通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫) 文庫 – 2011/4/23

5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫)
  • +
  • 万能鑑定士Qの事件簿X (角川文庫)
  • +
  • 万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)
総額: ¥1,665
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

2014年5月31日(土)公開! 映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』原作本!

訪れた、鑑定士人生の転機。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ! 張り切って合格を目指す莉子だったが……。衝撃の書き下ろし第9弾!

内容(「BOOK」データベースより)

「これは贋作ではないか?」かつて、ルーヴル美術館で凛田莉子が『モナ・リザ』に抱いた違和感。その直感が、莉子の人生に転機をもたらす。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ!鑑定士として認められた、初めての大舞台。莉子はこれまで培ってきた全てを注いで合格を目指すが、『モナ・リザ』の謎が襲いかかる。最大の危機、到来!書き下ろし「Qシリーズ」第9弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2011/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043836503
  • ISBN-13: 978-4043836505
  • 発売日: 2011/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,708位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
今回も面白かった。
特に莉子に衝撃の展開が待ち受けている。
そして小笠原さんも大活躍です。
小笠原さんが波照間で莉子に会った後の、
莉子の両親の反応を知りたかったw(描かれていないので)。
さて、今回の作品は表紙から見て分かるとおり
モナ・リザが主軸なのでフランスが関係してきますので、
(独立した作品ですが)5巻を先に読んでいると少しは面白みがUPすると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cho トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/14
形式: 文庫
モナ・リザさんが来日する…という、エピでした。
しかも、「震災」の復興という名目で…
さすがに、阪神淡路大震災、中越沖地震…じゃないですよね??
こっそり一行加えるというトリック?
めちゃめちゃ「最近」書かれた作品なんですね!

そういえば、先日(5巻)、喜屋武先生とパリに行った時、
偽物チックなものが、出てきましたが、
それが偽物だったことがしっかり裏づけされることになります。

…私が見ても、きっと感動しきりで、なんとも思わないんだろうなぁ…

さて、来日が決まり、日本から学芸員を選出することとなり、
案の定ですが、莉子が選ばれる。
そして、本物と贋作を見抜く力を学び、いざ本番へ…
しかし、モナ・リザさんの魔力に取りつかれた莉子は、鑑定能力を失ってしまった…

そこまで根深いトリックが仕込まれていたとは思いませんでした。
少なくともあの人は味方でしょう???と思ったのに。
そして、収監中のあの方とお供の2人も登場…
正直、サービスですね〜〜〜。

結局、最初のエピが重要だったと…
小笠原さんと一緒に解決することがずいぶん減って、残念だと思っていましたが
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジェダイ 投稿日 2012/7/12
形式: 文庫 Amazonで購入
人の死なないミステリーをうたっていますが、
今回は途中まで、事件が起こらないミステリーかと思わせる異色な巻になっています。
このシリーズに限ってはそれもありかなと思っていたのですが、やっぱり事件は起きましたね。
モナリザをテーマにフランス、波照間島、東京と莉子が奮闘します。
小笠原くんとの仲も若干進展。そんな巻です。
良かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
モナリザの本物を探せ! in ルーブル美術館、のくだりは
「あるわけないやん」と思いますが、でも本当にそんなことやってたら面白いよな。

何が本物で何が偽者か、ほんの些細な差でしかない。
けれど、本物にはやはり心を揺さぶる何かがあるのだ!という莉子のこれまでの鑑定方法を
悪用したようなストーリー。
中盤はボロボロになっていく莉子が気の毒で気の毒で仕方なかったです。

催眠シリーズのカウンセラー、ちょっと前に出てきたライバルキャラ、それら松岡ワールドの資産をフルに使って、ほつれなく仕上げた面白い読み物です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画版は観たので結末は分かっていたけれど、そのせいで面白さが損なわれるようなことはなく、逆に物語に深く入っていくことができた。

今回読んでみて感じたのは、人を騙す、陥れるということの愚かさだったり、いろいろあるんだけど、一番印象に残っているのは、流線寺里桜の言葉だ。

「歴史は点ではない、線だ」

物語上では、さして重要な言葉ではないと思うんだけど、これを聞いた時、最近の自分は物事を線ではなく、点で捉えているのだということに気付かされた。

上手くいかないことが有るのは、仕方がなく、誰にでもあることだ。
だけど、焦って結論を出すことはない。どんな小さな点でも繋がることで必ず線になる。
それを忘れてはいけない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 60 投稿日 2014/3/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
ルーヴルとモナ・リザというスケール感、絶望の淵に突き落とされる莉子と救い出そうとする小笠原というドラマチックな面もあり、このエピソードが映画化されるのも納得の内容です。
以前にフランスに行った話が出てきますが深くは踏み込まないので5巻のあらすじだけ読んでおけば大丈夫です。
また雨森華蓮が登場するので6巻を読んでおいた方がより楽しめると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック