中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。中古品ですので表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて発送いたします。店舗併売のため、売り切れの際はご了承くださいませ。 218076
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

七月のクリスマスカード 単行本 – 2008/7/1

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 13,512 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

深い喪失感を抱く少女は、ある初老の男と出会い、互いに何かを見いだそうとした……。横溝正史ミステリ大賞を満場一致で受賞してデビューした実力派が描く、迫真のサスペンス!

内容(「BOOK」データベースより)

両親の離婚後、母と弟の3人で暮らす小学6年の杉原美緒。無理をしてきた母はアルコールに依存し、入退院を繰り返すようになってしまった。弟とともに母の従妹の薫に引き取られた美緒は、ますます内にこもっていく。そんな折、薫が経営する喫茶店の常連で元検事という初老の男と知り合いになる。美緒は徐々に心を開いていくのだが、彼は過去に娘を誘拐され、その事件は未だ解決されていないことを知る。数年後、成長した美緒は何かに背中を押されたかのように未解決の誘拐事件を探りはじめ、その裏に複雑な人間関係と驚愕の事実が隠されていたことを突き止める―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 468ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048738534
  • ISBN-13: 978-4048738538
  • 発売日: 2008/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 773,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
アル中の母親と暮らす、家族に問題を抱え深い傷を持つ美緒という少女が主人公。
そして、かつて娘を誘拐され事件が未解決のまま年老いた孤独な元検事。
二人が少しずつ心を通わせ、傷をいやしていく物語。

しかし、穏やかな日々は続かず、さらなる不幸が降りかかる。
美緒は自分とそして家族と向き合うため、昔の誘拐事件の真相を探っていく。
二人の重い過去と、それを抱えてきた人生、傷の深さに心を締め付けられる。
その描き方が、とても丁寧で、そして二人の心が寄り添っていく課程が暖かく、優しく、切ない。
これが伊岡瞬の作品の魅力だと思う。

これをミステリーというのかはわからないが
トリック(?)としては、あまりすっきりせず、
事件の真相はミステリー好きを満足させるモノとは思えない。

しかし、傷を抱えた二人の優しさは読む人の心を揺さぶる。
タイトルの「七月のクリスマスカード」の下りをはじめ
様々な二人のエピソードはじんわりと心にしみてゆく。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公は美緒という少女と元検事の老人ふたりは互いに心に傷を持ち交流を持つことで癒されていく。
その傷は美緒の場合弟の事故死、老人は子供の誘拐事件どちらも家族や家庭が絡んだ内容で読者に共感が難しい。
前回までの哀愁やハードボイルド最後の希望的な内容が入っていればもっと読後に心地が良かったかも。
*「いつか虹の向こうへ」、「145gの孤独」を読んだ上での感想なのでこの作品が初見
の方とは感じ方が違う場合があります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「いつか、虹の向こうへ」「145gの孤独」も、
共通していたのは傷をもつ主人公で、今回の3作品目も同じように傷を持つ主人公なんだけど全く作品が異なってしまった。
主人公美緒と、もと検事永瀬がお互いの心の傷を癒していきながら、過去の謎を明らかにしていく468ページもある長編のこの作品。
どうにも伊岡瞬の欠点でもあった作品展開の悪さが目につく。
美緒の亡くなった弟、永瀬の誘拐された娘がミステリーのポントだが、
二人がその傷を引きつらせて膿ませているから、読者は癒されない。
不快な真実は、他者である読者には傍観せざるえをえない家庭内の問題ゆえ、読後不快感だけが残る作品だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告