通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33) 文庫 – 1989/4/11

5つ星のうち 4.7 74件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,978
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)
  • +
  • 三国志 (2) (吉川英治歴史時代文庫 34)
  • +
  • 三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)
総額: ¥2,463
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。このとき、たく県は楼桑村の一青年劉備は、同志関羽、張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救わんことを誓う。――以来100年の治乱興亡に展開する壮大な世紀のドラマ。その華麗な調べと哀婉の情は、吉川文学随一と定評のあるところである。

内容(「BOOK」データベースより)

日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。このとき、〓県は楼桑村の一青年劉備は、同志関羽、張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救わんことを誓う。―以来100年の治乱興亡に展開する壮大な世紀のドラマ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 講談社 (1989/4/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061965336
  • ISBN-13: 978-4061965331
  • 発売日: 1989/4/11
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,536位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 八木下滋 VINE メンバー 投稿日 2009/6/6
形式: 文庫 Amazonで購入
わかりやすい文章表現と人物描写の巧みさ、中だるみのないストーリー展開により、とにかく楽しめる作品に仕上がっている。全8巻の読破もあっという間だろう。そして、人間の生き方や歴史の変転に思いを至らすだけでなく、「泣いて馬謖を斬る」の由来を知ったりして、教養も深まると思う。

「劉備=善、曹操=悪」と言う観点が強すぎ、勧善懲悪ものに単純化したかのような傾向が無いわけではない。そこが難点と言えば難点か。

(これは1〜8巻を通してのレビューです。)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
20年ほど前に熱中して何度も何度も読みました。最近になって改めて読み直してみました。
かつてこの本で三国志の世界に入った人間にとっては、この本は永久に色あせない名作だとおもいます。
吉川三国志の後、さまざまな著作が出版されていますが、どの本もいろいろな意味で吉川三国志の影響を受けていると思われるくらい、この本の与えた影響は大きいと思います。
ただ、三国志演義と正史の違いなどがさまざまなメディアで解説されていく中、蜀擁護、魏糾弾という流れが必ずしも正しい歴史的な評価ではないこと、および吉川三国志との類似を避けるためにも異なる視点で書かれた小説が多数出ています。もしこの本で挫折してしまうようでしたら別の本に挑戦してみるのもよいと思います。かつては三国志といえばこの本を避けては通れなかった時代でしたが、いまでは異なる世界観の小説も多数出ていますのでこの本に必ずしもこだわる必要はないでょう。名著であるとおもいますし日本に三国志を普及せしめた立役者ですので個人的には☆5つですが、すでに十分役目を果たした現状をみて☆4つとしました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 湯二 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/4/26
形式: 文庫
光栄の歴史シミュレーションゲーム「三国志」にはまった時期があり、小説のほうにも興味が出てきたので読んでみました。
劉備が黄河を眺めている場面からスタートして、関羽、張飛との出会い、黄巾賊や董卓との戦い、其のあたりが書かれています。
キャラクターの性格わけがしっかりしていて、愛着を持ちやすいです。
特に張飛は、気に入らないことがあれば、手が付けられないくらいの暴れん坊になってり、そのせいで話がどんどん展開して面白いです。
劉備を中心に話が進んでいきますが、途中から曹操や孫堅も出てきてきます。
この二人の側に立っての話も展開していくので、物語をいろんな角度から読むことが出来ます。
次から次にいろんな武将が出てきて、ゲームで知った武将が出てくると、うれしくなります。
この武将ゲームでは大したことない能力だったけど、実はこんな活躍してたんだとか、そういった読み方もできました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
だだっ広い大陸、山程の人間、悠久の歴史の三つを持つ中国で生まれた、壮大なスケールの歴史物語。この壮大さは、中国だからこその素晴らしいもの。
当然ストーリーは、面白い。しかし壮大さ故の問題点が、この本を、ただ事実が無機質に羅列された教科書のように感じさせる。問題点は、数多の登場人物、展開の早さ、心理描写の(相対的)少なさの三つ。
しかしそれらを差し置いてもやはり素晴らしい物語。この壮大さ味わえたことに、感謝!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゃんどの トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/7/22
形式: 文庫
司馬遼太郎さんのえがいた「項羽と劉邦」の世界から400年後、再び乱れた中国全土の平和と安寧を取り戻すべく、割拠しはじめる群雄たち。やがて3人の英雄が建国し、ついに晋一国に統一されるまでをえがききった壮大な歴史スペクタクル。荘厳な叙事詩のようでもあります。

三国志には正史や、明代の三国志演義など多彩なバリエイションがありますが、日本ではこの吉川三国志こそが万人の心を躍らせた正統品とおもいます。冒頭こそ静かに始まりますが、まもなく、怒涛のような、躍動的な戦国絵巻の展開となり、面白くて興奮させられ、睡眠不足になります。

「桃園の儀」ののち、劉備、関羽、張飛の義兄弟が義勇軍を結成し、一方で中原では曹操が頭角をあらわし、ついに漢帝国を事実上滅ぼして全土に迫ろうとする前半部分。

もっとも頼りない英雄?の劉備が、若き軍師諸葛孔明を得て、呉の孫権とのたくみな戦略的連合により、「赤壁の戦い」で曹操を破り、三国時代が樹立される中間部分。ここでの孔明は名補佐役、名宰相だった史実とは合致せず、神出鬼没の天才兵法家です。孔明の魅力的な人間的実像は陳舜臣さんの「諸葛孔明」、また孔明の憧れの人「管仲」「楽毅」はいずれも宮城谷昌光さんのすばらしい歴史小説があります。これらを読まれるとますます理解が深まりますし、孔明ファンにはこたえられないとおもいま
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー