通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三谷幸喜のありふれた生活 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三谷幸喜のありふれた生活 単行本 – 2002/1

5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,000 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三谷幸喜のありふれた生活
  • +
  • 三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年
  • +
  • 三谷幸喜のありふれた生活3  大河な日日
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

妻は女優、2匹の猫と愛犬とび、仕事で出会う様々な人たち…人気脚本家の慎ましやかだがエキサイティングな日々。

内容(「MARC」データベースより)

女優の妻、2匹の猫と愛犬とびとの生活、締め切り破りの日々、松たか子など仕事で出会う様々な人たち…。人気脚本家の慎ましやかだがエキサイティングな日々を綴った爆笑エッセイ。『朝日新聞』連載をまとめる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2002/01)
  • ISBN-10: 4022577193
  • ISBN-13: 978-4022577191
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 223,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一番最初に書かれた華麗な三谷幸喜の生活を予想していた私には、意外な三谷像を見させられました。予想を真っ向から裏切られ、ホントうれしく思ってしまいました。実は某商店街でママチャリに乗る著者を目撃してしまったのですが、その飄々とした後姿を思い出しながら読ませていただきました。面白い本です。本で「間」というのは変かも知れませんが、「間」の取り方が絶妙ですね。奥様とのさまざまなエピソードも可視化して笑ってしまいました。「マダム小林の優雅な生活」を併せて読むと面白さ100倍と思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今年の正月にNHKBSで「今話題の男を裸にする」というようなタイトルの番組で三谷幸喜がとりあげられていた。脚本家ってもっと尊大で、自信満々で、「業界人」って感じの人なんだろうと思ったら、すごく自信なさげで、控えめで、ちょっとオドオドした感じの三谷氏にびっくり。
その彼が朝日新聞夕刊に連載しているエッセーをまとめたのがこの本。夫婦で外国に行くと英語のできる配偶者の前で、全く英語が話せなくなるという話はまさに私と同じと思い、すごく親近感を持った。
こんなに自分に自信のない人でも、あれだけの人を笑わせ、感動させる芝居を書いているという事実に、何だか大きな希望をもらったような気がする。これからもこの連載を長く続けて欲しい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/17
形式: 単行本
電車の中で読んでいたら、周りの人達から怪しい人?と思われてしまうくらい面白い本です。。三谷さんのシャイだけど大胆、奥様の小林聡美さんをとても大切にしている毎日を、面白おかしく書いてありました。どの章でも1回は笑えます!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 saru 投稿日 2002/4/11
形式: 単行本
三谷さんにはCMなどを通して興味がありました。シャイのようだけど、自己主張ははっきり明快に。まじめな顔をしてやることはお茶目!奥様の素晴らしさをちゃんと認めて褒めちぎるあたり、とても好感が持てました。この本を読んでますます気になる人になってしまいました。続編を心待ちにしています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kiritan 投稿日 2004/3/4
形式: 単行本
ポーカーフェイスに見える著者が、実は打たれ弱かったり、
ミーハーになっていたり、飼い犬に振り回されていたりする姿が
目に浮かぶようで、笑えます。
挿絵の三谷さんの表情も絶妙で、さらに笑えます。
日々の出来事を何気なく書いているように見せかけて(?)
読み終わってみると、なんだか小説でも読んだみたいな読後感があります。
やっぱり文章の才能がありありなんです。
奥さまの事が大好きなんだなぁという事も伝わってきてステキです。
小林聡美さんのエッセイにも同じエピソードが出てきたりするので
読み比べてみるのもオススメです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
三谷幸喜ファンといっても映画2作と古畑任三郎ぐらいしかしらなかった私、出たがりな方かと思っていましたが、実はとてもシャイな方なんですね。知られざる一面が見えてますますファンになりました。
ひとつの話が2~3ページなのでスラスラ読めて、今日はここまでって思っていても、もうひとつ、もうひとつとページが進んでしまう「やめられない止まらない」かっぱえびせんみたいな本です。
まだ朝日新聞で連載中ということで朝日新聞を購読しようかと思うほどです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
三谷幸喜ファンでなくてもエッセイ好きには絶対おもしろい本です。
短編で読みやすいのでどんどん三谷ワールドに引き込まれます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「こういうことってあるよね」という普段の出来事や、
脚本家ならではの出来事を面白おかしく書いてあって、
寝る前に読みはじめたら、
「どんどん読みすぎて寝れなくなるよ」って感じです。
とにかくサクサク読めて面白い、
そして、その中に三谷氏のいろんな一面が見れる素敵な一冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
毎週火曜の朝日新聞の夕刊を心待ちにしていました。夜中に大爆笑^^読むたびに(なんでスクラップしておかなかったんだろう!)という思いが募りました。そしてそしてついに待望の日がやってきました!本当に嬉しかったぁ。
なんだか笑っちゃいます。すごく些細なことなのに・・・。私は大好きです!
注意事項:決して電車等の中で一人の時は読まないで下さい。怪しまれます。
オンリーミー~私だけを 気まずい二人 も同様です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私も、人の目を異常に気にする方であり、「これってちょっとやばいかな」と思うくらいなのですが、この本を読んでいると楽しく笑えるだけでなく、「あ、私だけじゃないんだ」とか「上には上がいる」と、ちょっとほっとできる本でもあります。
いろんな意味で「心のオアシス」になる本です。
最近ちょっと疲れちゃったな、と思う方、ぜひ読んでください☆
笑ってすっきり、ほっとする瞬間、明日はがんばるかぁっていう元気、まがんばんなくてもなんとかなるか、
とかとか、なんかしらを与えてくれます。
決してネガティブでないものを。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー