Amazon MasterCard

Amazon Mastercard ゴールド

Amazon Mastercard ゴールドへの新規お申し込み受付は終了いたしました。
このページは自動的にAmazon Mastercard クラシックのページへ移動します。
自動的に移動しない場合は、こちらをクリックしてください。
Amazon Mastercard ゴールド

入会特典

最大2.5%ポイント還元

2.5% 還元
Amazon.co.jpでのお買い物

Amazon.co.jp以外のお買い物も1%還元
Amazonプライム特典が使い放題

Amazonプライム特典が
使い放題

お客様の追加のご負担なくプライム特典がご利用いただけます。(*)
旅行特典サービス

旅行特典サービス

国内主要空港のラウンジ利用が無料
最大5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
ポイントの交換忘れなし

ポイントの交換忘れなし

Amazonポイントは自動的にアカウントに加算されます
即時審査サービス

即時審査サービス

無料の即時審査の利用で、今日からAmazon.co.jpでのお買い物に利用可能

【特徴】

■ 今日からお買い物

無料の即時審査サービス(利用時間 9時~19時)のご利用で、今日からAmazon.co.jpでのお買い物にご利用可能

■ 20歳から申し込めるプレミアムカード

海外旅行傷害保険・国内旅行保険最高5,000万円
ショッピング補償(動産総合保険) 最高300万円(自己負担:1事故につき3,000円)
全国主要空港のラウンジ利用が無料

■ 電子マネー 「iD」

年会費・発行手数料で無料で追加可能。コンビニエンスストア、自動販売機やタクシーなどでスムーズなお支払い。

■ ETCカード

年会費税込み550円で追加可能。(初年度年会費無料。2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料)

■ ショッピング補償

年間300万円までのお買物安心保険

■ 家族カード

年会費無料、本会員同様のサービス・機能をご利用できるご家族のためのカード。家族カードは本会員1名あたり3枚までお申し込みいただけます。

■ 年会費割引特典

通常11,000円(税込み)の年会費がお申し込み時に「マイ・ペイすリボ」にご登録で初年度年会費を5,500円(税込み)割引き。
「マイ・ペイすリボ」にご登録があり前年度に1回以上のカードご利用があれば2年目も以降の年会費も5,500円(税込)引き。
「カードご利用代金WEB明細書サービスをご利用し、過去1年間に6回以上のご請求回数がある場合は年会費を1,100円(税込み)割引。

*Amazonパントリーのご利用は、Box1箱につき、390円(税込み)がかかります。 Prime Now(プライム・ナウ)の1時間配送(注文から1時間以内に配送)のご利用は所定の配送料がかかります。Amazonフレッシュのご利用には月額500円(税込み)の会費がかかります。

【ご注意】

■ Amazonプライム
現在Amazonプライム会員のお客様がAmazon Mastercardゴールドへ入会した場合、既にお支払い済みのAmazonプライム会費の未使用期間分はご登録のクレジットカードへ返金されます。家族会員のアカウントには、ゴールドカードのAmazonプライム特典は適用されません。
また、現在Prime Student会員のお客様がAmazon Mastercardゴールドへ入会すると、Prime Studentは自動的に退会となり、以下のPrime Studentの特典はご利用できなくなります。どうぞご了承のうえ、お申し込みください。
・本10%Amazonポイント還元(コミック・雑誌は除く)
・その他Prime Student会員限定の特典やキャンペーン
Amazonプライムについて詳しくは、 Amazonプライムヘルプページをご確認ください。

■ Amazonポイント
Amazon.co.jpでのご利用金額に応じて貯まるAmazonポイントは、お買い物の際にご利用いただいたAmazon.co.jpアカウントに加算されます。Amazon以外でのご利用金額に応じて貯まるAmazonポイントは、Amazon Mastercardお申し込みの際にご使用いただいたAmazon.co.jpアカウントに加算されます。
加算されたポイントの他のアカウントへの移動は承りかねますので、アカウント情報をご確認のうえ、お申し込み・ご利用ください。
詳しくは、 Amazonポイントの加算についてをご確認ください。

■即時審査サービス
正式なAmazon Mastercardが発行されるまでの間Amazonでのお買い物にすぐにご利用いただける、Amazonテンポラリーカードを即時に発番します。(即時審査サービス利用可能時間:毎日9:00~19:00) Amazonテンポラリーカードの発番には所定の審査があります。
※即時審査サービスをご利用いただいた場合のみ発番される、利用可能枠3万円の仮カードです。
※Amazonテンポラリーカードは番号のみが発番され、実際のカードは発行されません。テンポラリーカード番号はお申し込み時に使用したAmazonアカウントへ自動で登録されるので、そのままお買い物にご利用いただけます。
※テンポラリーカードでのご利用分も、商品発送後にAmazonポイントが加算され、すぐにご利用いただけます。
※Amazonテンポラリーカードは、Amazonギフト券のご注文にはご利用いただけません。正式なカード(Amazon Mastercardクラシックおよび、Amazon Mastercardゴールド)をご利用ください。
※Amazonテンポラリーカードはお申し込み会員様のみに発番されます。家族会員の方にはテンポラリーカードは発番されませんので、正式なカード発行をお待ちください。

<「即時審査サービス」ご利用条件>
(1)受付時間 9時~19時 
(2)満20歳以上の方 
(3)カードお申し込み時お支払い口座の設定ができる方※
※「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・その他一部の銀行」が対象です。金融機関の詳細は下記の対象金融機関一覧をご確認ください。
<即時審査サービス対象金融機関一覧>
対象金融機関一覧へ(三井住友カード会社サイトが開きます)

■ カスタマーレビュー
Amazon Mastercardゴールドのカスタマーレビューをご確認いただけます。

【細則】

※お申し込みの前に Amazon.co.jp利用規約 Amazon.co.jpプライバシー規約をお読みください。

※Amazonポイントについて詳しくは、 Amazonポイントヘルプをご確認ください。

※本ページに記載の情報はあくまで要約されたものです。

詳細につきましては、 カード発行会社のサイトにてご確認ください。(三井住友カード会社サイトが開きます)
ページ右上の「今すぐ申し込む」または「サインインして申し込む」ボタンをクリックし、お申し込みをされたお客様の情報については発行カード会社の「個人情報の取扱いに関する同意条項」および「会員規約」等に同意頂いたものとみなされ、発行カード会社とAmazon.co.jpにより保護措置を講じた上で、収集・保有・利用・提供が行われます。
※本カードについてのお問い合わせは直接入会専用ダイヤルにお問い合わせください。
Amazonカード入会案内デスク 0120-714-505
※「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
2,846 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月13日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 「マイペイすリボ」の仕組みと設定を理解しておかないとお得なカードにはならない。
ユーザー名: BusterFeeder、日付: 2019年1月13日
2019年1月13日に旧年会費のもとでレビューを投稿していましたが、2019年4月12日でAmazonプライム年会費が3,900→4,900円/年に値上がりしたことで状況が変わりましたので修正いたしました(2020/5/7)。
★注意点0
私はこのゴールドカード加入で単純に「Amazonプライムの年会費が無料になる!」お得以外の何物でもないと早合点していましたが実際は少し違って、このゴールドカード加入でAmazonプライム年会費(4,900円/年(税込み))は無料になるが、新たにゴールドカードの年会費11,000円/年(税込み)が発生する。つまりAmazonプライム年会費4,900円がゴールドカード年会費11,000円に挿(ス)げ替えられる感じです。
ただし各種割引を適用すればAmazonプライム年会費は無料のままで、このゴールドカード年会費11,000円を4,400円にまで圧縮することができます。
ざっくりメリットをまとめると
「==Amazonプライム4,900円/年が4,400円/年に減額になってゴールドカードも付いてきて付与ポイントは1.5→2.5%にアップする==という感じにできる」という事です。ただし割引の手続きをミスると何の注意喚起もなく11,000円/年のゴールドカード年会費を請求されるので注意が必要です(たとえそうだとしてもAmazonプライム年会費は無料ですが)。
 ゴールドカードの年会費11,000円/年を4,400円/年に圧縮するのに必要な手続きは
A.申込時に「マイ・ペイすリボ」を選択する→それだけでカード年会費が半額(11,000→5,500円/年)になる
B.利用明細で「Web明細」を選択→2年目以降カード年会費から1,100円割り引かれる
このA,B二つの割引を合わせるとゴールドカード年会費が11,000→4,400円/年になるという計算です。
 
 上記の様にこのカードを「お得に」持ち続けるための肝である「マイ・ペイすリボ」の手続きの際に遭遇した疑問を振り返って、手続きの留意点を以下に記載いたしました。リボ払いカードになじみのない方の参考になれば幸いです。
★注意点1
もし「マイ・ペイすリボ」を拒否して手続きを進めるとゴールドカード年会費が普通に11,000円請求されます。そうすると割引は2年目以降のWeb明細割引のみとなるので、ゴールドカード年会費は最安で9,900円/年となります(Amazonプライム年会費は無料です)。これだとAmazonプライム関連の出費が4,900→9,900円/年に増額するのでお得感はあまり無いです。
★注意点2
「マイ・ペイすリボ」を選択したカードはリボ払い「専用」カードになります。
店頭でこのカードを使って支払う際に「1回払いで」と言っても自動的(強制的)に必ずリボ払いになります。リボ払いを拒否することはできません。これはいつも1回払いで支払って利息(金利15%/年)を払いたくない人にはやっかいなカードとも言えます。しかし「マイ・ペイすリボ」を拒否するということはカードの年会費5,500円割引を捨てるということでもあるのでこれはこれで惜しいのです。
★注意点3
「マイ・ペイすリボ」の15%/年の利息は、初めの月の支払いで支払いきれず(はみ出して)翌月に繰り越された金額に対して発生するので、いつも1回払いにして利息を払いたくない人は少し工夫が必要です。
ゴールドカード申込時のPC画面の「マイ・ペイすリボ」の設定で「毎月の支払金額」と称して「ひと月に支払う金額の上限値」を決める必要があります(添付写真を参照)。もし、ある月の請求額がこの「毎月の支払金額」を上回ると、はみ出た分が自動的にリボ払いに回され利息が発生します。確認ですが「買い物もしてないのに毎月この『毎月の支払金額』を支払わなければならない」とか「毎月この支払金額を支払うような買い物をしなければいけない」といった会費やノルマのような性質の設定項目ではありません(私は申込みの時にこの設定項目の意味が良くわからず進めなかった(笑))。これは「もしある月の買い物金額合計が高額になっちゃったとしてもここで設定する「毎月の支払金額」を超えた部分は自動的にリボ払いになって繰り越されるので設定した「毎月の支払金額」以上は銀行口座から引き落とされませんよ、その代わり繰り越し分は翌月以降に利息をつけて払ってね」という設定値です。そしてその翌月以降の支払いも「毎月の支払金額」が上限値ですから、例えば「毎月の支払金額」を1万円に設定した状況で五万円の買い物をしたら自動的に少なくとも五カ月にわたって支払うことになり、その分の利息も発生することになります。ですから利息(年15%)を払いたくない人はこの支払い金額上限値(毎月の支払金額)をできるだけ大きくし初回請求の引き落としで請求全額が引き落とされるように設定し「名目上リボ払いだけど実質的に1回払い→利息なし」を実現するという工夫が必要なのです。
★注意点4
写真添付した実際のPCでの申し込み画面にあるように
「マイ・ペイすリボ 毎月のお支払い金額のご選択」[任意]
とありプルダウンメニューで「1万円」「2万円」「3万円」のどれかを選択をするようになっています。これが月の支払い上限値の設定です。特に注意すべきはその下に赤字で「毎月のお支払い金額のご指定がない場合は1万円の支払いコースとなります」と書いてあります。利息を払いたくない人には「危険な設定」です→容易にリボ払いになるデフォルト設定。絶対にスルーしてはなりません。わたくしの場合、一番高い上限値3万円でも容易にリボ払いに陥りそうで心配でした。月の買い物合計が3万円を超えたら、超えた分が不本意に強制的にリボ払いになっちゃうのだから月の請求合計額をいつも気にしていなければならず、気兼ねなく買い物を楽しめないと思ったからです。
★注意点5(対策)
そこでカードが手元に届いたらすぐに三井住友カードの「リボ・分割デスク」に電話して「毎月のお支払い金額」を「カード利用可能額と同額」に引き上げました(わたしの場合は150万円)。電話以外の方法としては「Vpass」というネット上でクレジットカードの支払い設定を変更することもできます(添付写真を参照)。
こうしておけば、(わたしの場合)ひと月の請求額が150万円まではその月の請求で一回で銀行口座から引き落とされ、もし150万円を超える部分があるのならばリボ払いになるのだけど、それは150万円という月の利用限度額を超えることになるので「利用限度額を超えています」というアラートが働き150万円以上の請求自体が発生するわけがない→リボ払いになりようがない→必ず一回払いになる→利息ゼロ&各種割引満額というわけです。
以上、リボ払いカードになじみがない方の参考になれば幸いです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
15,858人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年9月5日に日本でレビュー済み
3,128人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年9月15日に日本でレビュー済み
2,362人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月11日に日本でレビュー済み
697人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ゴールドカード