この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三国志人物事典 ハードカバー – 1989/8/7

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 480
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

三国志演義の全登場人物約1500人の、生涯・エピソードを、正史との異同を交えながら生き生きと記述。付録として、故事・成語、出師の表(前・後)を収録。

著者について

1953年、(昭和28年)、東京都千代田区神田の生まれ。1981年、国学院大学大学院博士後期課程単位修了。現在、共立女子大学講師、二松学舎大学講師。朝日カルチャーセンター講師(三国志を読む)。


登録情報

  • ハードカバー: 966ページ
  • 出版社: 講談社 (1989/8/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062022028
  • ISBN-13: 978-4062022026
  • 発売日: 1989/8/7
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,989位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
2世紀末から約100年間に渡る中国の英雄・豪傑たちの活躍を描いた、羅貫中による歴史物語「三国志演義」。
本書はその名の通り、この物語に登場する約1.500名の人物を解説したものです。各人物は50音順で掲載されており、その人物がどの回(章)に登場したか全て記載されているうえ、各回でのエピソードや名セリフなどが実に詳しく解説されています。
また、劇中で活躍した人物のみならず、秦の始皇帝や項羽と劉邦などセリフの中などで引用された、過去の有名人の事績も紹介されています。
その他にも主要家系図や、「泣いて馬謖を斬る」などの三国志にまつわる故事・成語、さらに、後世「出師の表を読んで泣かない者は忠臣ではない」とまで言われた、諸葛亮による名文「出師の表」と「後出師の表」の原文・書き下し文・口語訳文が掲載されています。
「演義」を1度でも読んだ事がある三国志ファンの方なら、必ず手元に置いておきたい「お得感」がイッパイの事典といえるでしょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
三国志演義が好きな人にとっては必ず持っておきたい一冊。有名どころ、マイナーどころの人物だけではなく、正史との対比、子房など作中に出てくる漢代の人物名などの説明もあり大満足。発売から10年以上経っているが、いまだにこの本が一番優れていると感じる。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/1/17
形式: ハードカバー
三国志読みには座右の一冊。1人1人の人物について正史と演義の両方の解説が書いてあるので、読み比べにも必須。未だにこれを超える事典はない。労作。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
三国志を日本語にした小説はきわめて多い。それだけ日本人読者を魅了する要素を持った長編物語と言える。しかし、人物の面でとらえると、全部を把握するのは容易ではない。千人を越える人物が登場し、翻訳/翻案の著者の数だけバリエーションがあると言っても過言ではない。おまけに乱世という背景を反映して、権謀術数。立場がここころ変わる。水滸伝とくらべてストレートなイメージ化が難しい。

こうした悩みに応える上で、本書は資すること大であろう。たとえば、周瑜という魅力的な人物がいる。彼はわかりやすいほうである。さまざまに脚色された中で何が実像でどこまで史実なのかわかりにくいのは呂布であろう。いったい処刑されたのか、北方謙三版のように曹操の(ある意味で)卑劣な戦法に破れ戦死したのか?それとも?

本書をベースにして、さまざまに書かれた三国志の人物造型を比較吟味するのも読書の楽しみの一つであろう。本書に出てこない人物は後世の創作と考えてよい。

労作である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
よくある「三国志人物事典」と言われる書籍には大概は有名どころの人物しか載っていないが、本書は有名人物はもちろんのこと、かなりマイナーな人物についてもきちんと載っていて素晴らしい。
三国志ファンには必携の一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
この本は三国志の中で良く知られている人から、あまり知られていない人まで完璧に網羅してあります。書いてあることもとても分かりやすく、三国志が好きな人なら買って損は無いと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
長くこの本を愛蔵しています。紙質はあまり良くないと思います。やや厚みのある紙で、すっかり酸化して茶色くなってます。

人物を50音順に並べ、列記してあります。
元々の史書が紀伝体ですから、それを50音で並び替えたという訳ですが、史書だけではなく演義の内容も補完しています。
記述の所々に括弧書きの数字がありますが、これは史書のどこの記述かを示しています。
特定の人物だけを追いかけて読むには最適です。ただし、人物によって長さはかなり違うので、短時間でサラッと読めない人もいます。

実際に使って、生没年がないという指摘もありますが、確かにその時々の年齢が判れば良いなとは思いました。しかし、実際には生没年が不詳の者が多いのです。
判っている分だけでも、生没年や出身地を最初にまとまっていると良かったです。

あと、地図が欲しかった。これはどの三国志本でも思いますね。地名が出てくる割に、州の境さえ書いてない地図ばかりで、中々良いものがありません。
巻末にある地図も簡易なものだけでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー