この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

不動産バブル崩壊で消える会社・残る会社 単行本(ソフトカバー) – 2009/1/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

◆次に消える不動産会社は? 倒産の連鎖はどこまで続く?
◆安心して付き合える会社・避けたい会社かをどう見分ける?
◆2009年、元祖バブル崩壊の規模を超える惨状が待ち受けている!?
◆不動産業界が再び復活するまでのシナリオは?
不動産業界は未曾有の危機に直面している。一戸建てやマンションは売れず、オフィスでも空室が目立つようになり、頼みの金融機関は国際的な金融危機のなかで貸し渋りを強めている。2008年に入って、不動産関連の経営破綻が相次ぎ、業界関係者だけではなく、マイホーム購入希望者などの間でも比較的名前の知られたマンション分譲の中堅どころが、次々と倒れている。
この深刻な事態は一朝一夕に解決できるものではないだろうし、市場が回復して平静さを取り戻すまでには、少なくとも2年はかかるはずだし、再び成長軌道に乗るには、さらに時間がかかるだろう。それまでの間、どうすればいいのか。内部にいる人はもとより、外部の何らかの利害関係者はそれなりの対応策を考えておかなければならない。
本書は、改めていまの事態がどのように深刻な事態なのか、なぜそうなってしまったのか、それを克服する策はあるのか、果たして今後どうなっていくのか――とった点をさまざまな視点から検証。業界内に身を置く人はもちろん、これから就職を考えている人、さらに不動産売買などビジネスに関わる人は必ず読んでおくべき内容の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

いま現在、不動産業界はいかに深刻な事態に陥っているのか、なぜそうなってしまったのか、それを克服する策はあるのか、果たして今後どうなっていくのか―。業界内に身を置く人はもちろん、これから就職を考えている人、さらに不動産売買などビジネスに関わる人は必ず読んでおくべき一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: ぱる出版 (2009/1/6)
  • ISBN-10: 4827204578
  • ISBN-13: 978-4827204575
  • 発売日: 2009/1/6
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,498,537位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。galaxy s7