通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三匹のおっさん (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三匹のおっさん (文春文庫) 文庫 – 2012/3/9

5つ星のうち 4.2 148件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三匹のおっさん (文春文庫)
  • +
  • 三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)
  • +
  • 阪急電車 (幻冬舎文庫)
総額: ¥2,094
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか! 定年を迎えて一念発起した剣道の達人・キヨ、経営する居酒屋も息子に任せられるようになってきた柔道の達人・シゲ、遅くできた一人娘を溺愛する町工場経営者で機械をいじらせたら右に出るものナシの頭脳派・ノリ。かつての悪ガキ三人組が結成した自警団が、痴漢、詐欺、動物虐待などご町内にはびこる悪を成敗! その活躍はやがてキヨの息子夫婦や孫の祐希、ノリの愛娘・早苗らにも影響を与えてゆき……。シリーズ第二弾『三匹のおっさん ふたたび』も刊行間近で絶好調の痛快活劇小説です!

内容(「BOOK」データベースより)

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167831015
  • ISBN-13: 978-4167831011
  • 発売日: 2012/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 148件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,025位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
仕事のからみで「失敗学会」のwebにたどり着き、そこで、この本および有川浩さんを知りました。さっそく読んでみたところ、当初の目的とは違うものの、ものすごく爽快で痛快愉快なストーリー。「ふたたび」も文庫になったらぜひ・・・と思います。(ハードカバーが苦手なもので)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めから最後までテンポよく読めます。
特に登場人物がいい。全員キャラがしっかりと
立っているので、単なるドタバタコメディー
にありがちな、浅く、広く、という感じが
しない。
嫁・貴子の勧める「還暦セット」をどうにかして
納める方法は...と思う清一。そんなこと
お構いなしに勧める嫁。
そのやり取りがまた面白い。会話の中に両者の思惑が
見え隠れする。
そういった会話、心情の描き方、描写力の旨さが
全体を通して光る。
「ジジイと呼ぶな。―おっさんと呼べ。」と決めたは
いいが、孫の祐希に「私服がジジイだ」とダメだしを
だされる。
そんな清一と祐希のやり取りを見ていると、おっさん
の気持ちがよく分かっているなあと感心する。
そういった、「おっさんのキモチ」は随所に登場する
のでお楽しみに。
それだけではやはり物足りなかっただろう。
祐希がまた全体的にいい具合にスパイスを利かせている。
祐希込の「三匹のおっさん」なのである。

ノリの暴走具合も必読部分だ。
コートの下には、決して巡回お巡りさんなどには
見られてはならないモノが隠されている。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
幼馴染みの「悪ガキ三匹」が60歳を迎え、「三匹のおっさん」のボランティア自警団として、大活躍の物語は、とても愉快です。

団塊の世代に、これまで会社勤めや仕事で忙しくて、その存在と価値も知らなかった自治会や町内会に目を向け、社会貢献を身近な問題としているところに、作家・有川浩さんの視点の素晴らしさを感じます。

いろいろな世代の考え方、ファッションの感覚、世情に触れ、感情の機微、言葉の深みと心理描写、場面設定の上手さ、とても共感しながら、楽しませて頂いています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なんというか実にベタですな。元気な60代オヤジ三人が大暴れという設定自体はさして斬新ではありませんし
(30年近く前にNHKの銀河テレビ小説で「やつらの戦い」という三人の幼馴染のオヤジが暴れるという
設定だけならそのまんまの作品があった)彼らを取り巻く人物の描き方も孫や娘、その他の家族の描き方が
台詞回しも含めて実に「ベタ」なのであります

特に主人公である三人のおっさんの描き方が武芸や自作の過激すぎる護身具を振り回して、ほとんど犯罪者同然の
連中から不良学生までバッタバッタとなぎ倒す腕っ節の強さを披露するわ、ミステリの私立探偵もかくやという
捜査能力・推理力を見せるわ、情けない30〜40代に説教しまくるわ、その一方で10代の孫や娘と妙に仲良く
ファッションについての教えを受けるわ…ケンシロウじゃないが「お前のようなジジイがいるか!」と突っ込みたくなる
読者が多いのも分からんではないです

しかし、この作品にリアリティなんかは求めてはいけません。そんなものは糞っくらえです。なぜならこの本はリアルな
60代を描いた物ではなく、あくまで「萌えるオヤジ」を楽しむための作品だからです。だから60過ぎたおっさんが
若者よりはるかに強くても、10代の意見を素直に受け
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/5/13
形式: 文庫
平成のベストセラー作家の一人である有川浩は、読ませる物語を書くのが本当にうまい。これは、清一(剣道)、重雄(柔道)、則夫(メカ)の還暦を過ぎた仲良し3人組みが力を合わせて身近な悪に挑むお話。元々雑誌で連載されていたシリーズの文庫化である。

気楽に読めるし、楽しめる。ただ、単純に痛快活劇一本槍ではなく、6つのストーリーはどれも少し趣が異なっているし、得意のラブコメで磨いたテクニックを高校生の祐希と早苗の関係に活かしたり、娘夫婦や孫といった世代間で折り合いをつけていく内容も織り込んである。このため、基本的には著者が最後に書いているように、狙い通り「時代劇を現代でやった感じ」ではあるものの、なかなか立体感のある構成になっている。素直に、面白かった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー