通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
下北サンデーズ (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

下北サンデーズ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2008/8

5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 下北サンデーズ (幻冬舎文庫)
  • +
  • REVERSE リバース (集英社文庫)
総額: ¥1,243
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

10年以上低迷中の超ビンボー劇団「下北サンデーズ」に現れた、偏差値78の美少女・里中ゆいか。世間知らず&超ド素人のゆいかが、サンデーズの運命を(ナゼか)変えてゆく!!原作小説とも、テレビドラマとも違う、下北的青春群像劇、いよいよ幕開け!
「サンデーズとコミックスで会える。みんな元気なのが、とってもうれしい。」——石田衣良 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

弱小劇団「下北サンデーズ」の門を叩いた里中ゆいか。壮絶に貧乏で情熱的かつ変態的な世界に圧倒されつつも、次第に女優としての才能を開花させていく。やがて下北サンデーズにも追い風が吹き始め、徐々にその知名度を上げていくが、思わぬトラブルも続発することに。演劇の聖地・下北沢を舞台に夢を懸けて奮闘する男女を描く青春グラフィティ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 293ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344411633
  • ISBN-13: 978-4344411630
  • 発売日: 2008/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 87,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
どうして下北を舞台にするだけで、この独特の雰囲気が出るんだう?

辻さんの小説でもそうでした。貧しくて、でもエネルギーに溢れていて、少しだけ希望が見える街。

映画化もされたこの小説は下北の中でもストレートに下北らしさを出したものでしょう。

ゆいかという一人の少女がきっかけで、小さな小さな劇団がトップ劇団へと駆け上がっていく。

アメリカンドリームでも、大きなドリームでもないけれど、どこか日常にありそうな物語が元気をくれる作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
珍しく情景描写がくどくなく、情熱的でした。
小劇場を知っている人や、下北沢を知っている人には特に楽しめるお話だと思います。
久しぶりに興奮して読んだ本でした。
ページを繰る手が止まらなかった。
冷静になれば「そうかなるなぁー?」と思う部分もあるけど、
それをふっ飛ばすぐらい楽しかった。
サンデーズとともに笑って泣いての数日間でした。

ちなみにドラマとは全然違うと思った方がいいかも。
あんなふざけた雰囲気の話ではないです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なんの捻りもない、直球そのままな本である。

10年下積みが続いてる劇団に新人の女の子が入ってきて、メジャーに駆け上がっていく過程と葛藤の物語。

頑張ってさえいれば、成功する、というものじゃない。

じゃぁ、成功するためには、何をしたらいいのだろうか。

「頑張り」+「???」=成功するには、きっと「風」が吹く。

でも頑張ってないと、そのチャンスさえも訪れてこない。

だから、頑張る。

とにかく、裏もひねりも無く、素直っていえば本当に素直な本。

最近めずらしいかもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かぼかぼこ VINE メンバー 投稿日 2007/2/9
形式: 単行本
昔、下北沢の近くに住んでいたので読んでいて思わず懐かしくなりました。下北沢には本当に劇団がたくさんあります。話の中ではそのなかの一つの劇団員の話。下北沢ってなぜか夢を追える街だし、いい設定だなと思いました。下北沢のよさも伝わってきてよかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
青春サクセスストーリーなのだけど、ビターな部分もあって面白い作品だった。
サンデーズのメンバーのその後があ気になるので続編が読みたくなる作品だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この小説に出て来るすべての演劇人が愛しくてたまりません。そして彼らが棒に振るかもしれない未来にも屈せずにかけれ演劇の世界が愛しくてたまりません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
貧しくてお金もないけれど、夢を追い続ける人たち。そしてその夢が少しずつ
かなっていく・・・。手に入れたものは大きいけれど、反面失ったものも大き
かったと思う。だが、彼らはまだまだ夢を追い求めていく。明るく、楽しく、
そして「下北サンデーズ」の団員たちも個性豊かに描かれていて、読んでいて
心地よかった。ただ、彼らがどんな演技をしたのか、もう少し公演についての
詳しい描写がほしかった
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
石田先生としては、珍しく舞台の話でした。主人公がとても普通の女の子なのですが、劇団の少し変わった登場人物との関わり、劇団のサクセスストーリー、舞台自体の表現がお芝居を観ているようで、楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
下北沢の下積10年弱小劇団がメジャーにのしあがっていく過程を描いたドタバタ・コメディー。笑いあり、涙あり、明日を生きていこうという希望あり、心温まる小説。売れず飛ばずの個性豊かな劇団員がメジャーになっていく過程で、浮かれたり、喧嘩したり、恋したり、最後は結束して、それぞれの人生を生きていく姿が清々しい。

古くは「蒲田行進曲」みたいな名作があるけれど、石田衣良が「下北沢の劇団」を題材に選んだ時点で本作の成功があった。文学性うんぬんの批評があるけど、コメディーとして面白ければそれでいいんじゃないかな…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今度は、下北沢を舞台にした青春小説。
池袋や秋葉原をはじめとして、石田さんは「街に対するこだわり」みたいなものがあるのでしょうか?

内容は、弱小劇団「下北サンデーズ」で繰り広げられる人間模様なのですが、主な登場人物が役者なので、キャラクタが確立していて、わかりやすい。
実在の劇場や劇団、役者の名前をもじって使っているのもシャレが効いている。
読んでいて、笑ってしまいました。
下北沢の小劇場って、いいですよね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック