中古品
¥ 3,080
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 13時までのご注文で翌日お届けします。※関東、中部、近畿地域が対象です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■決済は、代金引換、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三つ目がとおる 全8巻セット 講談社漫画文庫 文庫 – 2002/2/8

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,080

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

名作漫画、再発見の旅へ。
〈美麗セットケース入りベストセレクション〉

三つ目の少年・写楽保介は中学2年生にはとても見えない、幼さが残る普通の子供。普段はいじめられっ子なのに、額のバンソウコを取るや古代人の超能力を発揮し、一躍人類の敵として君臨する。そんな保介が、唯一心を許すのが同級生の和登さん。古代人の超能力を身につけた少年と美少女コンビが巻き起こす、奇妙で不思議な物語。

著者について

手塚 治虫
1928年、大阪府豊中市に生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。大阪大学付属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。1946年、「マアチャンの日記帳」で漫画家デビュー。1962年には『ある街角の物語』でアニメーション作家としてもデビューする。おもな作品に、漫画では 『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』その他多数、アニメーションでは『展覧会の絵』『ジャンピング』その他多数あり、全400巻の『手塚治虫漫画全集』(講談社)も刊行された。宝塚市には手塚治虫記念館がある。1989年に死去。


登録情報

  • 文庫
  • 出版社: 講談社 (2002/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4069348689
  • ISBN-13: 978-4069348686
  • 発売日: 2002/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 16.4 x 11.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 381,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私に考古学というもののロマンや、
古代文明の未知なる可能性を教えてくれた作品です。
ユーモアあふれるキャラクター群はもちろんのこと、
手塚先生が叩き出す超古代文明の『仮説』には驚きます。どういう風に頭をひねればこんな考えが飛び出すのか、天才と凡人の差を思い知らされずにはいられません・・・。超人写楽クンの活躍(遺跡めぐりといってもよいでしょう・・)と相まって、思わず納得されられてしまいます。
そして、そんな物語の壮大なテーマは、現代人への『警鐘』。
わたしたちのおごりは、今は無き古代文明の二の舞になるということ。
氏の生命愛尊重の心は、やはりこの漫画の根底にもしっかりと流れていいるのです。それが何よりも印象深く残りました。
日本が誇る漫画の神様、手塚治虫氏の傑作です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パジェロ 投稿日 2015/8/19
形式: 文庫 Amazonで購入
小学生の頃に手塚作品にはまりました。その中でも「三つ目」は特に印象が強く残っており、中1の息子にも読ませてあげたいと思い全巻購入しました。40代の私が読み直しても「わくわく感」がすごかったです!できれば小学生、中学生の頃に読んで欲しい作品です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 子どもの頃は、手塚治虫の作品を片っ端から、ただおもしろく読んでいました。
 この作品は、特に好きな漫画でした。
 ですが、40歳を過ぎて、改めて購入して、読んだら、「手塚治虫のニヒリズム」というサブタイトルが相応しい作品だと思いました。
 ニヒリズムは、伝統的な既成の秩序や価値を否定し、生存は無意味とする態度ですが、これには「無意味な生存に安住する逃避的な態度」と、「既成の文化や制度を破壊しようとする反抗的な態度」の両方があります。
 前者が、バンソウコウをはったときの写楽保介、後者が三つ目になったときの写楽保介です。
 手塚治虫は、生涯、ヒューマニズムとニヒリズムの相克を描きつづけましたが、「三つ目がとおる」は、その中でも少年向け、また歴史ロマンという点で、特異な作品だと思います。
 改めて読んで、いろいろな発見がありました。
 読んでない人には、ぜひ一読を、読んだ人にも、さらにもう一読を勧めたい作品です。
 
 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キシロ 投稿日 2011/5/23
形式: 文庫 Amazonで購入
期待しすぎたかなー・・と少し残念です。

この「三つ目がとおる」は子供の頃、途中まで読んだ記憶があり、三つ目の上に貼ってあるばんそうこうを取ると、写楽君が超天才児になるという、子供の頃の自分にもわくわくするような始まり方だったのです。

でも、超古代の三つ目族の末裔という設定ですが、途中からワトさんの裸を見せるためだけの写楽のダメっぷり(甘えていつも一緒に風呂に入るなど)読めば読むほど、「あれ〜こんな話だったんだ・・」と、期待はずれな感じ;;

ラストもなにも解決せず、写楽の母親の謎なども描かれないまま、最終回をむかえます。

手塚先生にはブラックジャックや、火の鳥など名作が多いのに、何故なのだろうと首をかしげます。

ただ、ずっと読みたかった続きが今読めてとても満足しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック