通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。中古品ですので表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて発送いたします。店舗併売のため、売り切れの際はご了承くださいませ。 185665
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

不倫の恋も恋は恋〈2〉 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2004/6

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 不倫の恋も恋は恋〈2〉 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 不倫の恋も恋は恋 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 不倫幸福論 (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,523
ポイントの合計: 28pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

世間の誤解を解くために恋愛論の第一人者である著者が書き綴った「究極の恋であるべき不倫」とは?「妊娠」「プライド」「離婚」など、不倫にまつわる事柄を鋭く綴る「不倫の解説書」。

内容(「BOOK」データベースより)

不倫は「不潔」でもなければ「お手軽」でもない。たくさんの努力と忍耐を必要とする究極の純愛なのだ―。世間の不倫に対する誤解を解くために、恋愛論の第一人者である著者が綴った、禁断の恋の解説書。「不倫をすると、寛容になる」「いい女は不倫の恋の果てには99%別れが待っているということを自覚している」など、胸を刺す名言ばかり。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 187ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/06)
  • ISBN-10: 4344405250
  • ISBN-13: 978-4344405257
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,669位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
そろそろ「純愛」なる言葉から女性たちは卒業すべきだと思う。
本当に純粋なものなら、我慢なんて必要なく突っ走っているか、我慢を自覚するような状況に陥ることなく相手の役に立っている歓びに満たされているのでは。
今純愛と呼ばれているものは所詮は自分の欲に立脚した訴求行為に過ぎない。
そこから得られる満たされる思いと欲を遠ざける事ができない弱さによる紆余曲折が不倫であって、純愛なるものではなく欲でしかない。
どうしても純愛と呼ぶものを定義づけるとしたら、それに相応しいのは無償の愛だけだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は正直不倫に憧れていました。
というのも、二人だけのヒミツを共有できたり
普通のカップルのように束縛のし過ぎが問題にならなくて
良いと思ったから。
でもこの本を読んで「不倫は実はそう甘いものなんかじゃない」
ってことが読み進めていくにつれて痛感できます。
生半可な気持ちで不倫なんてするものじゃないことが分かります。
最近の風潮では「不倫も恋の一種☆楽しみましょう♪」的なものがありますが
この流れにのまれては自分自身も相手も相手の家族も傷つけてしまうなと感じました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちぇる 投稿日 2014/12/8
形式: 文庫 Amazonで購入
世の中には順調に恋愛して結婚して家族を作ってといったケースがほとんどなのかと思ってましたが、必ずしもそうとは限らないものなんだと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック