通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
三つ星レストランの作り方: 史上最速でミシュラン三... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

三つ星レストランの作り方: 史上最速でミシュラン三つ星を獲得した天才シェフの物語 単行本 – 2012/11/9

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1,778

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 三つ星レストランの作り方: 史上最速でミシュラン三つ星を獲得した天才シェフの物語
  • +
  • ロブション自伝 (中公文庫BIBLIO)
  • +
  • 世界でいちばん小さな三つ星料理店
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 142pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

史上最速ミシュラン三つ星天才シェフの物語

米田氏の波瀾万丈の半生を経糸に、そしてフランス料理の進化の歴史を緯糸に、実は一般にはあまりよく知られていない最先端の現代料理の驚くべき美食の世界と、大学を卒業し電子機器メーカーに就職しながらその美食の頂点を目指した日本の若き天才シェフの挑戦を描いています。著者の米田肇(よねだはじめ)は1972年大阪生まれ。近畿大学理工学部電子工学科卒業後、コンピューター関連の電子設計の仕事に2年間従事した後退職、エコール辻大阪に入学。卒業後は、関西の有名フランス料理店で修行。2002年に渡仏、ロワール地方の『ベルナール・ロバン』をはじめとする一つ星、二つ星レストランで修行を積み、2005年に帰国。現代フランス料理界の巨星ミシェル・ブラスが北海道オープンした『ミシェル・ブラス トーヤジャポン』で肉部門シェフに就く。2008年5月、オーナーシェフとして『HAJIME』をオープン。2009年10月、37歳の時に開店後1年5ヶ月というミシュラン史上最短記録で三ツ星を獲得。2010年10月発売の『ミシュラン・ガイドブック京都・大阪・神戸編』でも2年連続で三つ星を獲得した。



【編集担当からのおすすめ情報】
大阪のオフィス街の一画にあって、2ヶ月先までランチ、ディナーともにテーブルは完全に満席、空席待ちのウエイティングリストにも300名余りが常時登録されているという。世界でも最もテーブルに着くのが難しいレストランのひとつであるレストラン『HAJIME』の予約を、何度も電話してやっと確保し、その料理を初体験した人は、ほぼ例外なく「生まれてはじめての味」と驚きます。これが素材への火入れを0.1度C単位で厳密管理するなど世界最先端の「料理工学」を駆使して既知の食材を未知の味にしてしまう、理科系天才料理人・米田肇の神髄といえます。この店のオーナーシェフである米田肇さんの書籍はまだ1冊もなく、これが初めての本となります。米田肇という人物の面白さ、現在、世界の最先端を行く料理の奥深さ、世界の料理界においてミシュランガイドの果たした歴史的役割など、楽しくてためになる内容満載の「読む三つ星レストラン」。たっぷりとお召し上がりください。

内容(「BOOK」データベースより)

開業から1年5ヶ月、史上最速でミシュラン三つ星を獲得した天才シェフ・米田肇の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093882118
  • ISBN-13: 978-4093882118
  • 発売日: 2012/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 15.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルはハウツー本みたいだけど、中身はシェフ米田肇氏自身の生き方や姿勢に留まらず、そこに至る背景や真剣さ、ユニークさが丁寧に書かれている。「初夏の伸び盛りの草木が、すべての葉や枝の先端の細胞にまで生気を満ちあふれさせているのと同じように、その店に関するありとあらゆるものに、こちらが切なくなるくらいに、行き届いた気持ちがこめられている」と著者に語られるレストラン。繊細な感性に包まれた文章が口絵の美しい写真と共に読み物として心から楽しめる本。このレストラン、少し余裕ができたら絶対予約して行ってみたい、と人生の楽しみが増えました。表紙の茶色の小さな模様?が胡椒の粒だと気づいたら、料理の香りがしてきたような。
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
若い子が読むべきだろうね。1万人いても1人もできない様なことだけど、今必死で働いている人たちも途中で投げ出さないで、頑張ってほしいな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なにかを始めるのに遅いなんてことはないという事を教えてくれます。
一つのことをバカがつくほど真面目に取り組んでる人はやはりかっこいいです。
この本は料理が興味ない方も読んで欲しいです。
なにか、これから新しいことにチャレンジしようとしている方は、きっと刺激されると思います。
僕が、この本を読んでた時は、ちょうど仕事と人間関係などが上手くいってないときでした。
休憩中に喫茶店へ行き、ずっと読んで励まされましたね。
下を見て保守的になるか?
上を見てチャレンジするか?
凄い人は常にチャレンジして道をひらいてます。
全然レビューになってなくて、すいません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近畿大学出て、一般企業に勤めた経歴に惹かれ読みました。
最初は読みづらい文章でしたが、徐々に慣れました。
数学、空手、絵画といった多方面で一流の素質を持つ料理人についてわかる本。
とても面白い本で、すきやばし次郎よりも行ってみたくなりました。
因みに米田さんと同じく、ミシェルブラストーヤで働いたレフェルベソンスの入江さんは慶應大卒です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本の感想は読む価値がある。
普段目にできない事が書いてある。
天才と凡人の差は身体の作りから違う。
私なら寝ないと眠くて勝手に寝てしまうが、米田さんは寝ていても、目がさめる。

親の理解も環境も違う。天才とはもう天が選んで命をあたえているんです。という事がはっきりわかった。

冒頭に作者の主観や考えが多い部分がありそこが出てくるたびにコレ要らないと思った。。。
米田さんの事だけもっと細かく書いて欲しかった。もっともっと事細かに!
パリに最初に語学留学に行ったのは何月何日に迄書いて欲しかった。
米田さんの事を詳しく知りたいから買ったんで…

今大半を読破しての感想は
結論、

コレはタイトルが間違っている。
このシェフは全然若い。私の方がもっと遅く今の仕事を始めた。

読んで思ったのはもうこの人は神様が道を決めていた、と言うより生まれる前に人生決めてきて生まれてる人だと思った。

普通はこうはいかない。

私は小学生の夢は身体的理由で断念せざる得なかった。

歴史に名を残す人物は努力だけでなく、もうレールが違うものだと思う。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告