¥ 1,296
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手 単行本 – 2016/9/20

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 523

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手
  • +
  • 三谷幸喜のありふれた生活13 仕事の虫
  • +
  • 三谷幸喜のありふれた生活 12 とび
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「面倒ジジイ」へ一直線!?
50歳を超えても脚本家は日々戸惑ってばかり!
時代劇について、キャストについて、
NHK大河ドラマ「真田丸」への思いとは?
連載800回を超えた朝日新聞の名物連載、
単行本化第14弾。

【主な内容】
脚本家五十三歳の物思い
吉良家、運命の日は
僕の紫式部と清少納言
草笛光子さんの魅力
「第三の男」はボイス
人の性格の陰陽は
六歳からお気に入り
僕は自称(?)脚本家
伊東さんの喜寿祝う
腹黒役で見せた風格
松尾さんの正体は?
アガサの凄さに驚愕
書いて書いて年の暮れ
ポアロの髪の毛は?
声の演技に憧れた
香取慎吾を「普通」に
草彅&香取で二人芝居
対照的な稽古場の二人
二人芝居と観客の目
真央さん、応援してます
山本耕史さんの結婚を祝って
「真田丸」、いざ出陣!
武田勝頼、調べてみて
SMAP 5人が揃う凄さ
時代劇らしい言葉って?
堺正人さんと午後のお茶
などなど

【特別対談】これもまた「大河」の話
松本邦洋×三谷幸喜

内容(「BOOK」データベースより)

連載はついに八〇〇回を突破!二度目の大河ドラマ「真田丸」も放送が始まり…「面倒ジジイ」へ一直線!?いくつになっても脚本家の日々はハプニングと切り離せない!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022514000
  • ISBN-13: 978-4022514004
  • 発売日: 2016/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,466位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

三谷氏の好評エッセイシリーズの14冊目。
今回は大河ドラマ、オリエント急行殺人事件のドラマ、映画といつになく大きな仕事を手掛けていた時期だけにそれに関する仕事モードの話題が多い。
相変わらずクスっと笑える自虐的な視点が最高である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 donky トップ100レビュアー 投稿日 2016/9/22
Amazonで購入
朝日新聞に、15年も長期連載されている、
人気エッセイの単行本。14巻目。

最近、新聞の購読は止めてしまったので、
刊行されるのを、毎年、楽しみにしています。

真田丸の脚本執筆に頭を悩ます時期の
連載なので、頭の中はその事で一杯の
はずだか、SMAPネタからヨルタモリ
出演裏話まで入っていて、 相変わらず
読者を飽きさせないのは流石。

モチロン、話題になった「黙れ!小童」の
意外な出典から、大河ドラマ出演で舞い
上がる某女優さんが、不細工な姫の役と
知って、「三谷に騙された!」と憤る
話まで、真田丸の裏話も満載です。

唯一のツッコミどころは、赤が入った
「真田の赤備え」と呼ばれる鎧を身に着け、
幸村に扮した三谷氏が描かれた表紙かな。

これは、昔は、教科書に載っていた
(今は異説が出て使われないらしい)
足利尊氏の肖像画の明らかなパクリですね!

イラストの和田誠さんのお年から考えて、
意識してやっていると思われるのだが
何故???
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人気シリーズの14作目。
ファン向けの本ではありますが、真田丸に関しての記述もあるので、真田丸ファンには一見の価値ありかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
内容は相変わらずの自分褒めと、関係者よいしょ。
毎週だからしょうがないかもしれないけど、うすっぺらです。
じゃあ、読まなきゃいいじゃんと、つっこみたくなる人も多いと思いますが、
それでも読んでいるのは、和田誠さんのイラストを楽しみにしているからです。
ところが・・・
さすがにお年なのか、画力の劣化を今回著しく感じます。
特にひどかったのは、堀北真希と山本耕史。誰だか見当もつかない出来。(妻に見せて誰だか尋ねたら、北川景子とDAIGOと答えた)
こうなると、晩節を汚されることのないことを祈るだけです。
(口直しに「お楽しみはこれからだ」を読み返しています。和田誠サイコー!)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告