三つ数えろ 特別版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

三つ数えろ 特別版 [DVD]

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 1,380 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 163 (11%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ハッピーライフネットショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


登録情報

  • 出演: ハンフリー・ボガート, ローレン・バコール, マーサ・ビッカーズ
  • 監督: ハワード・ホークス
  • 形式: Black & White, Dolby, Limited Edition
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2007/10/12
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000V97J6I
  • EAN: 4988135593375
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 334,798位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

H・ボガートが不滅の当たり役、フィリップ・マーロウを演じた傑作サスペンス。“『アイ・アム・レジェンド(原題)』 劇場公開記念キャンペーン vol.1 リメイクムービー 1,500円”。

内容(「Oricon」データベースより)

レイモンド・チャンドラー原作の私立探偵フィリップ・マーローをハンフリー・ボガートが好演した名作。1945年版と1946年版の2バージョンを収録。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
おそらく、ボギーことハンフリー・ボガートの俳優としての魅力が最大限に活かされた作品の一つに間違いないでしょう。レイモンド・チャンドラー原作小説『大いなる眠り』の映画化で、その複雑なストーリーをほとんどありのままスクリーンに投影した作品として知られています。それは、この映画の監督ハワード・ホークスの強い主張であったとのこと。スタジオの丸め込みに屈せず、独自の面白みがある企画に積極的に取り組もうとしたホークス監督の肝いりの作品らしく、「こんなことをやって当時受けたのか?」とも思われるほど複雑怪奇で入り組んだ語り口がこの作品をいっそう印象深く刺激的なものにしています。

名家の主、スターンウッド将軍に呼び出された私立探偵フィリップ・マーロウは、同家の次女で不良少女のカルメンをゆすり続けるガイガーなる人物の駆除を依頼されるが、出戻りの長女ヴィヴィアンはなぜかマーロウのスターンウッド家への出入りを面白く思っていない・・・。将軍もヴィヴィアンも、数ヶ月前に姿を消してしまったスターンウッド家の顧問弁護士ショーン・リーガンの行方が何故か気になっているようす。いよいよ仕事を始めたマーロウは予期もしなかった殺人事件に遭遇し、その背後に怪しき人物らの影がちらつき始める・・・。スターンウッド家と、これら怪しい人々らとの関係は?ヴィヴィアンはなぜマーロウを邪魔者あつかいするのか?リーガン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レイモンド・チャンドラーのベストセラー・ハードボイルド小説『大いなる眠り』を巨匠ハワード・ホークスが映画化。雨や夜という状況設定で、欲望渦巻く人間たちの姿を描き、ホークスは、ハードボイルドというよりは、フィルム・ノワール的演出をしている。乾いたタッチの中にも、時折顔を覗かせるホークス的なユーモア(ボギーのお茶目な変装やボギーとバコールのやりとりなど)もいい。

「いいシーンを撮る事を心がけた」と言うだけあって、ホークスはシーンそのものの構成に尽力し、複雑で謎の多いストーリーは、明快に描いてはいない。実際、劇中の殺
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1944年『脱出』に続く、ホークス監督、ボガート、バコール主演の爽快
ハードボイルド映画です。バコールはデビュー作のボガートとの共演が
縁で翌年結婚。今作では2人は夫婦ということを考えて観ると、2人の
演技に何か余裕があるように思えた。

バコールの太いハスキーボイスが何ともたまらない魅力を発しているのが
良い。前作同様に一曲歌っているところも見所でしょう。

ゲイジャーが殺された家が何度も出てきますが、その度にドキドキする
スリルにかられる。ホークス監督らしいシーンの連続にどんどんはまって
しまった。ストーリーがかなり複雑で内容が濃い分、よく観ていないと、
悪者が誰かが解らなくなってくる。

1956年『風と共に散る』でアカデミー助演女優を受賞したドロシー・マローンが
僅かですが出てましたね。美貌ならバコールに負けていません。そういえば、
『風と共に散る』でもバコールとの共演でしたね。ライバル?

『三つ数えろ』は1978年にもロバート・ミッチャム主演でリメイクされ
ているが、やはりボガートと比較されるとミッチャムのマーロー役は
イマイチに映る。

とにかくボガートとバコー
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 caritas77 投稿日 2010/6/16
事実を解明しなくてはなりませんが、さまざまな妨げがあって、それらを取り除かなくてはなりません。

そこに美しい姉妹がかかわってきます。

バコールにむかって、ボガートが、脚を掻いてもいいよ、といいます。この距離感!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック