Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400

¥ 112の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[桜井信一]の下剋上受験 両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!
Kindle App Ad

下剋上受験 両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した! Kindle版

5つ星のうち 4.2 103件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400

紙の本の長さ: 352ページ

商品の説明

内容紹介

目指せ桜蔭!
中学受験ブログ人気No.1著者の書き下ろし

塾なしで偏差値41から70へ
全受験生の親必読の感動ノンフィクション!

昼はガテン系仕事、夜は娘と勉強、そして朝まで娘のための予習…。
わが子に全てを捧げた父親の壮絶記録

中卒の父と、偏差値41の娘が、進学塾にも行かず、2人で桜蔭中学を目指す―。
話が無茶苦茶すぎて信じてもらえないかもしれません。でもこのお話はすべて真実なのです。そして今、私たち父娘は思うのです。
この挑戦が決して無謀ではなかったことに。そして、届かない夢ではなかったことに…。

内容(「BOOK」データベースより)

目指せ桜蔭!昼はガテン系仕事、夜は娘と猛勉強、そして朝まで娘のための予習…わが子に全てを捧げた父親の壮絶記録。中学受験ブログ人気NO.1著者の書き下ろし。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 16861 KB
  • 紙の本の長さ: 262 ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2014/7/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00URFMFJ2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 103件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 38,273位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
下剋上受験のドラマをみてから改めて原作を読んでみたいと思いました。
我が家も中学受験をし、今春から希望の学校へいきますが、親として非常に共感出来ました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ふつうの進学塾にかよいながらの中学受験も大変だということは、子供の友達を見ていて感じましたが、すべて親がやるとなると、その大変さはどれだけだろうと思います。色々なことを教えられた本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
もうだいぶ前になる中学受験時代を思い出しながら、一気に読破しました。
正に命を削るような迫力感、娘を思う父親の気持ちには圧倒されます。
終盤に出てくる学力と同時に必要な性格の話は非常に示唆に富み、佳織さんが最後に発した言葉には鳥肌が立ちます。
中学受験の是非や、親の関与の度合いについて色々な意見があると思いますが、こうした真理を得られるかどうかが大事なのだと感じました。
ドラマはバランスが良かったですが、原作の方がより"狂気"が伝わります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 n ryo 投稿日 2017/2/27
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
モチベアップには良い( ・∇・)です。
筆者は中卒とはいえ頭よい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tam 投稿日 2016/6/1
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は書籍の編集をしている者ですが、この原稿がライターの手によるものとは思えません。どんなに綿密な取材をして、気概のある編集者が推敲を重ねても、こういう独特の文体にはなりません。もちろん編集の手は入っていると思いますが。
この文体は、著者が文章を書き連ねていくうちに獲得したものでしょう。たまたま中学しか卒業していない頭のキレる人が、命を削るような経験を通して文章を書いていったらここまで書けた、ということ。
フィクションだという意見もありますが、例えば娘が受験の前後でつぶやく言葉に私は鳥肌が立ちました。もうこれはすさまじい経験を経た上でしか出てこない言葉なのでは? これがフィクションだとしたら、ものすごい書き手ですよ!
そしてこの本は形の上ではドキュメンタリーですが、この学歴コンプレックスをエネルギーに変えるヒリヒリした感覚と狂人ギリギリの子供を想い尽くす気持ち。。。
これはもう文学ですね。
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現実的な話でよかったです。
学歴はどうしても大事ですからね。

学生獲得のため、
少子高齢化で昔の偏差値72と今の72では違うと思いますが、
何かに挑む姿はジャンルに関係なく良いと思いました。
娘さん、学びたい先生がいる大学に入れますように。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
受験生にはモチベーションを上げるために読んでもらいたいです。ただそれ以上にぜひ親御さんにこの本をオススメします。
あなたのお子さんに全く学習能力がないならば、一度考えてみてください。「自分に責任はない。」とはっきり言えますか?

この本を書かれた桜井さんは、自分の娘のために一緒に勉強し、親塾を作り上げました。
こんなこと普通できませんよね?少なくとも、私の親はしてくれませんでした。

勉強のできない人間がどれほど損をするか。周りから馬鹿にされ、騙され、自分自身に劣等感を感じ、低学歴の人間はどんどん下へ下へと流されていく。
今の世の中はそんな世界です。少子高齢化でいずれ難関と言われている大学も簡単に入れるようになるかも知れませんが。
もう1度、保護者の皆様に言います。あなたのせいで大事な大事なお子さんの将来を狭めるのですか?選択肢は少なくなり、底辺校へ通い、学歴コンプレックスを抱えるお子さんに育てるんですか?
高学歴の道へ進むことが、必ずしも幸せとは限りませんし、低学歴だからと言って不幸な人間ばかりではないです。ただ、勉強ができる。それだけのことで人生に選択肢が増えるんです。世の中は結局、顔か頭脳かを必要とされてるのです(私個人の意見ですが)。
どうか私のような後悔ばかりの人生を歩んで
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
各レビューを読み、著者が異常ともいえる手段をとるに至った真の最終的な意味や、あえて冗談や皮肉交じりに書いていることの真意をとらえられていない人がいることに驚きを禁じ得ない。

著者はこの作品の中でたびたび中卒を卑下しているが、上記のような人たちは、知性がそれにも満たないと思う。

著者は「自分が生きているうちに負のスパイラルが断ち切られるどころの話ではなく、やはり大逆転が見たい」旨を記しているのだ。
きわめて異常な手段であることを十分に自認していることが本文からわかるし、以下の DQN の話ではないが、他人から見たら
「自分の子どもを自分のギャンブルに利用している」ように映るかもしれない。しかし、その批判はあってしかるべきだともわかっている。
批判する人は、自身の子どもに明示的な期待の声をかけたことはないのだろうか。それはよいのか。
何をもって自身の期待だけは「善」だと信じているのか。

ただ、著者が「いま考えてみれば、ただ一つ、やはり進学塾に入れなかったことは後悔している」旨の述懐をしているが、
それは余裕のある今だからこそそこは正直な気持ちを書かず少し高みから見ているのかもしれないため
突っ込むべきではないのかもしれないが、著者本人もわかっている通り、御三家合
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover