欠陥に対する売主・貸主・仲介業者の義務・責任を解説するとともに、欠陥への該当性を判断した裁判例を紹介しています。

債権法改正が与える影響についても検討・解説しています。

不動産取引に精通した弁護士が執筆しています。


出版社より

は し が き

本書は、不動産取引における心理的瑕疵と環境瑕疵に関する裁判所の判断を、Q&Aと事例の形にとりまとめて解説した書籍です。Q&Aで要点を解説し、事例でケースを紹介しながら、説明を加えました。

さて、住まいが心穏やかな居場所であることは、人の営みの前提であり、また、それ自体が生きる目的でもあります。心の穏やかさを得るためには、住まいに物的に安全で暮らしの利便性が確保されているだけでは不十分です。嫌悪感を生じさせるような心理的な要因が存在したり、不快さを感じさせる周辺環境に囲まれているような状況が存在しないことも必要となります。

最近では、嫌悪感を生じさせる歴史的背景が問題とされることが多くなっています。この代表的な事象が室内での自殺です。自殺のあった部屋については、その後ある程度の期間が経過するまではそこで住むことに嫌悪感が生じることから、売買や賃貸借にあたって、自殺のあったことが説明義務や善管注意義務の対象となるかどうかが問題とされています。

もっとも、法律的な観点からみれば、住居に対する主観的な嫌悪感にそのまま保護が与えられるものではありません。一般的に嫌悪感を抱き得る状況が生じて初めて法的な保護を受けることができます。自殺があっても、どれだけの期間、どれだけの範囲に嫌悪感が残ると感じるのが一般的なのかは、裁判所の判断を確かめなければ、確定することができません。本書では、現在までに知り得る事例を網羅的に集めて分析しました。

同様に、住まいの住み心地には、暮らしを取り巻く環境も大きな影響を及ぼします。暮らしを取り巻く環境としては、日照や眺望、騒音・振動・悪臭、近隣に不快感を生じさせる施設や暴力団事務所が存在することなどが想定されますが、いずれも不動産との関係でみると、不動産の所有者がそのあり方を決めることができない所与の条件です。不動産取引では、これらの環境に関する事項に欠陥があり、取引当事者の期待に沿っていなかったことで売主や賃貸人の責任が問われることが少なくないので、本書においてもできる限り多くの項目を取り上げて、環境の欠陥について、検討を加えました。

また、平成29年法律第44号により民法が改正されました。この改正により、2020年4月1日から、「瑕疵担保責任」という概念が撤廃され「契約不適合責任」として取り扱われることになります。詳しくは本文内(Q3)で解説をしますが、不動産取引に関わるにあたっては、このことによる実務の影響についても考えておくべきです。

なお、本書では、不動産取引と死の関係を取り扱っていますが、死をその態様によって評価をすることは、人としてあるべき姿ではありません。人が亡くなることは、どのような亡くなり方であっても、誰もがこれを尊び、素直に受け入れる必要があります。また、遺族の気持ちを考えれば、軽率な行動も厳に慎まなければなりません。

本書が、心穏やかな暮らしと、人の死への敬いの気持ちの両方が確保されるための社会にしていくための一助となるならば、望外の幸せです。

令和元年5月 弁護士 渡 辺 晋


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 294ページ
  • 出版社: 新日本法規出版 (2019/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788285789
  • ISBN-13: 978-4788285781
  • 発売日: 2019/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.9 x 1.7 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,038位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう