通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三好長慶 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【2】 ◆領収書発行可(ご注文確定後別途メールにて配送前にご連絡下さい。商品と同梱にてお送り致します。)◆店頭販売、受渡不可
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三好長慶 単行本 – 2013/7/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 2,499
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三好長慶
  • +
  • 戦国三好氏と篠原長房 (中世武士選書)
  • +
  • 三好一族と織田信長 「天下」をめぐる覇権戦争 (中世武士選書シリーズ第31巻)
総額: ¥9,072
ポイントの合計: 273pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦国期の室町幕府を掌握し、四国から畿内十三ヵ国を支配。 信長・秀吉・家康と並ぶ戦国時代の名将を徹底研究。 いち早く鉄砲を実戦に用い、阿波・讃岐・淡路・摂津・山城・河内・和泉・大和・丹波の九ヵ国と伊予・播磨・若狭・丹後の一部を支配した三好政権―。 キリシタンを庇護し、茶会、連歌会を催す教養の高さは、戦国武将の中で群を抜く。朝廷から、足利義輝に代わる武家の雄として認められたその政治手腕と文化人としての素質をそれぞれの専門家が徹底研究。これまで、一般には過小評価されがちだった戦国武将三好長慶の歴史的評価を大きく転換する決定版。

出版社からのコメント

室町幕府に代わる中央政権を目指した織田信長の先駆者。 いち早く鉄砲を実践に用い、四国から畿内13ヵ国を支配。戦国期の室町幕府を掌握し、朝廷を庇護した三好政権。その政治手腕と文化人としての評価は―。 信長・秀吉・家康と並ぶ戦国時代の名将。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 宮帯出版社 (2013/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486366902X
  • ISBN-13: 978-4863669024
  • 発売日: 2013/7/17
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,360位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーベスト50レビュアー2015年6月6日
形式: 単行本
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月26日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。万葉庵