中古品:
¥ 9,228
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 OVERFLOW CLOTHING
コンディション: 中古品: 良い
コメント: セル版商品です、ケースに若干のキズ、スレがある場合がございます。 ディスクは研磨クリーニング後に発送いたしますがキズが残る場合もございます。 帯等の付属品が欠品している場合がございます、あらかじめご了承ください。 店舗併売品につき、万が一売切れの場合は直ちにご返金いたします。 3営業日以内の発送後、到着まで約2~3日お時間を頂いておりますのでご了承ください。 特典の有無・状態の確認など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 22,356より 中古品の出品:13¥ 9,227より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 相葉雅紀, 藤木直人, 大倉忠義, 大政絢, マツコ・デラックス
  • 形式: Color, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2012/10/24
  • 時間: 535 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008B5I63O
  • EAN: 4988021719506
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,609位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

謎が連鎖する体感型ミステリー!
「三毛猫ホームズ」(赤川次郎原作)が嵐・相葉雅紀を主演に迎え、待望のドラマ化!

★商品仕様★
6枚組み(本編5枚+特典1枚)/片面1層・2層/カラー/ステレオ/
ドルビーデジタル/16:9ビスタサイズ/日本語字幕(本編のみ)

★特典(予定)★
■Blu-ray&DVD 特典ディスク収録内容(予定)
・密着メイキング映像
・キャストインタビュー映像
・三毛猫シュシュのテーマソング「シュシュの唄」
・PR番組集
・PRスポット集 など

★Blu-ray&DVD 封入特典★
・オールカラーブックレット20p
【初回封入特典】
・ポストカード2種
・ホームズ&土曜のアイバちゃんロゴシー

★キャスト★
相葉雅紀 藤木直人 大倉忠義 大政 絢 マツコ・デラックス 尾美としのり / 石坂浩二

★スタッフ★
原作:赤川次郎「三毛猫ホームズ」シリーズ(光文社刊/角川文庫刊)
脚本:大宮エリー 高橋悠也 山浦雅大
主題歌:「Your Eyes」嵐(ジェイ・ストーム)
音楽:金子隆博
シニアチーフクリエイター:櫨山裕子
プロデューサー:池田健司 秋元孝之 福井雄太
演出:中島 悟 南雲聖一 菅原伸太郎 松永洋一
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
(c)NTV
★ストーリー (第1話より)★
「俺は刑事になんて向いていない…」
そう嘆き、毎日のように辞表を提出するダメダメ刑事・片山義太郎。女性恐怖症、高所恐怖症、幽霊恐怖症、人間としてのあらゆる弱点を兼ね備えた片山は「一家に一刑事」という家訓と、かつての名刑事であった父親の遺言から刑事となるが、うだつのあがらない毎日を過ごしていた。そんなある日、捜査一課の栗原課長に命じられ、女子大へと捜査に向かわされる片山。周りを見渡せば女子! 女子! 女子! 女性恐怖症の片山にとってはあまりの惨劇にフラフラする中、そこで一匹の不思議な三毛猫と出会う。学部長の森崎に頼まれ、学内の風紀の乱れを調査することになった片山は、倒れそうになる体に鞭を打ち、近くのカフェテリアから女子寮の見張りを始める。すると寮内でボヤ騒ぎが発生! 急いで駆けつけ、生徒とともに消火活動を始めるが、慌てた片山は生徒と衝突し、失神してしまう…。女子寮の中で目を覚ます片山。急いで飛び出しカフェテリアに戻るが、そこは既に鍵が閉められていた。翌日、署に向かった片山に衝撃の事実が告げられる。昨晩、片山が見張りをしていたカフェテリアで森崎学部長が殺害されたのだという。中は内側から鍵が閉められ、完全なる密室殺人。そして不思議なことに、片山がいない間に、なぜか部屋中の椅子やテーブルが全て姿を消していた。多くの謎に頭を悩ませる片山。…その時、昨日の三毛猫が突然現れ、片山に何かを知らせようとする。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

嵐の相葉雅紀主演、赤川次郎原作によるミステリードラマのBOX。人間としてのあらゆる弱点を兼ね備えたダメダメ刑事・片山義太郎。ある日、女子大へと捜査に向かった片山は、1匹の不思議な三毛猫と出会う。共演は藤木直人、大政絢ほか。全11話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ドラマ本編よりもメイキング目当てで購入しました。ゴメンナサイ。
ところが、この密着メイキングが非常に面白くて豪華なんです。
まず、主要キャストのファンの方だったら絶対入手して後悔はないと思います。

ドラマ本編ではカットになってしまったシーンの数々をメイキングで見ることができるのですが
藤木さんが相葉さんをおんぶして歩くシーンのかわいらしい姿や
花壇の花を見てうっとりする相葉さん、
カエルの歌を真顔で朗読する大倉さん、アドリブを連発する大倉さんなどなど
和やかで活気のある現場を垣間見ることができて、本当に素晴らしかったです。
マツコさんの毒っ気のあるコメントはもちろん楽しいのですが
現場で相葉さんと接する姿がフレンドリーで優しそうだったのが印象的でした。
ほかにも刑事役の方たちや脇を固めている方たちのコメントや様子もしっかりと残されていて
何度も繰り返し見て楽しめそうです!
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
犯人が重く辛い過去持ちな為感情移入する要素があり、最初の頃の主人公は刑事やめて花屋さんになりたい…とか言ってるので、説得シーンでは、何言ってんのお前?お前何様?説得力ないんですけど?と主人公に苛々してしまった。 また、辞めたい辞めたいと言っていた主人公が刑事になった理由が父親への憧れだったりとストーリーに一貫性がなく、プロが作ったのかと疑問に思える出来。 主人公役の相葉さんが大好きで主人公サイドが絶対正義!って人じゃないと説得シーンで感情移入するのは難しいかも。 ただ、ホームズ役のシュシュちゃんの演技は非常に上手で彼女が唯一のお勧めポイントかもしれない。 それ以外の人間の俳優さん達は悪いわけではないが飛び抜けて良いわけでもない。可もなく不可もなくというところ。 キャストがそれなりに豪華なのに全く活かせなかった中々珍しい作品だった
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
相葉ちゃんは動物と一緒の姿がとても似合いますよね。相葉ちゃんファンなので買いましたが、他のキャストの人たちも個性的でセリフのやりとりが面白くて楽しめます!

相葉ちゃんとホームズとのやり取りのシーンが毎回楽しかったです!特にホームズがマツコデラックスに変身して出てくるシーンがとにかく面白くて毎回楽しめました。びくびく顔の相葉ちゃんと恐いマツコの掛け合いが私には絶妙でうけまくりでした。笑えるし、相葉ちゃんファンでなくても楽しめるドラマだと思います。

相葉ちゃんの演技についてセリフが棒読みで下手だ…とか否定的に見る方も世間には多くいると知りましたが、私は演技って人それぞれ違って当然だし、別に棒読みしてるなんてこのドラマでも他のものでも思ったことはありません。きっと相葉ちゃんは独特の声をしているので、それがセリフになると聞きづらいとか、マイナス的に評価する人たちもいるんじゃないかなって気がします。逆に私は、あの優しい響きのある声がピッタリはまる役柄だと思ったし、ホームズとのやり取りを観るだけですごく癒されました。何度も繰り返しみたいドラマの一つになりました!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
原作とは別物と割り切って見た方がよい。
マツコが化け猫になる発想は面白いけど、ただそれだけの作品。
相葉くんの演技は下手だったけど、それが味にもなっていると思う。
演者よりも脚本のミス。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作を大胆改変して成功したのって自分が知る限り富豪刑事と喰いタンくらい
これはテレビドラマ意識しすぎてなおかつ原作も引きずって中途半端、原作ファンの一番嫌いなパターンである。
キャラ立ても終始フワフワしてて義太郎の兄とか必要性が感じられない、晴美も小うるさいだけ。
肝心の義太郎は父親に憧れて刑事になったというわりには刑事やめる連呼だし、そのくせ犯人に説教するしイライラする。
石津もなんでイケメンなだけの中途半端な刑事にしたんだろう、照英とか石ちゃんとかで原作のままにしたほうが普通に面白かったと思う。
原作と全然違うがホームズ演じるマツコとシュシュちゃんはキャラもしっかりしてるし演技もよかった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
『三毛猫』の原作は大好きで ほぼ 前作 読みましたが、 今回のドラマは 『化け猫』が許せなかった! あと 相葉ちゃん 演技が下手かな〜。
4話までしか耐えられなかった。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック