中古品:
¥ 5,630
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外箱の角に多少のつぶれがありますがそれ以外は状態良好です。盤面綺麗です。国内正規品です(レンタル商品ではありません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

下北サンデーズ DVD-BOX

5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 29,980より 中古品の出品:19¥ 5,201より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上戸彩, 佐々木蔵之介, 佐田真由美, 大島美幸, 竹山隆範
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2006/12/22
  • 時間: 450 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000I8ONAM
  • EAN: 4582131183235
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 71,310位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

■三大クリエーター(石田衣良、堤幸彦、藤井フミヤ)が結集して手がける"夢"を語る良質のドラマ!
■ヒットメーカー、堤幸彦作品!
■スタイリッシュな作品作りで高い評価を獲得!
◆上戸彩主演! 【話組み】 下北サンデーズ vol.1 (旗上げ)「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?/ビバリーシモキタ高校白書
下北サンデーズ vol.2 仁義なき戦い~下北女優戦争/世界はサンボを座長と呼ぶんだぜ!
下北サンデーズ vol.3 下北キャンディキャンディ!/ブルマなゆいかが下北を回す!
下北サンデーズ vol.4 僕ら薔薇薔薇…という感じ?/サルたちのシモキタザワ
下北サンデーズ vol.5 アナーキー・イン・ザ・サンデーズ~下北沢をぶっとばせ!
【スタッフ】 原作 : 石田衣良
原案/演出: 堤幸彦
原案協力/主題歌: 藤井フミヤ
脚本: 河原 雅彦 他
音楽: 屋敷豪太 【キャスト】 上戸 彩
佐々木蔵之介
佐田真由美
大島美幸
竹山隆範(カンニング)
藤井フミヤ 【ストーリー】 サラリーマンの平均年収約439万と言われる昨今。学校を出て普通の大企業に就職した人たちと、小さな劇団で芝居をする人たちの間には、生涯賃金で1億円以上の差がつくらしい。ならば、その1億円を、すべて演劇人生に賭けてド貧乏生活を送る(つまり、将来を棒にふって生きる)とは何たる贅沢ー!?
演劇の聖地・下北沢で、バイト明け暮れ、パンの耳とラーメンの替え玉を主食にして講演を続ける劇団「下北サンデーズ」。そんな彼らに出会ってしまった大学一年生・里中ゆいか。国立千葉大学進学のために上京してきた山梨の老舗旅館の一人娘・ゆいかは、将来の夢も、目標も、希望もないまま、大学生活を始めようとしていた。サンデーズのゲリラPRを偶然目にしたゆいかは、彼らのエネルギーに惹かれるように下北沢へ・・・。初めて行った下北沢。初めて見た小劇団。初めて知った"熱く生きる"ビンボーな人々。ゆいかの何かが、衝撃的に変わろうとしていたー。 ※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございますのでご了承下さい。



Amazonレビュー

   内向的な女子大生・里中ゆいか(上戸彩)が、下北沢をベースとする弱小劇団・下北サンデーズと出会い、大きな感銘を受ける。サンデーズの一員となったゆいかは、貧しいながらも夢と希望を信じて生きるように…。
   『池袋ウエストゲートパーク』の原作・監督コンビである石田衣良と堤幸彦が再び組んだTVシリーズであり、あえて下北沢の小劇団という、不遇な集団にスポットを当てたのが斬新と言える。ただし当初の予定より放映話数が短縮されたためか、ゆいかの加入によりサンデーズが活気づき、ピークへと上り詰めるプロセスが早急すぎる感じは否めない。
   出演者の中では、ヘアスタイルを河童状にした上戸彩が、明るく元気にゆいかを演じて好印象。サンデーズの面々は、個性的なメンバーをそろえているが、お笑い系キャストの存在感が大きすぎるきらいも。それよりも、サンデーズとゆいかを見守る古田新太、北村総一朗、謎の牛乳おじさんに扮した藤井フミヤらが、その来し方をにじませた味わいを感じさせ、はつらつたる上戸と快適なアンサンブルを見せてくれる。ぜひとも続編を期待したい、好シリーズである。(斉藤守彦)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

とても面白かった。今クールの一番のドラマと言っても過言ではないだろう。それだけに最終話が一週繰り上がったことがとても悔やまれる。もう一話あればもっと素晴らしい最終話ができたのにと思ってしまう。

 上戸彩をはじめとして下北サンデーズの面々はみんな良かった。毎回やる舞台は本当にやっていたら行ってみたいと思えるものばかりだった。特にスズナリ公演の作品はとても素晴らしいと思った。

 とても面白いので是非みてみてください。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 私はこのドラマ,仕事が忙しくテレビでは見ていませんでした。しかし低視聴率で,9回で打ち切りになったと聞いて,これは是非ともDVDを購入しなければ,という気になりました。というのも,私のこれまでの(乏しい)経験では,低視聴率のドラマにかぎって内容が充実していることが多く(たとえばDVD化すらなされていない「殴る女」など),今回もきっと,俗人うけしない,しかし丁寧に作られたドラマに違いないという期待がふくらんだわけです。
 結果は,大正解でした。小さな劇団をとりまく,濃密な人間模様が,あるときはシュールに,あるときは腹の皮がよじれるほどの笑いを提供しながら上手に描かれていて,「さすが低視聴率だけのことはある!(?)」と,十分満足しました。それにしても,上戸彩の演技。わざと,ど素人の演技をしてみせたり,布団からお尻をはみだしたまま,しばらくずーっと動かなかったり。本人も心底楽しんで演技をしていることが,よく伝わってきました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
視聴率は低迷しましたが、私にとってコレまでに見たドラマで最高の作品でした。低迷したのはひとえに放送時間帯が悪かったのではないかと思います。

正直、裏番組が渡鬼はさすがに厳しいです。

毎回ラストのゆいかの言葉は心に響く内容ばかりでした。

絶対に損はさせない内容だと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第1話の終盤、「レッドカード!!」から「うん、いい笑顔だ。」までのゆいかと下馬の件で、視聴者として「一生ついていきます」気になったドラマです。

恐ろしくテアカのついたゆいかの一発ギャグに笑い転げる同級生の約束事も、一見ベタなようでいて、毎回エスカレートするリアクションがついに空中浮遊にまで到達する小気味良さ。キャストのみなさんも楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。

「鹿男あをによし」でもそうでしたが、作り手の思い入れがある分、ちょっとクセはあるけど中身の濃いドラマが何故受け入れられないのでしょうか?
な〜んにも考えなくても本能的に楽しめるモノや、イケメン目当てばかりだとバカになります。

たとえ低視聴率で打切りになろうとも、このドラマは立派な作品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「金なんか望むな。幸せだけを見ろ」

これは、倉本聡氏脚本の北の国からの最終話で五郎さんが自分の子供や孫にあてた遺言書の言葉です。

今の時代、笑ってしまいそうなくらい実感の湧かない言葉ではありますが、2002年に北の国から打ち切りを局から宣告された倉本さんが必死で視聴者に問いかけた最後の言葉だと、私の中では強く刻み込まれた言葉です。

ですが、私は随分と忘れていました。この言葉を、このドラマを見るまで。

下手すると、小ネタ、小ギャグにばかり目がいってしまいそうですが、その根底にドカッと横たわる「愛」。金や名誉などに揺ぎ無い「愛」。その「愛」が切実にヒリヒリと見ている人の心に訴えかけてきます。

21世紀の「北の国から」と言ってしまっては怒られそうですが、私には「北の国から」の後継ドラマとしか思えない、すばらしい番組です。

ネタ的には年配しか受けなさそうですが、是非若い人に見てもらいたい。

既に書かれている方もいらっしゃいますが、あのスズナリ公演のお話。私テレビの前で号泣でした。テレビドラマで泣いたのって初めてです。

上戸彩さんが素晴らしい。日本を代表する女優になる日も遠くない気がします。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
石田衣良原作、堤幸彦総監督というヒットメイカーが強力タッグを組んで見事低視聴率打ち切りの憂き目にあった伝説のドラマ。初回からみのすけ、ケラリーノサンドロビッチがゲスト出演など、ゴールデンタイムのお茶の間で分かるはずもないナゴムネタを大々的に挿入するなど、かなりマニアックな小ネタが満載で、ごく少数のサブカル好きには楽しくてたまらない作品に仕上がっている。実際、低視聴率にもかかわらず、レビューは高評価なのがそれを物語っているだろう。劇団員のメンバーも大人数にもかかわらずキャラが描ききれているし、貧乏劇団がどのように有名劇団になっていくのかといった小劇団サクセスハウトゥー的要素も目新しい。ただ、どう考えてもゴールデン向けではない。金曜ナイトドラマ枠で放送すればもう少しなんとかなったはず。見始めれば面白い作品なので実に残念。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック