上原多香子映画初主演作品 恋谷橋 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

上原多香子映画初主演作品 恋谷橋 [DVD]

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,175より 中古品の出品:7¥ 980より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 上原多香子映画初主演作品 恋谷橋 [DVD]
  • +
  • 映画「恋谷橋」メイキング~恋谷橋を渡るまで~ [DVD]
総額: ¥5,212
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 上原多香子, 水上剣星, 松田美由紀, 小倉一郎, 中澤裕子
  • 監督: 後藤幸一
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/03/07
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0065FWDIQ
  • EAN: 4988013044562
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 121,498位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

上原多香子、映画初主演作!
鳥取県・三朝温泉を舞台に、故郷に希望の光を灯す主人公を好演!
心が温まる、映画ファン必見の佳作が遂に発売!

[セールスポイント]
●SPEEDの上原多香子、映画初主演作品!松田美由紀・松方弘樹・中澤裕子・岩佐真悠子など豪華共演陣!
●「阪急電車」「プリンセス・トヨトミ」などに代表される、今アツい"ご当地映画"。
「恋谷橋」は、「砂時計」「RAILWAYS」「瞬」と同じ、情緒漂う山陰が舞台!
●作品はひなびた温泉旅館を主人公が立て直す"温泉人情劇"!来春には阿部寛主演の
「テルマエロマエ」の公開も控え、"温泉"もアツい!

●脚本は毎日新聞社後援の「第1回スーパーシナリオグランプリ」のグランプリ作品!

島田朋子は東京のデザイン事務所で働いていたが、不景気の波によってリストラされてしまい、次の職が見つかるまで田舎へ戻ることにした。
朋子の実家は、かつて温泉街として栄えた鳥取県の三朝町で、老舗の旅館・大橋を経営している。
朋子は5年ぶりに三朝へ帰ったが、朋子に想いを寄せる幼馴染で大橋の板前・圭太が話すように、町に以前のような活気は無く廃れ、大橋も例外ではなかった。

そんな折、大阪で結婚生活を送っていた朋子の姉・美穂子が、夫と離婚するといって突然戻ってきたが、その矢先に朋子の父・和夫が病で倒れてしまう。
智子の母・祥子は、自分が旦那として和夫の役目を果たし、美穂子に若女将としてやってほしいと考えるが、美穂子はそんな親の想いもあっさり断ち、夫のもとへと帰ってしまう。

なかなか復興が上手くいかない中、朋子は圭太や友人たちと町興しのイベントを計画する。
デザイナーの夢が諦めきれない智子、三朝温泉の復興に奮起する友人たち、そして大橋旅館の行く末はいかに・・・。

・舞台挨拶集(11分)

【キャスト】
上原多香子
水上剣星
松田美由紀
小倉一郎

中澤裕子
高野八誠
岩佐真悠子
川岡大次郎
藤川のぞみ

葛山信吾
土屋アンナ

石橋蓮司

吉行和子

松方弘樹
【スタッフ】
監督:後藤幸一
原作:宮尾卓志(「雨の中の初恋」より)
音楽監修:小椋佳
主題歌:「君、しなやかであれ」作詞・唄:小椋佳
作曲:伊東恵里
脚本:井上正子、後藤幸一
音楽監督:加藤武雅
製作:鈴木ワタル
プロデューサー:磯田修一、岩倉睦
アソシエイトプロデューサー:吉田晴彦
撮影:田中一成(J.S.C)
照明:佐藤浩太
録音:西條博介
美術:丸尾知行、羽賀香織
編集:清野英樹
監督補:南柱根
制作担当:松本桂治
プロデューサー補:沢田慶
スチール:遠崎智宏
協力:ヴィジョン・ファクトリー
制作協力:NPOみささ温泉、鳥取県、三朝町、鳥取中部ふるさと広域連合
製作:パル企画/毎日広告社/ポニーキャニオン/プロダクション十二

<

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「第1回スーパーシナリオグランプリ」を受賞した脚本を、上原多香子主演で映画化した感動ドラマ。古きよき時代の自然が残る温泉街を舞台に、東京から帰郷したひとりの女性と周囲の人々との交流を綴る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
毎広が製作幹事社を務めるとは珍しいと思いきや、これは
毎日新聞のシナリオコンテストのグランプリ台本らしい。
しかし、それにしては??の出来栄えなのはなぜだろう・・・。

777通もの脚本家から選ばれたにしてはあまりに支離滅裂
だからだ。構想から製作まで何年もかかっているし、これは
活動写真ではありがちの「事情」があるのではないか。

当初のキャストでは主演に岡本奈月が予定されていたらしいが、
これも上原多香子に変わった。
エンドクレジットでグランプリ脚本の「雨の中の初恋」が紹介されるが
これも「インスパイアド・バイ」的な扱いであり、そもそも舞台は
三朝温泉じゃない。

本作はオトナの事情でご当地映画にされて、かつ換骨奪胎の原作いいとこ
取りで作られた作品なのであった。

東京にオトコがいるのに三朝の幼なじみの圭太をその気にさせ、
デザイナーの割には凄いデザインポスターを仕上げる(笑)主演の
朋子がとにかく支離滅裂すぎる。これは上原多香子に責任はなく、
ホンの出来の問題だ。

松方弘樹や石橋連司、吉行和子に小倉一郎まで活動写真の大御所
が勢ぞろいし、土屋アン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happybear0823 VINE メンバー 投稿日 2012/5/1
「川は自然に流れているのか、それとも自力で流れているのか」と問いかけるセリフがこの映画の本質となる論点です。
日本企業の経営環境が厳しくなっている現在、人口が密集し最先端を走る都会のギスギスした人混みに揉まれて、流れ流れて、やがて孤独に沈んでしまうのであれば、いっそのこと、「ふるさと創生」、若い者がふるさとに帰ってきて、若い力の創意工夫のもと、地域づくりをし、振興を図ろうではないかと視聴者に呼びかけています。
そのふるさとには、のどかなマイナスイオンたっぷりの自然の豊かさが今も続いており、大量生産方式ではまねのできない伝統工芸があることに気づかされます。
そのことに改めて気づき、若者のセンスを組み合わせれば、ふるさとが復活するとともに、若者もふるさとに職を求めて戻ってくることを力説しています。
この映画の舞台は、鳥取県の三朝温泉街ですが、白オオカミが湯がわき出ていることを教えたという伝説とともに、。立ちのぼる湯気の情緒ある街並みがキラリト輝いて描写されています。
おちついた、とてもハートフルなストーリーに仕上がっています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
会社はリストラされる。町興しは事件が起きる。旅館の女将は引き継ぐ……等々。
この展開ならもっと主人公・朋子に葛藤があってもいいと思うが、
ストーリーは凡庸なくらい淡々と進む。
しかし、停止ボタンを押すようなつまらない映画かというとそうではない。
のほほんとはしているが、朋子が人生を前向きに生きていこうとする姿は何故か健気に伝わってくる。
上原多香子は不思議な俳優だ(ミュージシャン?)。
三朝温泉の美しい風景にマッチした彼女の雰囲気が妙に愛おしく、宝物のような作品になってしまった。
だから、★ひとつおまけです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック