中古品: ¥10
配送料 ¥340 5月25日 水曜日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【状態等】背に若干色あせがありますが、書込み無く、全体的に使用感の少ない本です。※防水加工で迅速に発送します。クレジットカード・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? 単行本 – 2013/2/20

5つ星のうち4.1 54個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥10
¥2,811 ¥1
文庫 ¥726 ¥1

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

がんの在宅看取り率95%を実践する小笠原医師に、「在宅ひとり死」を願う上野千鶴子が67の質問をします。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上野/千鶴子
1948年富山県生まれ。社会学者。立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘教授、東京大学名誉教授、NPO法人WAN理事長

小笠原/文雄
1948年岐阜県生まれ。医学博士。日本在宅ホスピス協会会長。岐阜大学医学部客員臨床系准教授。73年名古屋大学医学部卒業。名古屋大学第二内科(循環器グループ)を経て、89年小笠原内科を開院し、院長をつとめ、99年医療法人聖徳会小笠原内科理事長となり、2012年度厚生労働省委託事業の在宅医療連携拠点事業所を受託し、現在にいたる。12年度厚労省科学研究班(遠隔医療)班員となる。同年より全国在宅療養支援診療所連絡会世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版 (2013/2/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2013/2/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 230ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4022510587
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4022510587
  • 寸法 ‏ : ‎ 1.7 x 13 x 18.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 54個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
54 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年10月18日に日本でレビュー済み
89人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年7月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年1月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年5月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年1月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年9月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年4月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する