下弦の月 ラスト・クォーター [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 グラシエース
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 美品。特筆する問題ありません。 【International Shipping Available.全世界配送可能】 当店は必ず配送を追跡可能です。 「プライム」ですのでスグに届きます。 365日24時間営業のアマゾン配送センターから素早く配達されます。 ◇ご注文確定前にご登録のEメールアドレスの有効無効のご確認と、 ご住所が『今ご希望する配送先』になっているか今一度必ずお確かめください。 コンビニ受け取りOK,代引き・コンビニ・電子マネー決済など自由に選べます。 ご注文後も安心のアマゾンカスタマーサービスで問合せ、返品対応など、 丁寧かつ細やかな対応を約束します。 【!】過度に神経質な方や キャンセルや返品を繰り返している方は、ご注文をお控え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

下弦の月 ラスト・クォーター [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,880
価格: ¥ 2,580 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 300 (10%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、sakura-factoryが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,580より 中古品の出品:11¥ 177より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 栗山千明, 成宮寛貴, HYDE, 黒川智花, 落合扶樹
  • 監督: 二階健
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2007/01/27
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000K4WTNW
  • JAN: 4988105052000
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 196,633位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

矢沢あい原作による同名コミックを、栗山千明ら人気俳優の共演で映画化したラブミステリー。19年に1度だけ起こる“下弦の月”という奇跡を巡り、若い男女の想いを描き出していく。“邦画マル得キャンペーン”。

内容(「Oricon」データベースより)

2004年秋に劇場公開された「下弦の月 ラスト・クォーター」を映像商品化。矢沢あい原作の大人気コミックを元に“下弦の月”の奇跡が織りなす悲しいラブストーリーを描く。栗山千明、成宮寛貴ほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

原作とは違うラストに感動!
アダム(HYDE)の出番はあまり少ないけれど知己役の成宮君の活躍に注目っす!!
主題歌であるTHE CAPE STORMSは下弦の月の世界観にかなりマッチしてると思うよこれは泣ける映画だぁAmazonさんティッシュ追加よろしく
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
男の浮気と家庭不和であっちの世界に飛び込みたい娘と、それを救いたい当の浮気した男と仲間たちのストーリー。動機が何とも軽いのと、19年前の話や下弦の月の意味合いといまひとつ繋がり感が薄いのがちょっと惜しい。黒川智花演じる蛍が栗山千明演じる美月と同時期に事故にあい、先に回復した蛍だけにまだ生死の境をさまよう美月の姿が見えるのだが、蛍がそもそも事故に合わなかったら、またはその場ですぐに命を失っていたら、美月は誰も助けられなかったはずで、ある意味これは蛍の主演作ともいえる。栗山と成宮寛貴は好演であり、また緒形拳が圧倒的な迫力で場面をさらうが、ポイントとなる黒川にもう少し情感がほしかったなあ。HYDEはご愛敬(笑)。全体的にいくつか不満はあるが、それを救ったのはこの幻をサイバーチックに魅せた横浜みなとみらいの夜景だろう。もともと松竹は横浜(大歌舞伎)・大船(映画)と縁が深い会社なので、邦画メジャ−社では比較的ロケ地としての使用度が高いが、本作では特に人工度合の高いみなとみらいがシーンにハマっていた。このサイバーパンク感がなかったら本作はダメ作品になっていたはずだ。おそらく山手洋館がモチーフの廃墟(実は御殿場)も横浜らしかったし。観て損はない一本である。ところであの猫は蛍のもとに帰れたのだろうか。それだけが気がかりだ(笑)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告