中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三億円事件 (新潮文庫) 文庫 – 2002/2/28

5つ星のうち 3.9 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 20,805 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1968年12月10日「三億円事件」発生。多くの謎を残し、7年後に時効が成立。それから約20年、一枚の焼け焦げた500円札が一人の男を動かした。執念の取材が明らかにする捜査本部の混乱、モンタージュ写真の欺瞞、浮かび上がる三人の男……。やがて突き止めた「真犯人」はアメリカにいた! 6時間にも及んだ手に汗握る「対決」。正体は? 動機は? そして三億円の行方は? 文庫化にあたり衝撃の後日談を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

1968年12月10日「三億円事件」発生。多くの謎を残し、7年後に時効が成立。それから約20年、一枚の焼け焦げた500円札が一人の男を動かした。執念の取材が明らかにする捜査本部の混乱、モンタージュ写真の欺瞞、浮かび上がる三人の男…。やがて突き止めた「真犯人」はアメリカにいた!6時間にも及んだ手に汗握る「対決」。正体は?動機は?そして三億円の行方は?文庫化にあたり衝撃の後日談を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 452ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101426228
  • ISBN-13: 978-4101426228
  • 発売日: 2002/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,728位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一橋文哉という人はすべてを説明してくれそうでいて、肝心のところは匿名にしてしまうという、禁じ手をためらいなくバンバン使う書き手である。業界で「あの人のはフィクション」と言われるのは仕方ないだろう。

ノンフィクション好きの私とて、この人の位置づけには迷ってしまう。

これは、憶測だけでフィクションすれすれの「日本怪死人列伝」を書いた安部譲二アニキや、やはり憶測をもとに裏社会での顔をバックとした発言をする宮崎学に対しては抱かなかったとまどいである。

一橋の著作によると、憶測どころか綿密な取材をしたことになっている。

つまり、「売りたいがための大嘘つき」なのか、「真実を追求する日本の眼力王」なのか、彼の場合はどちらかでしかないわけだ。ここが非常にとまどうところである。

アメリカに逃亡したという人物の素性をなぜ明かせないのか?この本の内容から判断するなら、ウソ八百であるか、訴訟を恐れているか、鬼の目にも涙の慈悲を見せたか、その中のどれかである。

ウソであるなら、「フィクションです」と断らなければ卑怯だ。訴訟を恐れるなら、「ノンフィクション」の書き手の看板を下ろすべきだ。「慈悲を見せた」のなら、読者に対して無責任であり、やはり「ノンフィクション」の看板を下ろすべき
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昔ビートたけし、長瀬智也、松田龍平、渡部篤郎で作られた三億円事件のドラマを見たことがある
最近なぜかビートたけしの映画を好んで多くみるようになって、もう一度見たいなあと思っていたところ、近所のレンタル屋さんで見つけた

そのドラマの原作がこの本であることをしり、アマゾンで注文しようかと思い、ほしい物リストに入れていたら、偶然立ちよった古本屋の100円コーナーで見つけた

ドラマを見た興奮がまだ覚めやらずの状態で読んだこともあって面白かった

ただノンフィクションというからには論理的であるはずで論理的であれば、例えば

数字を1から論理的に数えると1→2→3→4→5→6→7→8→9→10〜と数えるというルールを守らなければ論理的とは言えないはずだけれど
この本では1→5→9→16→27〜
という感じで極端に言えば、1から5にストーリーが進んでしまい、その間はどうなったの?どうして1からいきなり5に進んじゃうの?という展開が多い

膨大な取材をしたという割には根拠が乏しく、端的な例が事件の鍵を握り、著者が犯人であると確信をしたという証拠物件がなぜか不鮮明なコピーなのである、いくら昔に書かれたものとはいえ、カラーで取れる写真機ぐらいあったろうに
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30年も前の事件をよくもまぁ取材したもんだ。

特に警察の捜査資料を見られるところなんかスゴイねぇ。

色々登場人物がいますが、

彼らがつい昨日のように実際に会って話をする。

核心の人物にせまるが、でもやはり最後は曖昧なまま終わるのか…。

なんとなく消化不良になる物語かな。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
三億円事件のことを詳しく知りたくて関連書籍を何冊か買いました。
その中では一番詳しい本だと思います。そういう意味ではお勧めします。

ただそれは第3章までで、第4章からはまるで小説のようです。
なんというか第4章に入り、急に文章がスカスカになるのが笑えます。
願わくば捜査関係者から得た情報で全編をうめてほしかった。

謎は謎として捜査関係者はどういう見解を持っていたのかもっと知りたかったです。
たとえば、奪ったカネを犯人が使ったのかどうか。
使ったとしたらどのような方法で使ったのか。
誰も思いつかないような犯罪をおかす人間ですから、カネの使い方も使い道も
きっと我々の想像をこえたものだったのではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ローリング 投稿日 2002/3/17
形式: 文庫
あの三億円事件を、著者が独自の取材で謎解きした1冊。
筆者の考えに都合のいい事柄のみをつなぎ合わせていくという論調は他の著作と同様であり、警察内部の捜査内容や過去に犯人ではなかったかと最も疑われたSについてなどは、捜査記録やメモから断片的に論じているだけで、ほとんど筆者による取材がなされていない。特にSについての疑惑などは、この本の中ではほとんど否定できていない。また関係者への直接インタビューについては「これはフィクションじゃないの?」と思ってしまうのも他の著作と同様。本当に犯人が筆者の著作中のような取材を受けるだろうか。
真実を明らかにするというよりは、三億円事件を取材するというスタイルをとった小説と考えた方が妥当という気がする。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー