中古品
¥ 709
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※イメージ画像と異なります。カバーにスレキズ、数ヶ所に薄しわ、上部に軽いスレがあります。また三方に薄日焼けがあります。巻頭に印があります。ほかは若干の日焼けや使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。付録品、付属品につきましては明記のないものは原則として付属いたしません。保管中のヤケを防ぐためOPP包装して保管しておりますので商品の事前のお問い合わせについてはお答えしておりません。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三浦梅園自然哲学論集 (岩波文庫) 文庫 – 1998/5/18

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 4,822 ¥ 365
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 349ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1998/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400330151X
  • ISBN-13: 978-4003301517
  • 発売日: 1998/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 149,920位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
三浦梅園の自然哲学体系ともいえる「玄語」「贅語」「敢語」のいわゆる「三語」は、梅園独自の用語や概念により彼の到達した世界観、認識論、実践論を展開しているところが多いため私のような凡人にはきわめて難解である。本書は、彼の著作のなかから梅園自然哲学を「多賀墨卿君にこたふる書」や「贅語」の代表的部分などを選んで注解、現代語訳することにより理解しやすくしてくれている。
梅園哲学の神髄は、現代的課題との関係でいえば、「反観合一」にあるといえようか。つまり、世の物事の存在は矛盾に根拠をもつ。したがってそれをあるがままに理解しそのおもむくところを理解しようとすれば、つまり「反して一なるものあるによりて、我、これを反して観、合わせて観て、その本然を求むる」ことが!肝心である、という。実証的精神に則りこの世のすべてのことを素直に観て、それに基づいて世の道を行えば、自ずから治まる、と教えている。現代にこそ、それが求められることは、読書子の易く肯んぜられるところであろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 三浦梅園の主著は『玄語』。これには玄語図と呼ばれる、円を組み合わせた独自の図を172点含む。また、他人の理論は一切引用されておらず、直観で結論だけ記述しているかのようなものなので難解。そこで岩波文庫みたいなところでは、まずその解読のためのバックボーンとして三浦梅園の学問論などを集めて現代語訳してみたというところ。

 三浦梅園の存在論のベースは、「一即一一、一一即一」(1つは2つであり、2つで1つである)。これは1つのように見えても、その内部には対立構造をもつ、また対立あっての1つというもの。この考え方は、「反観合一」や「■易」(陰陽から「こざとへん」を取ったもの)とも呼ばれる。

 最初に「一」(全体)があって、それが2つずつどんどん分岐してゆき、最終的に個別具体的(日常的)な概念/ものにまで降りてくる。逆方向に、2つずつ統合していけば「一」(全体)に至る。

 三浦梅園は、朱子学とは別の合理主義を構築した不思議な哲学者。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告