通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
三陸海岸大津波 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三陸海岸大津波 (文春文庫) 文庫 – 2004/3/12

5つ星のうち 4.7 106件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 486
¥ 486 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三陸海岸大津波 (文春文庫)
  • +
  • 関東大震災 (文春文庫)
  • +
  • 羆嵐 (新潮文庫)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

明治二十九年、昭和八年、昭和三十五年チリ地震。
人々に悲劇をもたらす大津波はどのようにやってくるのか。前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。
アマゾン2011年上半期Booksランキング ノンフィクション部門の1位。

内容(「BOOK」データベースより)

明治29年、昭和8年、そして昭和35年。青森・岩手・宮城の三県にわたる三陸沿岸は三たび大津波に襲われ、人々に悲劇をもたらした。大津波はどのようにやってきたか、生死を分けたのは何だったのか―前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 191ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167169401
  • ISBN-13: 978-4167169404
  • 発売日: 2004/3/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 106件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
2011年3月16日 記す.
吉村昭の大ファンだったので、この本も読んでいた.
今回の地震、大津波が起きた時、すぐに脳裏に浮かんだのがこの本だった.この本の冒頭に明治29年におきた三陸海岸を中心とした地震、津波による被災地の地図が掲載されている.今回の被災地と重なる、全く同じと言っても過言では無い.明治29年の津波でも二万人以上が亡くなっている.今も悲惨であるが、今よりも、もっと悲惨である事がこの本でわかる.

 明治29年の被災地と、福島の原子力発電所の場所とは多少違う.しかし、三陸のそばである事は間違いない.
福島の原子力発電所を建設するとき、この本を読んで(そして、この本の元になった資料を本格的に調べて)、注意を喚起した人はいなかったのだろうか.想定外の津波と、東電、保安院の方々は言うが、この本を読めば、その発言が間違っている事、認識不足である事は間違いないと思う.
 この本で著者は当時に記録されていた事を、掘り起こし、丁寧に調べ、わかりやすく記している.吉村昭文学の真骨頂である.
 この本の元本が刊行された当時(1970年)、明治29年の津波を実際に体験した古老が二人生存(最後のタイミングであった)しており、その方々からも話を聞いている.古老の話によると、津波は50mにも達したと言っている.
...続きを読む ›
3 コメント 564人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 明治二十九年と昭和八年の三陸海岸の地震と大津波、昭和三十五年のチリ地震津波の被害を交通が不便にもかかわらず、バス、汽車を乗り換えながら一ヵ月以上かけて現地取材している。明治の津波被害の生存者は八十五歳を越えて、取材には苦労があったらしい。著者は、四方八方に目が届いた取材となり、自画自賛に近い満足感をあとがきで述べている。
 明治二十九年でも前回の安政三年の津波から四十年を経ていて、古老の記憶もあいまいになって、“よだ”と地元で呼称された地震津波のよる甚大な被害から逃れることができなかった。五十メートルの高さもあったという言い伝えもあり、ところによっては標高百二十メートルにあった家屋まで津波が届いている。
 大災害の記憶が残る昭和八年には、津波の到来を予測して山に逃げる人が多く、人的被害が減少した。そして東北の漁村の湾の入り口に大きな防潮堤が築かれるようになった。それでも太平洋の彼方から押し寄せる地震という予兆のない津波を予測するには時代を経る必要があった。それがチリ津波の教えたものであった。
 現代では、プレートテクトニクス理論に基づく地震発生のメカニズムが解明されてきており、人工衛星による地震津波の観測網も整備され、一時代を画すような地震対策がとられている。それでも油断すれば、インドネシアのように災害は繰り返される。
 人知を超える自然の
...続きを読む ›
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2011年3月11日に発生した、三陸沖大地震の直後にこの本を手にした。
予想はしていたが、ここに描かれている明治29年。昭和8年に三陸海岸を襲った津波の様と被害の様子が、
今回の被害とあまりにも酷似しており、驚きを禁じ得なかった。
歴史が繰り返されている・・・

思い出すのは、同じ吉村昭が書いた『羆嵐』。繰り返される羆の被害とその恐怖に、ついに住民はその土地を離れた。
一方、三陸海岸の人々は、この土地で生き続けることを選択した。
先祖代々の土地への愛着もあっただろう。自然と対峙する覚悟があったのかもしれない。
特に、壊滅的な被害を受けた旧・田老町の防災意識は高く、10mもの防潮堤を築き、町を挙げて防災に取り組んできた。
人々は、自然と共存するための努力を続けてきたのだ。

しかし、今回の津波は、そんな人々の想いや備えを、無惨に打ち砕いてしまった。
旧・田老町は、またもや甚大な津波の被害に遭い、三たび壊滅的な状況にある。
自然の猛威に、人間の力はなす術がないのだろうか・・・?

住み慣れた土地での生活の復興に、人々が希望を失わないことを信じている。
ただ、過去の災害時と比べて、状況には明らかな違いが生じている。それは原発の存在
...続きを読む ›
1 コメント 217人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たまにゃん トップ1000レビュアー 投稿日 2011/9/18
形式: 文庫 Amazonで購入
「想定外の津波」により被害が拡大したと政府も東電も口をそろえて発表した。それらの発表がいかに怠慢と欺瞞に満ちたものであるかが、この本を一読すれば分かる。

この地域では大津波が何度も発生し、その度に大災害を被ってきた。

遠い過去の話ではない。著者は江戸、明治、昭和の記録に当たり、体験者から直接話を聞いてこの本を執筆している。
この程度のことを認識してこなかった東電/政府の責任は重い。さらにそれを見逃してきた国民にも甘さがあったと言わざるを得ないだろう。

地震大国日本に住む人びと必読の書である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック